「小悪魔 ageha」2009年3月号に掲載された飯島愛追悼ページが怖い

「小悪魔 ageha」2009年3月号に飯島愛追悼ページを掲載しているそうですが、巻頭ページの写真があまりにもアレで怖い。

小悪魔 ageha (アゲハ) 2009年 03月号 [雑誌]
小悪魔 ageha (アゲハ) 2009年 03月号 [雑誌]

どういった特集の組み方でこのような事になったのかは中身の文章も読まないと分からないが、ちょっとこれはスゴイ。

あまりにも衝撃が強すぎるので、続きに貼っておきます。

「小悪魔 ageha」2009年3月号に掲載された飯島愛追悼ページが怖い

(宗教っぽいとして参考にしたのでは(?)と噂されている。)
飯島愛追悼写真が怖い飯島愛追悼写真が怖い

まぁ、昔からそうだけれど、コギャルとかギャルとか、普通の人からするとかなり特異な感覚を持っている(?)のだろうから、これを見て、

「うんうん、飯島愛ちゃん。良い人を亡くしたよね」
「私もあんな風に生きたいよ」

とか思っているンかな。

下の方に「小悪魔 ageha専属モデル」のブログ貼ってるけれど、同世代の一部の女の子が見るくらいでしょうか。
(※Tomoはたまに桃華絵里ちゃんのブログとか見るけど。)

感覚の違いは必ずあると思う。
いつの時代も、若い一部の人の感性は一般には受け入れられにくい場合も多々ある。

小悪魔 ageha 2009年 02月号の表紙の子が、「熱冷まシート貼ってる?」って思われても仕方ない。
少なくとも、「more」や「CanCam」あたりで、そういうのは見たことない。

小悪魔 ageha (アゲハ) 2009年 02月号 [雑誌]
小悪魔 ageha (アゲハ) 2009年 02月号 [雑誌]

飯島愛ってAV女優だったんだけれど、今の平成生まれの子は知っているのかしら。

そのAV女優になる経緯とかがあってバラエティで活躍し、PLATONIC SEX (プラトニックセックス)を書いた。
その後、エイズ撲滅の活動にも精力的に参加し、「エイズ予防にコンドームを」とか、そういうイベントにも出ていたわけ。

もし仮に、この雑誌を作るのにギャルたちが関わっていて、この巻頭写真を企画したとして、編集部にもう少し良識のある人はいなかったのかな。

これでは【痛いニュース(ノ∀`):小悪魔ageha 2009年3月号が「マジでキチガイじみてる」とネットで話題に】で言われているように、どこかの宗教のようだとか怖がられても仕方ないと思う。

ここ最近、飯島愛ちゃんの話題がいまだ続いているのには、彼女の生き方が大変なものであったと同時に、飯島愛ちゃんの人柄をみんな知っていて慕っている人がいっぱいいたからなんでしょうね。

企画内ではそうしたところが分かるように記事にされているように願うばかりです。
(※自分で買って確認するには勇気が要りすぎるからよします。)

みんなのニュース:香山リカさん、飯島愛さんの死から考える「ハッピーな孤独死」とは – 毎日jp(毎日新聞)

 一方、神林さんは昨年8月、友人で一人暮らしのコラムニスト、故島村麻里さんの”見送り”を体験した。連絡が取れないのを不審に思い、自宅を訪ねたところ、島村さんが死亡しているのを発見。検死の対応や故人の知人への連絡、遺品整理、400人を招いて開いた区切りのパーティーなどを仕切った。「誤解されがちなのだが、孤独死というと生前までも孤独だったととらえられてしまうけれど、人生までが孤独なのではない」と訴えた。
 2人は「死亡して1週間もたつと体が傷み容姿が変わってしまうので、3日以内に発見されるぐらいの関係を周囲と築いておく方がいい」「部屋が荒れていると警察に事件と思われるので、部屋は片づけておいた方がいい」「冠婚葬祭は家族・親類の意向が反映されるから、こだわりがある人は公証役場で書面にしておいた方がいい」「ペットを飼っている人は、もしもの場合の依頼先を決めておいた方がいい」--など、一人暮らしの人が配慮するべきポイントを挙げた。
 飯島さんについて神林さんは「タレントとして有名になり、事業も前向きな段階で死ぬことができたから幸せだったと思う」。香山さんは「ブログに『さみしい』と書いていたが、母の愛のような万能の愛を求めていたのかもしれない」と分析。「幸せ」とは自分が決めるのか、周りが決めるのか、いつの時点をとって幸せな人生といえるのかなど、話題は尽きなかった。

livedoor ニュース – 元AV女優の紅音ほたるが公開エイズ検査!検査の担当医は飯島愛さんと最後に仕事をしたあの方

今回、元AV女優の紅音ほたるがエイズ検査をより身近に感じてほしいとの事で「公開エイズ検査」を行ったとの事。

検査を担当したのは、「ガールズガード運動」として街角でエイズ検査を行っている赤枝六本木診療所の赤枝恒雄院長。
赤枝医師は、元タレントの飯島愛が昨年12月都内の自宅マンションで亡くなる直前、共に宇都宮でトークショーを行っており、二人のツーショット写真は飯島さんが亡くなったという記事に多く使われ、話題になりました。

赤枝医師は飯島さんが亡くなった後マスコミのインタビューには一切口を閉ざしていましたが、今回初めて飯島さんに関してコメントを取ることに成功しました。「愛ちゃんはエイズではない」とエイズ疑惑を否定しています。赤枝医師は飯島さんのエイズ検査も行っていた人物です。
また、紅音ほたるさんは飯島さんが亡くなる前も、2007年頃からエイズ啓発のトークショーなどに積極的に参加されており、飯島さんの死後、紅音さんは「(エイズ啓発に取り組まれていた)飯島さんの意思を受け継ぎたい」としています。

■小悪魔 ageha専属モデル
荒木さやかオフィシャルブログ ☆ ☆ SAYAKA’S BLOG ☆ ☆ powered by アメブロ
桜井莉菜オフィシャルブログ SakuRinaStyle Powered by Ameba
武藤静香オフィシャルブログ 「武藤静香の何でもよくなーい??」 が口癖ブログby Ameba
桃華絵里(ももえり)オフィシャルブログpowered by Ameba
小悪魔ageha age嬢 『鮎川りなオフィシャルブログ』 あゆ☆りな Powered by Ameba
小悪魔ageha☆ねむ
小悪魔ageha専属モデル西山りほ公式ブログ-大阪ミナミclubZooちあき

小悪魔agehaモデルブログ age嬢 『百合華 オフィシャルブログ』 I LOVE ・・・ Powered by Ameba
白石乃梨オフィシャルブログ こんなに黒くていいんですか? Powered by Ameba
椿姫彩菜 オフィシャルブログ by アメブロ
小悪魔アゲハの上ノ宮絵理沙オフィシャルブログ「ERISA’S ROOM」Powered by Ameba
神子島みかオフィシャルブログ「キラ盛り小悪魔ブログ」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...