8月の愛媛のニュース『県教委:採択教科書、今月下旬に決める。臨時会/愛媛』

全日本クラブカップバレー:9人制男子 ハリソン東芝、予選で勝つ /愛媛

 バレーボールの第25回全日本9人制クラブカップ男子選手権大会(毎日新聞社、日本バレーボール協会など主催、デサント協賛)は12日、予選グループ戦があり、ハリソン東芝ライティング(愛媛)は仲南町体育協会(香川)を破った。
 ▽予選グループ戦
ハリソン東芝ライティング 2 21―18 0 仲南町体育協会
               21―19   (香川)

新しい歴史教科書を「つくる会」が問う日本のビジョン
価格: ¥1,700 (税込)
出版社/著者からの内容紹介
「つくる会」の提言する未来の日本像。
あるべき教育・外交のすがたとは何か?

昨年「つくる会」が行ったシンポジウム、講演の中から、教育の危機、戦後の日米関係、日韓関係、拉致事件など、日本が直面している諸問題への斬新な提言をまとめた「つくる会」本第四弾。坂本多加雄先生の追悼企画、 拉致被害家族シンポ、中西輝政氏の国家論などもりだくさん。これが日本の「正論」だ!

内容(「MARC」データベースより)
戦後の負の遺産をどう乗り越え、未来を築き上げるか。教育の荒廃、日米関係、日韓問題、拉致事件…「つくる会」の闘いは終わらない! 2002年の活動成果を結集した「つくる会」本第4弾。

県教委:採択教科書、今月下旬に決める--臨時会 /愛媛

 ◇採択教科書検討--県立中学など
 県教委は12日、臨時会を開き、県立中学校と盲・ろう・養護学校で来年度から使用する教科書について意見交換を行った。この日の議論を踏まえ、県教委は今月下旬に定例会を開き、教科書を決める。県立中学などでは02年に「新しい歴史教科書をつくる会」メンバーらが執筆した扶桑社版の歴史教科書を採択。今回も採択されるかどうかが注目されている。
 この日は、教員らで作る「教科書選定審議会」が検定に通った教科書を比較・評価した「選定資料」などを基に、全9教科の教科書を検討した。選定資料は採択後まで非公開としているため、この日の議事も非公開とされた。次回定例会の日程は未定。

毎日書道展四国展:作品鑑賞の要聞く--審査会員ら2人が説明 /愛媛

 松山市堀之内の県美術館南館で開かれている「第57回毎日書道展四国展」(毎日新聞社・財団法人毎日書道会主催、県・県教委、松山市・同市教委後援)で12日、毎日書道展審査会員らによる作品鑑賞説明会が開かれ、約60人が参加した。

8月のニュース続きは以降に

第87回全国高校野球:肩痛め新任務に笑顔--済美スコアラーの上園君 /愛媛

 済美のスコアラーとしてベンチ入りしている上園元嗣君(3年)は元投手。兵庫県の中学から入学、マウンドに立つことを目標に練習してきた。
 しかし、昨年の4月に右肩を痛め、投手を続けていくことは難しいと医師に言われた。「野球をやめることも考えた」。涙を流す上園君に母見絵子さん(46)は「最後までチームで野球をしなさい」と伝える。新チームでは練習の補助とスコアラーをすることでチームを支えている。練習中は道具の片付けをしたり、選手に声を掛ける。林憲道部長(44)は「選手と監督をつなぐことが上園の役目です」と、その仕事ぶりを認める。
 愛媛大会決勝の西条戦では逆転サヨナラ勝ちの瞬間、興奮でスコアブックを放り出し、グラウンドに飛び出していた。「ボールペンをなくしてしまい、スコアは後で書きました」と話す。1回戦の旭川工戦では、済美の安打数は9本。安打を赤で記す上園君は「赤でいっぱいのスコアブックにして、1試合でも多く仲間と一緒にいたい」と笑顔で話した。

2005総選挙:比例公募候補者に関谷勝嗣氏の長男推薦--自民党県連 /愛媛
新米:南予地方で出荷始まる /愛媛
毎日書道展四国展・会場だより:出品を再開--山下真波さん /愛媛
毎日書道展四国展:来場者3000人突破 /愛媛
毎日書道展四国展・会場だより:絵画を見てるよう--高田宏美さん /愛媛
松山まつり:夏を彩る--開幕 /愛媛

