野田政権、海自の尖閣警備に縛り 岡田氏ら「中国艦艇が近づくと後退」や「スクランブルの規制」指示

野田政権下において、東シナ海での海上自衛隊護衛艦による中国海軍艦艇への警戒監視について、昨年9月に尖閣諸島(沖縄県石垣市)を国有化して以降、海自に対し、中国艦艇側から目視できない遠距離での警備にとどめるよう指示していたことが明らかになりました。
こうした指示は前副総理だった岡田克也氏が中心に行っていたといい、海自艦艇は中国軍艦と15カイリ(約28キロ)の距離を置き、中国側が近づくと後退するよう命じていたほか、領海侵犯の恐れがあっても先回りして警戒するのを禁じたとされています。
「領空侵犯措置」でも過度な自制を求めていたといい、中国の海洋監視船「海監50」が国有化直後から再三にわたり領海侵犯していた時にも、岡田氏は「軽微な領海侵犯だから中国を刺激するな。海上保安庁に任せればいい」と準備を認めなかったと報じられています。

野田政権、海自の尖閣警備に縛り 岡田氏ら「中国艦艇が近づくと後退」や「スクランブルの規制」指示

このことについて7日の衆院予算委員会で安倍晋三総理大臣は「過度にあつれきを恐れるあまり、当然行われるべき警戒警備に極度の縛りがかけられていた。安倍内閣の発足直後から前政権の方針を根本から見直した」と述べました。

このことについて岡田克也氏は委員会で安倍晋三総理大臣に批判していますが、事務方からの情報に基づいて明らかになった問題であり、事実なら日本領海領空を守る上で改められなくてはいけない事態です。
しかしながら、民主党政権化での失敗の保身のために、防衛上の問題を公開しろという岡田克也氏は日本の為にはならないと改めて明らかになったということでもあります。

また、岡田氏は民主党政権化での評価を安倍総理大臣に求めていますが、
その前に民主党政権3年の評価を国民が下したのが先日の選挙です。

尖閣「遠くで警備」指示…野田政権、国有化後に : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)尖閣「遠くで警備」指示…野田政権、国有化後に : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) (キャッシュ)

尖閣警備「極度に縛り」 首相、民主党政権を批判 – MSN産経ニュース尖閣警備「極度に縛り」 首相、民主党政権を批判 - MSN産経ニュース

安倍晋三が岡田克也の売国実態を淡々と暴き、岡田が火病を起こす – YouTube安倍晋三が岡田克也の売国実態を淡々と暴き、岡田が火病を起こす - YouTube

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...