橋下徹市長、発言の内容削って報道した朝日新聞と毎日新聞を痛烈批判「囲み取材は止めます」

橋下徹市長は17日、メディアが取り上げた13日の橋下徹市長の「銃弾の飛び交う場で命かけて走っていく時に、猛者集団、精神的に高ぶる集団をやっぱりどこまで休息じゃないけど、そういうことをさせてあげようと思ったら、慰安婦制度、必要なのは分かる」との発言に「女性を蔑視している」などと批判が相次いだ問題について、「大誤報をやられた」と批判しています。
橋下徹市長の当時の慰安婦制度を「必要」とした発言部分について、「僕が(慰安婦制度を)必要だと思っているとか、容認しているということではなく、正確には『世界各国はそういうものを必要としていた。でもそれは絶対にダメ。許されない』と言いたかった」と釈明した上で、「きちんと英語で伝わらなかったことは僕の表現不足。僕が必要だと思っていたと訳すのはやめてほしい」と述べました。
また、米政府当局者が慰安婦発言を批判していることには「米軍が沖縄の占領期間中に性のはけ口として女性を活用したのは厳然たる事実だ。米国には沖縄に関する認識が不足している」と主張。「米国も自分たちがやったことを直視してもらいたい」」「それだけ人権を大切にしているのであれば、沖縄県民の人権がじゅうりんされている現況をもっと直視すべきだ」と重ねて強調しました。

橋下徹市長、発言の内容削って報道した朝日新聞と毎日新聞を痛烈批判「囲み取材は止めます」

橋下徹市長の「慰安婦問題」発言で活発に報じる朝日新聞とアメリカの立場 | CUTPLAZA DIARY橋下徹市長の「慰安婦問題」発言で活発に報じる朝日新聞とアメリカの立場 | CUTPLAZA DIARY
橋下徹市長発言を批判した米国防総省サキ報道官発言における各新聞会社の報道の違い | CUTPLAZA DIARY橋下徹市長発言を批判した米国防総省サキ報道官発言における各新聞会社の報道の違い | CUTPLAZA DIARY

取材陣から「必要」という言葉の解釈を巡り質問があり、朝日新聞の記者から「必要じゃなくても選択の範囲でやることがある」「(必要という言葉の意味を調べるために)辞書をひいていただければ」などと質問が出ると、橋下徹市長は「言葉の問答をしたって意味がない」「日本人の国語力で全体の文脈、文章全体を見れば、(発言の真意は)理解する。メディアは一文だけを取る」と不満を述べました。さらにこの記者が「新聞記者は言葉の定義にこだわる。政党の代表も…」と発言したところ、橋下徹市長は「揚げ足を取るのではなく、文脈でしっかりと判断してほしい。一言一句を全部チェックしろと言うのだったら、(囲み取材を)やめますよ。全体の文脈を捉えて、きちんと報道するのが皆さんの役割でしょう」」とぶら下がり取材を終了したとのことです。

ぶら下がり取材終了の後の橋下徹市長は13日の発言を朝日新聞は「当時」の記述を削除して報道した件を述べると、他の記者が「Twitterで反論が2日間なかった」と庇いましたが、橋下徹市長から一蹴されています。

橋下徹市長は5月下旬に日本外国特派員協会(東京)で海外メディアに対し、慰安婦制度に関する自身の発言の真意を説明する意向を明らかにしています。

2013年05月17日 橋下徹大阪市長退庁取材 最終回?


2013年05月17日 橋下徹大阪市長退庁取材 最終回? – YouTube2013年05月17日 橋下徹大阪市長退庁取材 最終回? - YouTube

朝日新聞「普通の会話の中で細かい言葉の定義に拘らなくていいかもしれませんが、私たち新聞社が記事を書くときに拘りますし、政党の代表がテレビの前でしゃべる時にも言葉の細かい意味も、特にこういった海外に…」

橋下市長「じゃあ囲み全部止めましょうか?いいですよ。止めましょうか?一年に1回の記者会見にしましょうか?朝日新聞がそう言うんだったら止めます。そこまで全部チェックして、話すことを一言一句チェックして、あなたたちは校正か何かの部隊があるのかもあるのかも知れませんが、僕は何も用意せずして喋ってるんです。公党の代表だからやれって言うんだったら明日から止めます。いいですか?」

女性「いやそうではなくて」

橋下市長「メディアの方からそんなことを言われるんだったら囲み止めます。どうですか?一言一句全部チェックしろと言うんだったら止めます。それは文脈をきちんととってね、全体の文脈をとって、きちんと報道するのが皆さんの役割でしょ。揚げ足をとるんじゃなくて。もし一言一句を全部チェックしろって言うんだったら校正とかそういうことにかけるんでね、それだったら止めます。どうですか?僕が皆さんに言いたいのは揚げ足をとるんじゃなくて、文脈でしっかり判断しろっていうことですよ。朝日新聞なんて最低ですよ。『当時』って言葉も全部はずしてね、『橋下は慰安婦必要だ、必要だ』って。毎日新聞やタブロイド紙も最低ですね。『慰安婦は必要でしょ』ってあんなの週刊誌以下ですよ。
それやるんだったら明日から囲み止めます。これは任意でやってるんですから」

朝日新聞「ご指摘の部分ははもっとも」

橋下市長「止めましょう」

朝日新聞「いや、ちょっと言わせてください」

橋下市長「今日で最後にしてください。これは朝日新聞のサコ記者の方から一言一句、テレビカメラの前で喋るときは全部、一言一句詳細に子細に、それは慎重にすべきだとそういう要望がありましたので明日から囲みは止めます」

朝日新聞「違います。私はそんな要望をしてません」

橋下氏、「大誤報やられた」とメディア批判 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)橋下氏、「大誤報やられた」とメディア批判 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
橋下氏「日本人は読解力不足」 慰安婦発言で反論 – 47NEWS(よんななニュース)橋下氏「日本人は読解力不足」 慰安婦発言で反論 - 47NEWS(よんななニュース)
【慰安婦問題】橋下氏、ぶち切れ「大誤報やられた」「囲み取材、止める!」 – MSN産経ニュース【慰安婦問題】橋下氏、ぶち切れ「大誤報やられた」「囲み取材、止める!」 - MSN産経ニュース

さて、戦時中の旧日本軍の行為について橋下徹市長が「侵略」としたことについて、日本維新の会の石原慎太郎共同代表は17日、「侵略じゃない。あの戦争が侵略だと規定することは自虐でしかない。歴史に関しての無知」と語りました。
安倍晋三首相は、米外交専門誌「フォーリン・アフェアーズ」のインタビューで「私は日本が侵略しなかったと言ったことは一度もない」と指摘する一方、侵略の定義は「歴史家に任せるべき問題だ」と述べ、自身で定義づけはしない考えを強調しました。あわせて、「わが国はかつて多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えた」として、「痛切な反省」を繰り返し表明してきていると述べ、憲法9条改正について、日本は国防のための組織を「軍」と呼んでいない世界で唯一の国だと指摘し、「われわれの憲法は自衛隊を国防軍と規定すべきだ」と述べています。。

朝日新聞デジタル:石原氏「あの戦争、侵略じゃない」 橋下氏の見解とズレ – 政治朝日新聞デジタル:石原氏「あの戦争、侵略じゃない」 橋下氏の見解とズレ - 政治

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...