 松山の夏を彩る第40回松山まつり(同実行委員会主催)が11日、色とりどりのコスチュームをまとい市中心部を踊り歩く「野球サンバ」などで開幕した。
 野球サンバには25チーム、約2000人が参加。午後6時半に松山市の大街道商店街を出発した。各チームとも工夫を凝らしたコスチュームでサンバのリズムに乗りながら千舟町に向けて練り歩いた。沿道には多くの見物客が集まり、声援を送っていた。
 12、13日は午後6時半からメーンイベントの「野球拳おどり」が繰り広げられる。2日間で52連、約5000人が参加し、ロープウェー街、同商店街、千舟町で踊る。
 13日はまつりの40回記念事業として、午後1時から坊っちゃんスタジアム(松山市市坪西町)で萩本欽一さん率いる社会人野球クラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ」と松山フェニックスの試合が行われる。

西条のコメ盗難:カドミウム米の安全性確認--JA全農えひめ /愛媛
西条のコメ盗難:カドミウム米の安全性確認--JA全農えひめ /愛媛

 西条市のJA西条市倉庫からカドミウム米68トンを含む167トンの米が盗まれた事件で、JA全農えひめは11日、出荷停止・回収・検査していた精米と玄米について、カドミウム含有量が基準を下回り、安全性が確認されたと発表。玄米は同日、流通を再開した。

第87回全国高校野球:鋭い打球飛ばし、済美が練習 /愛媛
2005総選挙:県警が取り締まり会議 /愛媛

 30日公示、9月11日投開票の第44回衆院選の選挙違反取り締まりなどについて、県警本部の部・課長や警察署長ら87人が11日、同本部で会議を開いた。
 冒頭で粟野友介・県警本部長が「悪質な違反については、状況により選挙期日前でも検挙することを検討してほしい」と訓示。厳正公正な違反取り締まり、要人警護と投票所の警備などについて対応を話し合った。

2005総選挙:比例区候補に9人応募 きょう予定者決定--自民県連の公募 /愛媛

 今回の衆院選で、初めて比例区候補の公募に踏み切った自民党県連は11日、同日午後5時の締め切りまでに計47件の問い合わせがあり、自薦・他薦合わせて9人が応募したことを明らかにした。
 県連によると、応募したのは、県内在住や出身の30~50歳代の男性8人と女性1人。同県連の選挙対策本部は書類選考を進め、12日午後から1、2人を面接。同日の常任総務会で立候補予定者を決定し、党本部に推薦申請するという。
 同本部メンバーの一人は「応募がないと困るところだった。絞り込みに頭が痛い」とうれしい悲鳴。同県連幹部は公募について「自民党のイメージを開かれたものにしたい」と狙いを説明した。

松山の女性暴行監禁:男に懲役18年を求刑--地裁 /愛媛

 昨年12月、当時22歳の女性を車で連れ回して性的暴行を加えたなどとして、わいせつ略取、監禁致傷などの罪に問われた宇和島市長堀、土木作業員、萩山吏重被告(32)に対する論告求刑公判が10日、松山地裁(前田昌宏裁判長)であり、検察側は懲役18年を求刑した。

伊方原発:先月のトラブルを発表 軽微で影響なし--県 /愛媛
第87回全国高校野球:貴重な戦力、頭下がる 済美レギュラー支える3年生 /愛媛
2005総選挙:今治市、開票開始時間に苦慮--2月トリプル選受け /愛媛

 ◇合併後初の国政選挙
 来月11日投開票の総選挙が合併後、初の国政選挙となる今治市では、何時に投票が締め切られ、開票が開始されるのかが注目されている。今年2月の市長・市議・県議補選のトリプル選挙で、午後11時という異例の深夜に開票を始め、市議選の確定が翌朝6時にずれ込んだためだ。18日に開く市選挙管理委員会で話し合われるが、市側は「”徹夜選挙”を避けるため、今回は午後9時半ごろまでには開始したい」としている。

剣道:全日本少年大会 松山の久枝剣道会が3位--中学生団体の部 /愛媛
イマジン反戦マンガ展:レノンの名曲テーマ、26点展示--松山で15日まで /愛媛
イマジンのCDなど
姫だるま:ヤキトリの日、日本一の味1000本振る舞う--今治の組合 /愛媛
ヤキトリの材料他

