中国「日本と島の領有権問題抱える中国・韓国・ロシアの3カ国は、統一戦線で日本に対抗すべき」焦ってるなぁ

アジア太平洋学会朝鮮半島研究会委員の王林昌さんが「日本と諸島の領有権争いを抱える中国・韓国・ロシアの3カ国は、統一戦線で日本に対抗すべき」と論じたと中国網日本語版(チャイナネット)が報じています。
中国共産党中央委員会の機関紙「人民日報」のソウル特派員を歴任した中国のジャーナリストが現在はアジア太平洋学会朝鮮半島研究会委員になっているそうで、中国なのか韓国なのかいろいろ面白いのですが、尖閣諸島と竹島と北方領土は中国・ロシア・韓国の3カ国が「保島統一戦線(島の領有権保護で連携)」する理由を「中国・ロシア・韓国は戦時中に日本に侵略を受け、尖閣諸島と竹島と北方領土の帰属は、第二次世界大戦の終結後に決められたものである」と論じています。

まず、戦時中の話は日本の領土を占拠し続けているロシアと韓国が北方領土と竹島を日本に返さない理由にはなりません。
北方領土は北方四島は外国の領土になったことがない日本固有の領土であり、ポツダム宣言を無視して進行したソ連の対日参戦により占領され不法占拠が続けられている状態であり、
竹島はサンフランシスコ講和条約発効直前に突如、韓国が李承晩ラインを一方的に設定して竹島を不法占領し続けている状態であり、
尖閣諸島に関しては、1895年以降、日本政府が自国領土として実効支配を行なっており、この領域に領有権問題は存在しません。

法的観点から日本が主張する尖閣諸島と竹島と北方領土について不正であることを指摘するとありますが、ロシアと韓国は国際司法裁判所に出てくるべきです。
そして世論によるアピールと政府間の競技をすべきとありますが、そもそも領有権問題は存在しない日本の領土である尖閣諸島について日本が中国と協議することはありませんが、北方領土と竹島ついてロシアと韓国に日本の主張について協議し、内容を認めるべきです。

それから「共同開発」というのが引っかかりますが、中国は日本の領海の海底資源を搾取するのを直ちに停止し、資源や排他的経済水域について日本との国際司法裁判所や国際海洋法裁判所への共同付託を受け入れなくてはいけません。

それから、中国・ロシア・韓国は戦争中の話を持ち出しますが、現在日本は中国・ロシア・韓国から侵略を受け続けており、国際的に不法行為であると認め、日本の領土を返却に応じるべきです。

中国・韓国・ロシアは「統一戦線」で日本に対抗すべき(1)=中国 2012/08/28(火) 10:43:00 [サーチナ]中国・韓国・ロシアは「統一戦線」で日本に対抗すべき(1)=中国 2012/08/28(火) 10:43:00 [サーチナ]
中ロ韓、「保島統一戦線」で日本に対抗すべき_中国網_日本語中ロ韓、「保島統一戦線」で日本に対抗すべき_中国網_日本語

中韓ロの三カ国が「島の領有権保護で連携する」ことは、法的に見ても、歴史的に見ても十分な根拠がある。中韓ロはいずれも軍国主義下にある日本の侵略を受けており、中国の釣魚島、韓国の独島、ロシアの南千島群島の主権の帰属は、第二次世界大戦の終結後に決められたものである。日本は第二次世界大戦で決まった約束事を覆すことに躍起になり、島の領有権をめぐって、中国・韓国・ロシアと対立することを止めず、事実上の「四面楚歌」に陥っている。過去の境遇と現在の情勢によって、戦後の取り決めを守るために、中韓ロが手を結ぶ可能性は高まってきている。

中国・韓国・ロシアは「統一戦線」で日本に対抗すべき(1)=中国 2012/08/28(火) 10:43:00 [サーチナ]中国・韓国・ロシアは「統一戦線」で日本に対抗すべき(1)=中国 2012/08/28(火) 10:43:00 [サーチナ]
中国・韓国・ロシアは「統一戦線」で日本に対抗すべき(2)=中国 2012/08/28(火) 11:48:47 [サーチナ]中国・韓国・ロシアは「統一戦線」で日本に対抗すべき(2)=中国 2012/08/28(火) 11:48:47 [サーチナ]

尖閣諸島 – Wikipedia尖閣諸島 - Wikipedia
東シナ海ガス田問題 – Wikipedia東シナ海ガス田問題 - Wikipedia

北方領土問題 – Wikipedia北方領土問題 - Wikipedia

竹島 (島根県) – Wikipedia竹島 (島根県) - Wikipedia

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...