「事件」タグアーカイブ

68歳、つり銭ドロにヘッドロック・4の字固めで詐取容疑逮捕に協力 上京署が2人に感謝状

京都府警上京署は釣り銭を騙し取ろうとした男(64)を取り押さえ警察に引き渡した、すし店男性(66)と青果店男性(68)に逮捕に協力の感謝状を贈りました。

容疑者の男は寿司を出前した際に、「3階にいる妻が1万200円を持っている。ビールを買いに行くので先に釣り8000円をくれ」と言われましたが、不審に思い3階に確認したところ、容疑者の男が逃げ出したので追いかけてすし店男性(66)と青果店男性(68)が逮捕し警察に引き渡したとのことです。

■イメージ画像:デストロイヤー(79)に足4の字固めを受けた徳光和夫(69):年齢=当時

いわゆる一般人であるところの私人が現行犯を捕まえることも「逮捕」というのですが、『四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件』のように無実の男性が誤認逮捕で取り押さえられた際に死亡した事件も起きています。

■追記 2012/04/06
ヘッドロックで客を死亡させた焼き鳥店長を逮捕 千円弱の代金支払いの際口論巡り | CUTPLAZA DIARYヘッドロックで客を死亡させた焼き鳥店長を逮捕 千円弱の代金支払いの際口論巡り | CUTPLAZA DIARY

以前、デストロイヤーさんが徳光和夫さんを足四の字にかけたことがありますが、どちらも「特別な訓練を受けたプロ」だったからこそ怪我もなく出来る行為です。
※徳光和夫さんは、その後70歳でチャリティーマラソンを完走しています。

今回は本当に詐欺未遂で逮捕に至った事件ですが、一般の人が逮捕すると賛美される傾向があります。
最近では公然わいせつをした男を子供たちが追跡して逮捕に至った事件がありましたが、逆に反撃を受けてけがをするばかりでなく、誤認逮捕のような事件も発生するケースがあることも頭に入れておいて欲しいと思います。
続きを読む 68歳、つり銭ドロにヘッドロック・4の字固めで詐取容疑逮捕に協力 上京署が2人に感謝状

女性教師を流産させようとする中学生たち「先生を流産させる会」実際に起きた事件が映画化

実際に起きた事件をベースに、妊娠した担任教師を流産させようという驚がくの行動に出る中学生の少女たちと教師の「いのち」をめぐる葛藤(かっとう)を描いた映画『先生を流産させる会』が5月に公開されることになりました。

女性教師を流産させようとする中学生たち「先生を流産させる会」実際に起きた事件が映画化

実際は2009年に愛知の男子中学生が、部活動で注意されたり、席替えで一部の生徒を優遇する配置だったことに腹を立てて行った犯行です。
ちなみにこの女性教師は席替えで優遇されたとされる不登校気味な生徒の為に、近くに仲の良い生徒の席になるようにしたとのことです。

男子中学生たちは妊娠した担任の女性教師を流産させようと、給食に異物を混入したり、椅子の背もたれ部分のネジを緩める細工をしました。

そして給食の混入した食塩やミョウバンは食品にも使われるもので女性教師は気がついておらず、
事件が発覚したのは、異物を混入するのに気がついた女子中学生だったといいます。

なぜ今回の映画で男子中学生と女子中学生を入れ替えたのか理解しかねますが、フィクションというなら実際に起きた話しをベースにすべきではなかったかもしれませんね。
それを象徴するのは、実際に起きた事件は男子中学生の犯行と知らない人たちは、女子中学生たちを批判する人まで出てきています。

当時の男子中学生たちは刑事告訴もされず、学校の厳重注意で済まされたようですが、
一歩間違えれば命を失うばかりか重大な事故に発展していたかもしれないのです。

この機会に、ゲーム感覚で流産をさせようとする会を作った善悪の区別のつかない男子中学生たちを、学校の指導だけで済ませてよかったのか、議論される事を望みます。
続きを読む 女性教師を流産させようとする中学生たち「先生を流産させる会」実際に起きた事件が映画化

母子殺害事件、元少年の死刑確定 本村さん「社会正義示された」 NHKなど実名報道

山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件の差し戻し後の上告審判決が20日あり、当時18歳の少年だった被告(30)の上告を棄却しました。これにより死刑とした差し戻し後の二審・広島高裁判決が確定します。

天国からのラブレター (新潮文庫)