各種鶏肉
まちづくりワークショップ:松山市民有志や愛媛大生、市内で路上観察 /愛媛
2005総選挙:各党、慌ただしく始動 前議員ら地元入り、予定者街宣活動 /愛媛
第87回全国高校野球:鮮やか先制パンチ 済美が快勝、旭川工を完封 /愛媛
サギソウフェスティバル:花の絵や鉢植え展示--今治・桜井小で /愛媛
サギソウ関連

2005総選挙:県警が選挙違反取締本部を設置 /愛媛

 30日に公示される衆院選に備え、県警は9日、衆議院議員総選挙違反取締本部を設置した。県警本部は80人、県内16署1342人の計1422人態勢で、買収などの違反を取り締まる。県警捜査2課によると、県内では同日までに、警告した事案はない。03年11月の前回衆院選では、文書掲示をめぐって警告が3件あった。

選挙:宇和島市長選/宇和島市議選 市長選説明会に3陣営、市議選は43陣営 /愛媛

 合併に伴う宇和島市長選と同市議選(定数30)の立候補予定者説明会が9日、市役所であった。市長選には出馬を表明している旧宇和島市長の石橋寛久氏(55)、旧同市議の椙山義将氏(51)、元県議会議長の中川鹿太郎氏(55)の3陣営関係者が顔を見せた。
 選挙区を設けずに行われる市議選には、立候補を目指している43人の関係者が出席、激しい選挙戦となりそうだ。

旧上浦町職員の詐欺事件:2被告に懲役2年を求刑--松山地裁 /愛媛

 架空の請求書で旧上浦町から金をだまし取ったとして詐欺罪などに問われた今治市上浦町井口、元同市職員、後藤吉伸被告(54)と同市伯方町叶浦、事務機器販売会社「大喜」専務、安部浩一被告(44)に対する論告求刑公判が8日、松山地裁(前田昌宏裁判長)であり、検察側は2人にそれぞれ懲役2年を求刑した。

郵政民営化:参院否決 「ひと安心」の声も 解散総選挙、地方切り捨て争点に /愛媛

和田さんは「民営化されれば『別子山の配達は1人でやれ』と言われて手紙を届けるのが遅れるかもしれないと心配だった。法案否決でひと安心だが、まだまだ油断はできない」と話した。
 郵便局が唯一の金融機関である人口220人の魚島(上島町)。「民営化したら局が切り捨てられるのでは」という不安も根強かった。昨年9月まで魚島村長を務めた佐伯真登さんは「法案否決でひとまずホッとした。総選挙では『都市中心・地方切り捨て』の政治手法を問い直してほしい」と話した。 ◇各党の対応
 自民党県連は8日、幹部が集まり対応を協議。解散が決定すると、中畑保一・幹事長が「各選挙区候補者全員の当選を目指し全力で戦い抜きたい」との談話を発表した。9日には議員総会を開き選挙態勢を本格始動する。
 民主党県連は、藤田光男副代表が「『公約は守れない、党はまとまらない』自民党にはもはや政権担当能力がなくなっている。千載一遇の好機であり、政権交代実現に断固たる決意で戦い抜く」とのコメントを発表。
 公明党県本部の井上和久代表は「我々は衆議院を解散すべきではないと主張してきたが、首相が解散に踏み切ったことはやむを得ない。総選挙に向け郵政改革に理解を深めていただけるよう努力する」との談話を発表。
 稲垣豊彦・共産党県委員長は「郵政法案廃案は当然。自民、民主いずれの政権でも政治の行き詰まり打開は無理。全小選挙区と比例区に候補を立て勝利を目指し戦う」との談話を発表。さっそく4選挙区で立候補予定者が辻立ちを始めた。
 社民党県連の村上要代表は「法案を可決した衆議院の解散という暴挙に怒りを覚える。責任ある立場から候補者を擁立し、党の命運をかけ、真に国民の暮らしと平和を守るために戦い抜く」とのコメントを出した。

