Home > ニュース | 生活 > なぜ定額給付金が批判されるのか?

なぜ定額給付金が批判されるのか?

世界的金融不安によって世界規模の景気の下降により、海外向けに輸出していた自動車産業や電器メーカーがこぞって業績予想を大幅下方修正し、派遣切りやワークシェアリングやリストラといった対策をとっているようですが、国内においても景気の不安感から、財布のヒモを閉め始めて高価な物を買わなくなったり色々大変な状況のようです。

以下は個人的なここの所の定額給付金に関する問題の感想ですが、結果から言ってお年寄りにばかり優しい社会では将来が無い。日本もそうだし若者の将来はどうなって行くのか不安ばかりが増えている。

そりゃ若い人は貯金をする人も少ないのだろうけれど、ちょっとこれはひどいナァと。

■個人別年代金融資産(2007年)
個人別年代金融資産(2007年)< このままでは景気が冷え込むからと定額給付金(当初は定額減税)で、先日予算案に盛り込まれた内容からしても「定額減税に盛り込まれた定額給付金」ではないのですか。 これらの定額減税による所の目的は、国内の市場に出るお金を増やし景気に刺激を与えることだと思っていたのですが、野党もテレビもマスコミもこぞって批判。 緊急の対策をしても、すぐには景気がよくならないと誰もが分かっているはずなのに批判。そうして抗議している間、何も対策出来ないまま日にちだけが過ぎて、事態はもっと悪くなっている。

photo

若者を喰い物にし続ける社会 (新書y)
立木 信
洋泉社 2007-06
おすすめ平均 star
star世代間の不公平のするどい批判は貴重だが視野がせまい
star食い物にされ「続ける」社会に切り替わる
star本当の弱者は弱者たることを訴えられない
star若者が希望を抱けない国、日本
starまずまず

この国の経済常識はウソばかり (新書y) (新書y) 世代間最終戦争 ホワイトカラーは給料ドロボーか? (光文社新書) 「若者論」を疑え! (宝島社新書 265) 就職氷河期世代が辛酸をなめ続ける (Yosensha Paperbacks)

by G-Tools , 2009/01/29

でも、定額給付金として1万2千円をくれるというのは、結局、税金が返って来る事と同じわけですよね。
それに税金を払う額の少ない(もしくは払っていない)層の子供やお年寄りには、さらに2万円の配布という事でした。

当初、定率減税だったのですが、これは高所得者に有利な対策だったために、あえて定額減税にした経緯がある。

そもそも景気対策だった物に、「生活支援」という物がつき始めたのは、民主党もマスコミも麻生内閣内外の自民党の政治家が、勝手な尾ひれや考えを盛り込ませた背景があるように感じられてならないです。

もともとこういった緊急事態に景気対策は迅速に行なわれるべきであり、民主党を初めとする野党が保身のために批判して阻止しようとしたのは問題があるように思う。

今頃予算が通ってるようでは遅い。

あと、定額給付金が出ても消費税が上がる事に怒っている一般人がいたが、その中にお年寄りが怒っているのを見たけれど、ちょっとそれも筋違いだと思う。

消費税が上がるのは年金の問題があるからで、かつ、これまで国債という多額の借金を日本に増やしてきた世代が何を言っているのだろう。

結局、損する人と損する人とがいるが、政治や選挙において老人の層の意見がよく通るのはお年寄りが増え続ける以上仕方ないが、それならばお年寄りにもそれなりに負担をしてもらえないと、日本という国はドンドン衰退する事になると思う。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連タグ投稿

Home > ニュース | 生活 > なぜ定額給付金が批判されるのか?

Access
Today Yesterday
スポンサード リンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

Return to page top