今回の事件は当初から、その余りにもひどい事件の内容が死刑もありうることに加え、被告が少年であったこと、常識ではありえない被告の発言などに注目の集まる事件でした。

最愛の妻と幼い娘の命を奪われた本村洋さんの長い闘いの日々が報われましたが、それは必ずしも喜びに繋がることには決してならないという事にご心中、お察し申し上げます。
これより先は亡きご家族のためにも楽しき人生をどうぞお過ごしください。
続きを読む 母子殺害事件、元少年の死刑確定 本村さん「社会正義示された」 NHKなど実名報道

イタリアで偽米国債470兆円押収 詐欺グループ逮捕 背後に国際的な犯罪組織

スイスのチューリッヒで総額6兆ドル(日本円で470兆円)の偽のアメリカ国債が押収され、イタリア国内の詐欺グループの8人を逮捕しました。
警察によると詐欺グループは偽米国債を新興国の投資家に販売しようとしていたとみられ、背後に国際的な犯罪組織が関与しているとしています。
地元メディアによるとプルトニウムを手に入れようとしたとも報じられていますが、3年前に日本人が同様の犯行で捕まった際にも不思議な報道がされていたようなので、公式な発表を待ちたいと思います。

イタリアで偽米国債470兆円押収 詐欺グループ逮捕 背後に国際的な犯罪組織

不思議なのは、国債は国が発行する公債で利率などに応じて購入者は利息を受け取ることが出来るのですけれど、今回のように調べたら偽物と分かるものに利息が支払われるわけもないのです・・・。
なので見せ金として利用するくらいしか利用できないのでしょうけれど、国債も最近は電子化していますし、未だにこんな犯罪が起きるのが不思議でたまりませんね。
続きを読む イタリアで偽米国債470兆円押収 詐欺グループ逮捕 背後に国際的な犯罪組織

座礁したイタリア豪華客船の船長に禁固刑2697年の求刑

イタリアの豪華客船コスタ・コンコルディア号が座礁した事故で、フランチェスコ・スケッティーノ船長に検察側は、2697年の禁固刑に相当すると書面を提出しているそうです。

座礁したイタリア豪華客船の船長に禁固刑2697年の求刑

座礁事故の際に乗員乗客を残し逃亡した際のやり取りの動画や、直前に愛人の女性と過ごしていたことが報道やネットで批判されていましたが、検察側が示した船長の罪の内訳は以下のようになります。

故意による殺人罪で15年
客船を座礁させた罪で10年
船長が船から避難してしまった際に取り残された乗客300人に対する責任として、1人につき8年で2400年
34人に及ぶとみられる死者に対する責任として、1人につき8年で272年

座礁の責任や死傷者の出る事故にも関わらず、救助活動もせず逃げたという点が問題なのかもしれませんね。
続きを読む 座礁したイタリア豪華客船の船長に禁固刑2697年の求刑

「すき家」抜き打ちの防犯指導さなかに強盗

強盗事件の相次ぐ牛丼店「すき家」で26日にも国分寺の店舗に刃物を持った強盗が現金を奪う事件が起きたとのことです。
「すき家」は警察庁に今月防犯体制の強化を要請されていたばかりで、26日朝にも警察がすき家の各店舗に抜き打ちの防犯指導をしていたさなかでした。

このニュースのタイトルでビックリして読みに行った口ですが、どうも、警察が抜き打ちで入った店とは違う店舗で起きた事件だそうです。

それにしても、警察の要請には深夜も従業員を一人にしないということを指導されてなかったのでしょうか。
すき家が強盗に狙われる原因って、強盗が入りやすいとかお金を取りやすいと感じていることにほかならないでしょう。
防犯カメラとか券売機とかレジの配置とか、見直すべき点は多いのですが、セキュリティのように人命や犯罪抑止にはコストを掛けるべきと思います。

また、こういった強盗が入りやすいということがニュースやネットで広まってしまうというのは良くない現象ではないでしょうか。
すき家祭りは牛丼だけにして欲しいものです。
続きを読む 「すき家」抜き打ちの防犯指導さなかに強盗

世田谷住宅床下から「ラジウム」原発とは無関係。今後、別の場所へ保管予定

東京都世田谷区弦巻5丁目の歩道の一部から高い放射線量が測定された問題で、この放射線は隣接する住宅の床下の箱の中にあった瓶に入っていた放射性物質「ラジウム」が原因であり、福島の原発とは無関係と判明しました。問題の瓶は文科省が昨日のうちに鉛の容器に密閉したところ、周辺の放射線量は0.1~0.3マイクロシーベルトまで下がったとのことです。
問題の歩道では高い放射線が検知されていたのですが、放射性物質の入ったガラス瓶が見つかった住宅の板塀の所だけ放射線が高く、アスファルトは値が高くない状態だったとのことで、昨日は通学路になっていた問題の場所を避けるよう迂回して通学する対策がとられたそうです。今後住宅から別の場所に移して保管する事になっています。