高校総体:8日 /愛媛

 (8日・千葉)
 ◇ソフトテニス
 ▽女子団体1回戦
今治北 3―0 秦野
(愛媛)    (神奈川)
 ▽女子団体2回戦
就実 2―1 今治北 
(岡山)  (愛媛)
 ◇ボート
 ▽男子シングルスカル準決勝(3位まで決勝へ)
 「A組」(4)小原(愛媛・愛媛大農)3分47秒22
 ▽女子ダブルスカル準決勝(3位まで決勝へ)
 「A組」(5)今治南(愛媛)3分54秒60
 ▽女子かじ付き四人スカル準決勝(3位まで決勝へ)
 「A組」(3)宇和島東(愛媛)3分44秒39
 ▽女子かじ付き四人スカル決勝 (3)宇和島東(愛媛)3分43秒94
 ◇卓球
 ▽男子団体1回戦
浜松商 3 単2―0 0 新田
(静岡)  複1―0 (愛媛)
 ▽女子団体1回戦
新田  3 単2―1 1 秋草学園
(愛媛)  複1―0  (埼玉)
 ▽女子団体2回戦
新田 3 単2―1 1 夙川学院
(愛媛) 複1―0  (兵庫)
 ◇バレーボール
 ▽女子決勝トーナメント1回戦
聖カタリナ女 2 25―23 0 中部商
(愛媛)     26―24  (沖縄)
 ▽女子決勝トーナメント2回戦
敬愛学園 2 25―18 1 聖カタリナ女
(千葉)   16―25  (愛媛)
       25―23

スポーツ・アウトドア
県武道館建設工事問題:県、建設4社へ損害賠償請求 /愛媛

 県は8日、県武道館(松山市市坪西町)手抜き工事問題で、共同企業体(JV)を組み建設を請け負った竹中工務店、鹿島建設、二神組、石本建設事務所大阪支所の4社に総額約512万円の損害賠償請求を行った。内訳は、県の構造審査委員会開催経費56万9040円、剣道場の使用中止に伴う損害57万8000円、県職員の超過勤務手当や旅費など事務経費397万8481円。

第87回全国高校野球:済美と旭川工、第4日第1試合で対戦--監督対談 /愛媛
第57回毎日書道展四国展:開幕の準備整う 午前に揮毫会--県美術館南館 /愛媛
社会人野球:日本選手権・四国予選 組み合わせ決まる--来月10日開幕 /愛媛

 9月10、11、18日に徳島県鳴門市の県営鳴門球場で開かれる第32回社会人野球日本選手権四国予選大会(日本野球連盟四国地区連盟、毎日新聞社主催)1次予選の組み合わせ抽選会が8日、毎日新聞徳島支局であった。
 1次予選は4チームのリーグ戦で行われ、上位2チーム(3チームが2勝1敗の場合は上位3チーム)が2次予選に進む。1次予選の組み合わせは次の通り(いずれも午前10時半開始)。
 【10日】JR四国(香川)―四国銀行(高知)▽松山フェニックス―徳島野球倶楽部(徳島)【11日】四国銀行―松山フェニックス▽徳島野球倶楽部―JR四国【18日】松山フェニックス―JR四国▽徳島野球倶楽部―四国銀行

県警捜査費不正支出:賠償命令求め提訴--監査請求メンバー /愛媛

 県警の捜査費不正支出問題で、住民監査請求を起こしたメンバーら14人が5日、加戸守行知事と粟野友介・県警本部長を相手取り、01年度当時の大洲署長と同副署長に、同年度に同署が支出した捜査報償費約111万円の賠償命令をするよう求める民事訴訟を松山地裁に起した。
 訴状によると、(1)県警の内部調査で同署で偽領収書使用が確認された(2)特別監査に対して県警が、書類を黒塗りするなど不合理な監査拒否をしている(3)メンバーらが独自に捜査協力者とされる人物から話を聞き、捜査員と会食していないと確認したとして、同年度に同署が支出した捜査報償費約111万円は実際の使途がない違法な公金支出で県に損害を与えたとしている。
 メンバーの一人の今川正章弁護士は「(住民監査請求は棄却されたが)県警が納得できる説明をするまで取り得る手段を取っていきたい」と話している。

伊方町長選の公選法違反:3被告が起訴事実認める 懲役2年を求刑--初公判 /愛媛

 4月投開票の伊方町長選で公職選挙法違反(事前運動、買収)の罪に問われた会社員、中田太郎被告(71)=伊方町湊浦▽喫茶店経営、稲月周二被告(56)=同町永田▽会社員、浜本万喜男被告(50)=同町大浜=に対する初公判が5日、松山地裁(武田義徳裁判官)であり、3被告とも起訴事実を認めた。被告人質問の後、論告求刑があり検察側は3被告にそれぞれ懲役2年を求刑した。
 起訴状などによると、中田被告らは同選挙で落選した中元清吉氏(77)派の運動員。中田被告は告示前の3月1日、同町内で稲月、浜本両被告に対し有権者に票の取りまとめを依頼する選挙資金として現金300万円を渡した。同選挙では中元氏派運動員が計11人逮捕された。

