「タバコ」タグアーカイブ

禁煙して1年経ったのでタバコを辞めた方法と、タバコを辞める経緯について書いておこう。

禁煙してから1年が経ちました。
タバコを辞めた方法と、タバコを辞める経緯について書いておこうと思います。

私のタバコの辞め方はシンプルで、「タバコを買わないと決める」を徹底するというものでした。
最初はタバコを吸う夢をみたりしたものですが、それも最初の1週間でタバコが欲しくなくなりました。

タバコを辞める前後には、ハッカパイプみたいな物を吸いましたが、ミントが強いものほど効果があるように思います。
それも1ヶ月ほどで要らなくなりました。

タバコを辞める経緯ですが、当時、外国人参政権推進者で嫌煙家として活動をしている小宮山洋子厚生労働大臣がタバコ増税と称して、取りやすいところから税金を取るという発言に批判が集まりました。
家で吸うことがほとんどで、誰に迷惑をかけるわけでもないのに、タバコだけが社会の害悪のような仕打ちを受けているのは、かなりの税収を収めている喫煙者から批判が出るのは仕方のないことでしょう。
この小宮山洋子厚生労働大臣の発言がきっかけで、このような政治家に税金を使われたくないという想いも禁煙の助けになったのかもしれません。

タバコ増税発言で批判を受けた嫌煙家政治家の逆神

小宮山洋子厚生労働大臣のタバコ増税発言

政治家の逆神で思い浮かぶのは、白いヤツこと蓮舫氏も事業仕分けと称して化学分野の予算カットによりスーパーコンピュータやiPS細胞といった様々な研究が後に評価されていたりするのを見ると、素人が弱い者いじめした結果、多くの人が立ち向かうといい結果が出るようなフラグのささやかな作用であったと思いたいところではあります。

タバコにお金を使わないけれど、漫画などにお金が使われたので意味はないのかとも思います。
禁煙して良かったのは、禁煙の店でもストレスなく行けるところという意味の分からない状況ですが、
娯楽の分野が増えたような気がするので、日本のタバコへの税金の掛かり方に疑問があるという理由から禁煙してみるのもいいかもしれません。
続きを読む 禁煙して1年経ったのでタバコを辞めた方法と、タバコを辞める経緯について書いておこう。

電子たばこ爆発 前歯が折れ、舌の一部ちぎれる大けが

アメリカのフロリダ州の男性が電子タバコを吸っていたところ電池が爆発する事故が起きて、前歯が折れ舌の一部がちぎれる大怪我をしたとのことです。
電子タバコのメーカーは明らかになっていませんが、吸うことで電流が発生して作動して、ニコチンを含む気体が口の中に出てくるタイプだそうです。
日本でもニコチンが入っていないタイプでも同様に電池を使った製品があり、海外で作られたものも多いのですから気になるニュースではあります。

Electric Cigarette Explodes in Fla. Man’s Face – ABC News
電子たばこ爆発 前歯が折れ、舌の一部ちぎれる大けが

スポニチが「国民生活センターは10年8月、電子たばこの安全性は根拠が不十分と考えられるとして安易な使用を避けるよう消費者に呼び掛け」と報じていますが、あちらは表示されていない『ニコチンが含まれた製品があった』のがメインの話ではないでしょうか。
電子タバコの安全性を考える(PDF形式) | 国民生活センター電子タバコの安全性を考える(PDF形式) | 国民生活センター

ABCによると、法律で製品の安全性などの規制がされる以前の電子たばこの商品があり、それが問題とか書かれていますね。
なんにしても電子たばこというよりも電池の問題のようですが、どちらにしてもメーカーと生産国などの詳細も知りたいところです。
続きを読む 電子たばこ爆発 前歯が折れ、舌の一部ちぎれる大けが

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...