台湾元総統「これまで何度も話しているが、尖閣諸島は日本の領土だ」改めて言及

台湾の李登輝元総統が19日、「これまで何度も話しているが、尖閣諸島は日本の領土だ」と改めて言及していたことが分かりました。
石原慎太郎都知事が尖閣諸島を東京都で購入すると講演で発言した件について、「国の政治が良くないせいだ。台湾と同じだ」とも語っています。

誇りあれ、日本よ―李登輝・沖縄訪問全記録
誇りあれ、日本よ―李登輝・沖縄訪問全記録

李登輝元総統は日本のメディアに「尖閣諸島は日本の領土であり、道理に合わないことを主張する中国に譲歩する必要はない」と発言したり、中国だけでなく台湾が日本の尖閣諸島の領有権を主張している事について「おネエちゃんがきれいだからといって、私の妻だと言う人間がどこにいるのだ」「第二次世界大戦後、沖縄の行政権はアメリカが掌握し、その後、日本に返還された」「日本の自衛隊が、この海域の防衛に責任を持つことになったが、台湾の漁民は(尖閣諸島周辺)で操業することが習慣になっていたことから問題が発生した」等々と台湾領有権の主張を皮肉ったとされています。

台湾は今年1月に国民党・馬総統が再選しており、友好的な台中政策のように見えて、現在の台湾総統の馬英九総統は総統選挙で「三不」(台中統一・台湾独立・武力行使のいずれも行わない)をスローガンに掲げていたり、中国軍による台湾上陸を想定して17日から19日までの3日間に渡って軍事演習を行っています。

【動画】フジテレビとくダネ 笠井アナ「沖縄本島よりも中国大陸に近い尖閣諸島です」 | CUTPLAZA DIARY【動画】フジテレビとくダネ 笠井アナ「沖縄本島よりも中国大陸に近い尖閣諸島です」 | CUTPLAZA DIARY

ブリヂストン自転車のかごから放射線 放射性コバルト60が混入した可能性 | CUTPLAZA DIARYブリヂストン自転車のかごから放射線 放射性コバルト60が混入した可能性 | CUTPLAZA DIARY

各新聞社の石原慎太郎都知事の東京都尖閣諸島購入公演に関する社説 | CUTPLAZA DIARY各新聞社の石原慎太郎都知事の東京都尖閣諸島購入公演に関する社説 | CUTPLAZA DIARY
沖縄県石垣市議会、尖閣諸島を「国に購入を求める意見書」を賛成多数で可決 | CUTPLAZA DIARY沖縄県石垣市議会、尖閣諸島を「国に購入を求める意見書」を賛成多数で可決 | CUTPLAZA DIARY

「尖閣諸島は日本の領土」、李登輝元総統が改めて言及―台湾(Record China) – livedoor ニュース「尖閣諸島は日本の領土」、李登輝元総統が改めて言及―台湾(Record China) - livedoor ニュース

2012年4月19日、環球時報によると、台湾の李登輝(り・とうき)元総統が「これまで何度も話しているが、尖閣諸島は日本の領土だ」と改めて言及し、日本の石原慎太郎都知事が尖閣諸島を東京都が購入する意向を示したことについて、「国の政治が良くないせいだ。台湾と同じだ」と語った。

また、2010年9月に起きた尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船と中国の漁船が衝突した事件について、日本政府が漁船の船長を釈放したことを「きわめて遺憾だ」と語った。

中国政府が尖閣諸島の領有を主張していることについて、李元総統は「中華帝国覇権主義的な領土観にもとづいた主張であって、かつて朝貢していた国を自分たちの領土の外周だと考えている」と評し、根拠として挙げている古文書も清の時代に光緒帝が皇太后の病気を治すために民が尖閣諸島の近海で採った薬草を使い、後に島をその民に与えたというだけで、「国際法上、何の根拠にもならない」と指摘している。

李元総統は以前、日本のメディアに「尖閣諸島は日本の領土であり、道理に合わないことを主張する中国に譲歩する必要はない」と語ったり、中国の主張を「美人を見て自分の妻だと言っているかのようだ」と話して波紋を呼んでいた。

李登輝 – Wikipedia李登輝 - Wikipedia

尖閣諸島については、中国だけでなく台湾も領有権を主張しているが、「おネエちゃんがきれいだからといって、私の妻だと言う人間がどこにいるのだ」「尖閣諸島周辺はよい漁場で、沖縄の漁民はかつて、同漁場でとった魚を台北に売りにきた。沖縄県当局は、日本が統治していた台湾の台北州に尖閣諸島周辺の管理を委託していただけ」「第二次世界大戦後、沖縄の行政権はアメリカが掌握し、その後、日本に返還された」「日本の自衛隊が、この海域の防衛に責任を持つことになったが、台湾の漁民は(尖閣諸島周辺)で操業することが習慣になっていたことから問題が発生した」「1972年になってから『尖閣諸島は中華民国領』と主張したことで、問題が発生した」「台湾が他人の場所に行って、魚がとれただけでも上出来だった。それを自分の『戸籍』に入れようとは、あまりにも幼稚」と、台湾が尖閣諸島の領有権を主張していることを皮肉ったという。

“中国からの攻撃”想定…台湾で大規模軍事演習“中国からの攻撃”想定…台湾で大規模軍事演習

 台湾軍は、中国の攻撃を受けたという想定で大規模な演習を実施し、19日に内外のメディアに公開しました。

 演習は毎年1回、定期的に実施されていて、今回は、中国軍による台湾上陸を想定して17日から19日までの3日間にわたって行われました。19日にメディアに公開された演習は、中国軍のパラシュート部隊が上陸することを阻止するもので、兵士約1700人が参加し、ヘリコプター8機、戦車、装甲車30台が投入されました。今年1月の総統選挙で再選を果たした国民党の馬英九総統は、中国との融和政策を進めていますが、一方で、近代化が進む中国との軍事バランスを保つため、アメリカからの武器の輸入を続ける方針を示しています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

「台湾元総統「これまで何度も話しているが、尖閣諸島は日本の領土だ」改めて言及」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。