アスベスト:調査結果や対策説明 相談窓口も設置--連絡会議が初会合 /愛媛

 アスベスト(石綿)の健康被害問題で県は5日、愛媛労働局や松山市と連携して対策を進める「アスベスト対策連絡会議」の初会合を開いた。
 各担当者がこれまでの調査結果や対策を説明。県私学文書課は、県内私立学校168校に対する緊急調査で、既に回答した64校のうち12校でアスベストを使っている可能性があることを明らかにした。

全日本クラブカップバレー:愛媛教員ク、予選敗退--6人制男子 /愛媛

 バレーボールの第25回全日本6人制クラブカップ男子選手権大会(毎日新聞社、日本バレーボール協会など主催、デサント協賛)は5日、秋田県横手市などで予選グループ戦があり、愛媛教員クラブは2敗し予選敗退した。
 ▽予選グループ戦
MASTERPIECE 2 25―8  0 愛媛教員クラブ
(岩手)          25―8
佐野遊球会       2 25―20 1 愛媛教員クラブ
(栃木)          23―25
              25―23

今治空襲60年:戦災者ら体験語る シンポに市民ら400人 /愛媛

 県内最多の450人以上が犠牲となった1945年8月の今治空襲から60年となる5日、今治市内でシンポジウム「戦災体験を語る会」(今治地方文化交流会など主催)があった。
 シンポでは、総合学習で空襲被害者から聞き取り調査を行った今治明徳高矢田分校の藤本文昭教諭と生徒8人が成果などを発表。空襲を体験した7人の高齢者が、焼夷(しょうい)弾の降る中を逃げ惑ったり、親しい人を亡くした悲しみについて語り、約400人の市民が聴き入った。

第50回全国高校軟式野球:四国大会 新田が全国大会へ 鳴門工を完封で降し /愛媛

 ◇2年連続11回目
 第50回全国高校軟式野球選手権四国大会(四国地区高野連主催)の決勝が4日、徳島県鳴門市撫養町立岩の県営鳴門球場であり、新田が鳴門工(徳島)を降し、2年連続11回目の優勝を飾った。新田は、25日から兵庫県の明石公園・高砂市営両球場で開催される全国大会に出場する。
 新田は初回、伊賀上が左前安打で出塁。二盗後、岡の二塁内野安打で生還して先制。さらに岡も二盗、三盗を重ね、堀の左前適時打で1点を追加した。その後も、伊賀上の左中間ランニング本塁打などで得点を重ね、投げては先発の三好が鳴門工を4安打に抑えて完封した。鳴門工は五、八回に得点圏に走者を進めたが決定打が出ず、九回1死からも石川の右越え三塁打で反撃ののろしを上げたが、後が続かなかった。

岡本太郎さん:原水爆テーマの壁画「明日の神話」、中心部分修復--東温 /愛媛

 ◇意気込み伝わってくる
 芸術家・岡本太郎さん(1911~96年)が原水爆をテーマに描いた巨大壁画「明日の神話」の中心部分が4日、東温市南方の修復作業場で報道陣に公開された。炎に包まれるがい骨を描き、核の悲劇を乗り越える人間の強さを表現したとされる部分。平野暁臣・岡本太郎記念館館長(46)は「間もなく原爆投下60年。太郎さんも『テロや戦争が相次ぐ今こそこの絵を見てほしい』と願っているのではないか」と話した。
 明日の神話(縦5・5メートル、横30メートル)は、岡本さんが反戦・反核の思いを込めた作品で、副題は「ヒロシマ、ナガサキ」。現在、100個ほどの破片を、約1000平方メートルの作業場いっぱいに並べ、絵画修復家、吉村絵美留さん(55)らが慎重につなぎ合わせている。10月ごろにはすべての破片の接合を終え、絵の表面の調整に入る。
 岡本作品の修復を数多く手がけてきた吉村さんは「平和や戦争など、太郎さんの作品の要素をすべて盛り込んだ作品。作業をしていると、太郎さんの意気込みが伝わってくる」と話していた。

