産経新聞「自衛隊要請拒否」の問題で産経抄でも謝罪「立ち入りを拒否したわけではなく、通信訓練を認めていた」

16日夜から17日午前中に行なわれた自衛隊の統合防災演習で、産経新聞が報じた自衛隊が東京都23区にした要請を断った区があるとして挙げられていた11区全てが、23日から24日までの間に区役所ホームページに記事の内容の「自衛隊の要請を拒否」を否定し、記事の訂正を求めるとともに「防災演習に協力した」旨の抗議文を掲載していた問題で、産経新聞は25日付け産経朝刊2面で「おわび」と、ネット上でも「記事のおわびと削除」を掲載し謝罪しました。
そして、産経抄の方でも謝罪の話が掲載されています。

産経新聞「自衛隊要請拒否」の問題で産経抄でも謝罪「立ち入りを拒否したわけではなく、通信訓練を認めていた」

産経新聞「自衛隊要請拒否」記事に中野区・豊島区・千代田区・港区・世田谷区・目黒区・新宿区・中央区・渋谷区・杉並区・北区「協力した」と内容否定と抗議 | CUTPLAZA DIARY産経新聞「自衛隊要請拒否」記事に中野区・豊島区・千代田区・港区・世田谷区・目黒区・新宿区・中央区・渋谷区・杉並区・北区「協力した」と内容否定と抗議 | CUTPLAZA DIARY
産経新聞「自衛隊要請拒否」報道に11区全てが「拒否をした事実はない」と否定 訂正と謝罪求める抗議文 | CUTPLAZA DIARY産経新聞「自衛隊要請拒否」報道に11区全てが「拒否をした事実はない」と否定 訂正と謝罪求める抗議文 | CUTPLAZA DIARY
産経新聞、「自衛隊要請拒否」の記事謝罪と削除 「実施されなかったのは宿泊。立ち入りは実施」 | CUTPLAZA DIARY産経新聞、「自衛隊要請拒否」の記事謝罪と削除 「実施されなかったのは宿泊。立ち入りは実施」 | CUTPLAZA DIARY

その中で『東京都の一部の区役所は、自衛隊員の庁舎への立ち入りを拒否したわけではなく、通信訓練を認めていた。』という記述があるのですが、11区はそれぞれ職員が立ちあったり、駐車場を貸すなど協力しており、宿泊に関しても自衛隊側が中止した経緯があることから、また問題になりそうなニュアンスですね。

【産経抄】7月26日 – MSN産経ニュース【産経抄】7月26日 - MSN産経ニュース

 首都直下地震に備えて陸上自衛隊が行った統合防災演習について、23日付小紙が報じた記事に、大きな誤りがあった。東京都の一部の区役所は、自衛隊員の庁舎への立ち入りを拒否したわけではなく、通信訓練を認めていた。

 ▼記事の尻馬に乗った翌日の小欄も、当然訂正しなければならない。各区役所は、抗議の電話の応対に追われたという。24時間体制で防災活動に当たる担当者をはじめ、ご迷惑をかけたすべての関係者に深くおわびする。

 ▼記者生活ウン十年、これまでも数多くのミスを重ねてきた。ミスの最大の原因は「思い込み」だ。今回の場合、迷彩服姿の自衛隊員が行う訓練に対して、一部に批判的なムードがあるのは事実だから、区役所の非協力もあり得ると、納得してしまった。

 ▼もうひとつの反省は、「疑う」という記者の基本を忘れたことだ。書籍や記事の内容、偉い人の演説、何でも「ほんまかいな」と、一度は首をかしげてみなければならない。「東日本大震災の救援活動で絶賛された自衛隊の防災訓練に、今時そんな対応する職員がいるのかな、と記事を読んで思ったんだ」。今回の経緯を説明した大先輩から返ってきた言葉だ。そこから確認作業に入っていたら、コラムの内容は違ったものになっていた。

 ▼きのうの小紙に載ったドイツ文学者、井上修一さんのインタビュー記事は身にしみた。子供の頃自宅で開いた正月の宴で、最後の客を玄関で送った後、笑っていると、父の靖さんから叱られたという。

 ▼「敷地を出るまで決して笑うな。客は自分のことを笑われたと思うから」。元名記者にして大作家から、言論に携わる者はあくまで周到であれと、こちらも叱られた気がする。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...