岡本太郎関連

明日の神話1
明日の神話2

カメラ探訪:市営プール「アクアパレットまつやま」 子どもたちの歓声が響く /愛媛

 ◇水とガラスと太陽光の殿堂
 子どもたちの歓声が響く、水とガラスと太陽光の殿堂――松山市市坪西町、松山中央公園に先月17日にオープンした新しい市営プール、愛称「アクアパレットまつやま」が夏休みの子どもらでにぎわっている。土日を中心に多い日は約4000人の入場者がある。
 屋内に50メートル公認など大小4基、屋外にもプール2基などがある。屋内外をつなぐ延長約190メートルの流水プールは家族連れに人気。目玉は高さ12メートルの滑り台遊具「スライダー」だ。青いプラスチックの巨大な滑り台は、さながらボブスレーのコース。延長103メートルを滑降し、しぶきを上げて流水プールに飛び込む壮快感が人気だ。他に水中歩行用プールやジャグジーなども。午前9時~午後9時営業。入場料は1時間あたり大人250円▽高校生200円▽3歳~中学生150円。月曜と年末年始定休だが、9月11日までは無休。

プール 水泳 水着 関連
プールは1日いる事が多いです。
1時間250円×6時間=1500円・・・
親御さんはたまったものではないでしょうな。

【楽天市場】マリンスポーツウェア>レディース:通販・インターネットショッピング

西条のコメ盗難:元JA職員を起訴--松山地検 /愛媛

 松山地検は4日、西条市禎瑞、元JA西条市職員、三崎安正被告(58)を松山地裁西条支部に起訴した。起訴状などによると、三崎被告は先月7日午後3時40分ごろ、同市洲之内の同JA神戸倉庫から30キロ入り玄米10袋(時価6万5000円相当)を盗んだ。同倉庫では他にもカドミウム米68トンを含む167トンの米がなくなっている。三崎被告は「借金返済のために約8年前から米を盗み出し、米穀店に売りさばいていた」と供述しており、西条署は容疑が固まり次第、余罪についても追送検する方針。

ブドウ狩り:甘くておいしいネ 園児ら楽しむ--西予の観光農園 /愛媛

 高原ブドウで有名な西予市宇和町下川でこのほど、近くの園児が観光ブドウ狩りを楽しんだ。同町での観光ブドウ園は2戸。同所の三好武夫農園では、デラウエア、巨峰系の紫玉など7品種約1ヘクタールを栽培、一般に開放している。9月末までブドウ狩りが楽しめる。

第87回全国高校野球:組み合わせ抽選 済美、北北海道・旭川工と対戦 /愛媛
県立博物館:児童ら目を輝かせ 「自由研究のヒント」に100人--松山 /愛媛

。「身の回りを見て、なぜ? どうして? と思ったことを調べよう。小さいころの疑問を忘れなければ、大人になって科学者になれます」と呼びかけ、テーマの見つけ方やリポートの書き方を詳しく説明した。
 この後、館内の化石や標本などを見学。学芸員の指導で石をハンマーで割って化石を探したり、植物標本の作り方を習ったり、同館が国立科学博物館から借りたシリコンゴムの型を使ってアンモナイトの複製づくりなどを楽しんだ。参加した同市内の6年生の男の子(12)は「昆虫や動物の標本が面白い」と目を輝かせていた。

事件・事故24時:メールで女子中学生を恐喝容疑で逮捕 /愛媛

 女子中学生を脅迫しメールで送信させた画像を使って現金を脅し取ったとして、愛南署などは3日までに、愛南町御荘長月、自営業、野本一考容疑者(21)と同町の15~16歳の女子高校生3人を児童ポルノ法違反と恐喝の疑いで逮捕した。調べによると、野本容疑者は6月上旬、暴走族を名乗って女子中学生を脅し、カメラ付き携帯電話で自分の体の写真を撮影させ、その画像を携帯メールで野本容疑者の携帯電話に送信させた疑い。女子高校生らは、同28日、同町内の河川敷に女子中学生を呼び出し「画像をばらまくぞ」などと脅迫、現金2万5000円を脅し取った疑い。

正岡子規:青春時代を紹介 21日まで企画展--松山の記念博物館 /愛媛

俳人・正岡子規が、東京で小説家・夏目漱石や博物学者・南方熊楠ら多才な同級生と過ごした学生時代を紹介する特別企画展「子規の青春」が松山市道後公園の市立子規記念博物館で開かれている。21日まで。子規が単語や化学式を英語で記したノートなど全国各地から集めた74点を展示している子規が罫線にきっちり沿って筆記体で英単語を書いたノートがある。単語の横には日本語訳があり、an orchestra(オーケストラ)は「ハヤシカタ」と訳してある。また熊楠が「落第正岡常規以下四十余人」などと書いた日記も展示。フルネームで書かれた落第生は子規だけで、水野絵理学芸員(26)は「子規はクラスで目立つ存在だったのだろう。授業に奮闘する様子もうかがえて面白い」と話している。その他、漱石が「彼(子規)と僕と交際し始めたも一つの原因は二人で寄席の話をした時」と振り返った証言などを集めたパネルもある。

事件・事故24時:今治でお年寄りがはねられ死亡 /愛媛

 1日午後6時45分ごろ、今治市吉海町仁江の国道317号で、歩いて横断中だった近くの無職、柳原鈴江さん(87)が、同市高市の鉄工建設業手伝い、八塚紀章容疑者(38)運転の普通貨物自動車にはねられた。柳原さんは病院に運ばれたが、頭を強く打っており、約1時間半後に死亡した。伯方署は八塚容疑者を業務上過失傷害の疑いで現行犯逮捕。容疑を同致死に切り替えて調べている。

日中友好交流研修会:中国・上海の復旦大生、松山大を訪問 /愛媛

 中国・上海市の国立総合大学、復旦大学と松山大学の「日中友好学生交流研修会」が1日始まり、復旦大の学生10人と教員が松山大学を初訪問。2日、同大学で学生らと交流した。8日まで。
 両大学の経済学部同士が01年から交流。松山大の学生が毎年十数人ずつ訪中してきた。今年中に大学同士の交流協定を結ぶ。
 一行は2日から松山大の訪中研修「東アジア経済論」受講生と合同学習を始めた。この日は引率の復旦大教員が、同大学について説明。松山大の学生が「クラブ活動は何があるか」「喫煙に制限は」「アルバイトは」などと質問。復旦大学生が「書道やピンポンなどがある」「学内や公共の場所で喫煙できないが隠れて吸う人も」「家庭教師などをする」と説明。続く交流会でも自己紹介や語らいを楽しんだ。復旦大経済学部大学院1年、周正清さん(23)は「高校で日本語を1年学び、来日が夢だった。日中友好に役立ちたい」となど話していた。

>「学内や公共の場所で喫煙できないが隠れて吸う人も」
ヾ(–;)ぉぃぉぃ
稲刈り:一足早く”収穫の季節”--南予地方 /愛媛

 南予地方の早場米産地で、早くも稲刈りが始まった。宇和島市津島町岩渕の藤原新さん(65)は1日、炎天下で黄金色に実り頭を垂れた稲をコンバインで刈り取った 4月10日に9アールに植えたモチ米で、天候に恵まれて順調に生育した。藤原さんは「害虫や病気の被害もなく、作柄はいい」と明るい表情。
 稲刈りは愛南町でも始まっており、南予地方は一足早い”収穫の季節”を迎える。

シンポジウム:今治空襲60年、松山の村上トモ子さんが体験語る--5日開催 /愛媛

 ◇「友人の顔、忘れられない」
 1945年8月5日の今治空襲からまもなく60年。当時、松山城北高等女学校3年生で、学徒動員で市内の軍需工場に勤めていた村上トモ子さん(75)=松山市北久米町=は親友を失った。村上さんは「遺体安置所で対面した友人たちの顔は今も忘れられない」と話している。5日に今治市内で開く同空襲60年のシンポジウムで体験を話す。
 村上さんは45年3月から、同校3年生約200人とともに、同市大新田町にあった倉敷紡績今治工場(現・今治市営球場)で銃弾作りなどに従事した。空襲は8月5日深夜、眠りについた直後に始まった。空襲警報と同時にバリバリと爆撃音が響き、同級生らと宿舎を飛び出した。さく裂する火花の中、村上さんは道端の田んぼに飛び込み、うずくまって震えていた。
 空襲後、教師に遺体安置所となった近くの工場に連れて行かれ「友だちの顔を確かめて」と言われた。むしろに横たわっている友人を次々と見つけ、立ち尽くした。
 同校で犠牲になったのは計22人。村上さんは生き残ったことを「亡くなった友人に申し訳ない」と思い、体験を家族にも積極的に話してこなかった。今年、今治空襲を伝えるシンポジウムへの参加依頼を受け、あの日の記憶を原稿用紙6枚ほどの文章にまとめた。長男夫婦と中・高校生の孫に送ったところ先月「生きていてくれてありがとう」という返事が届いた。村上さんは「初めて『生きていてよかった』と思いました。残った者の務めとして大切に生きていきたい」と話している。

第87回全国高校野球:済美が甲子園練習「チーム一丸、いいムード」 /愛媛
松山・白鳥死亡:死因は熱中症--堀之内の堀 /愛媛
市町村合併:新「宇和島市」スタート 市役所で開庁式 /愛媛
路線価:05年の四国平均価、13年連続の下落--県内平均6万円 /愛媛

◇前年比6.3%の減
 高松国税局は1日、相続税や贈与税の課税評価額の基準となる05年分の四国の路線価を公表した。同局が定めた標準宅地1万3900地点の平均路線価(1平方メートル当たり)は6万5000円で、13年連続下落。下落率は7・1%と前年(6・7%)より拡大し、同局が路線価の公表を始めた92年以降で最大の下落率となった。同局は「景気の見通しが不透明で、雇用環境の悪化や土地の需要減退が原因と考えられる」と下落が続く四国の路線価動向を分析している。

事件・事故24時:西予で衝突事故、1人死亡 /愛媛

 1日午後1時5分ごろ、西予市宇和町清沢の市道交差点で、八幡浜市五反田、運転手、井上彰浩容疑者(31)運転のトラックが、西予市宇和町郷内、無職、武田アイ子さん(69)運転のミニバイクと出会い頭に衝突した。武田さんは首の骨を折るなどして間もなく死亡。西予署は安全確認を怠ったとして、井上容疑者を業務上過失傷害容疑で現行犯逮捕した。現場は見通しがよく、信号機のない交差点。

第87回全国高校野球:済美ナイン、甲子園へ--松山市役所前広場で壮行会 /愛媛
選挙:宇和島市長選/宇和島市議選 来月11日に投開票 /愛媛
久万高原町・焼死事件:被告に懲役8年--地裁判決 /愛媛

 久万高原町上野尻の自宅で昨年12月、父親(当時55歳)の両手首を縛って灯油をかけ、ライターで火を付けて焼死させたとして、傷害致死罪などに問われた無職、矢野公彦被告(32)の判決公判が1日、松山地裁であり、前田昌宏裁判長は「短絡的かつ自己中心的な犯行」として懲役8年(求刑懲役10年)を言い渡した。
 判決によると、矢野被告は昨年12月26日、自宅の台所で父親と祖母(80)の両手首を布切れで縛って灯油をかけ、着火したライターを父親に近づけたところ、衣服などに火が付いて焼死。父親を助けようとした祖母も大やけどをした。

事件・事故24時:西条で特急列車とトラクターが接触 /愛媛

 31日午前7時40分ごろ、西条市小松町新屋敷の踏切で、高松発松山行き下り特急列車「いしづち3号」(4両編成、乗客約50人)が近くの農業、青山猛さん(88)運転のトラクターと接触、直前に避難していた青山さんに跳ね飛ばされたトラクターがぶつかり、頭などに軽傷を負った。乗員乗客にけがはなかった。列車は約30分後に運転再開した。

ホッと今治:ビーチバレー、164チームが熱戦--唐子浜海岸で催し /愛媛
ビーチバレー一覧
郵政民営化:「法案反対」街頭でアピール--全特中予地区会など /愛媛

 今月上旬に参議院で採決が予定されている郵政民営化法案を巡り、全国特定郵便局長会(全特)中予地区会のメンバーらが31日、松山市大街道などでビラを配りながら同法案反対を市民にアピールした。
 日本郵政公社労組(JPU)と全日本郵政労働組合(全郵政)も参加。参加者は、各種世論調査の結果「郵政民営化法案を今国会で成立させるべきだ」との答えは少数派であることなどを示したビラとうちわを大街道と伊予鉄松山市駅前(同市湊町)で2000枚ずつ配った。同日、宇和島市や大洲市などでも同様のビラ配りが行われた。
 松山石手郵便局(同市石手2)の柳原良文局長は「民営化で効率ばかりを追求すると、採算の合わない郵便局はなくなってしまう。参議院議員の方には政党内のあつれきに惑わされず、個人の意思で動いてほしい」と話した。

採算の合わないなら、それを補って余る郵便局の努力・改善を強く望む。
結局、郵便局を運営するのも、採算が合わず。赤字の郵便局を支えるのも、元はといえば税金だ。
税金では足りず、今の日本は国籍を出し続け、いつか債務が1000兆円に届くことだろう。
改善は国も愛媛も市民の為にも責務だ。
三津浜花火大会:夜空彩る6000発 四国最大級、市民ら見入る--松山 /愛媛
—–
EXCERPT:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...