世田谷住宅床下から「ラジウム」原発とは無関係。今後、別の場所へ保管予定

世田谷の高放射線量、原発事故と無関係。住宅床下の瓶の中身は「ラジウム」とみられる。 | CUTPLAZA BLOG
東京・世田谷区の高放射線量、隣接する住宅の床下の箱の中にあった瓶が原因 | CUTPLAZA BLOG

東京電力福島第一原発の事故の影響で、日本の各地でホットスポットと呼ばれる放射線の高い数値が計測される場所が検知されるケースが増えています。
今回の放射性物質の発見は、ホットスポットが無いか調べていた経緯で判明したのですが、こういう原発とは関係ない形で放射線が検出されるケースもあるのだということですね。
マスコミはこぞってこの謎のホットスポットが原発由来のものではないかと報道していたところもあったようで、某フジテレビのニュース番組司会者小倉智昭さんは「世田谷のド真中で出たということは、ここ1か所だけとは考えられませんね」と発言するも出演していた首都東京大学の福士政広教授に「そういうことも考えられますが、普通、その場合は周りの地面も高い数値になるので、ここのケースはレアケースと考えています」と否定されていたようです。
また、住民の方はこの瓶について知らなかったと話しているようですか、ネットでは「東電の仕業」などと根も葉も無い噂が出ていたりもするようです。

ラジウムというのはキュリー夫人の伝記を読んだ時くらいにしか目にしたことがなかったのですが、ラドン温泉(ラジウム温泉)はラジウムが壊れて発生したラドンを含む温泉で治療を目的としているようですし、昔は塗料などでもラジウムは利用されていたことがあるようです。
ただ、現在では放射線が問題となるために取り扱いや処分方法が法律で決まっているようです。
今回の瓶入りラジウムは、そうした時代に取り残され処分されずにそこにあったものである可能性が高いということです。
続きを読む 世田谷住宅床下から「ラジウム」原発とは無関係。今後、別の場所へ保管予定

脱獄から41年間逃亡、ポルトガルで結婚生活していた男を逮捕

1970年に刑務所から脱獄しハイジャック事件の後に、当時社会主義国家であった北アフリカのアルジェリアに逃亡後、行方が分からなくなっていた受刑者の男が27日、ポルトガルで警察に身柄を拘束されました。脱獄から41年間が経過していました。
FBIの発表によると受刑者の男はポルトガルからアメリカに引き渡され残りの刑期を服役することになりますが、ハイジャックの刑期が加算されるかは不明としています。

脱獄から41年間逃亡、ポルトガルで結婚生活していた男を逮捕
脱獄から41年間逃亡、ポルトガルで結婚生活していた男を逮捕

脱獄から41年間逃亡していたジョージ・ライト受刑者は20年ほど前からポルトガルのシントラに住んでいて、ポルトガル女性と結婚し2人の子どもと暮らしていたとのことです。

脱獄から41年間逃亡、ポルトガルで結婚生活していた男を逮捕

また、住人によるとジョージ・ライト受刑者は「つきあいやすい人だった」と印象を語っています。
続きを読む 脱獄から41年間逃亡、ポルトガルで結婚生活していた男を逮捕

愛媛大生を逮捕「爆発止めたければ50万円投函を」

愛媛大生を逮捕「爆発止めたければ50万円投函を」 – MSN産経ニュース

 松山東署は27日、恐喝未遂容疑で松山市三番町、愛媛大生、江口猛容疑者(22)を逮捕した。
 逮捕容疑は27日午前3時ごろ、松山市の無職女性(76)方の郵便受けに「あなたの家にプラスチック爆弾を仕掛けた。爆発を止めたければ現金50万円をポストに投函(とうかん)してください」と書いた手紙を入れた疑い。
 同署によると「借金があり、お金がほしかった」と供述。爆発物は見つからなかった。

これ近所なんだけど、一人の家じゃなくてその周辺の家に複数投函していたらしい。

それで刑事が各家庭に事情聴取に回っていたけど、それを聞いた家族が
「本当に警察かどうか分からない人に色々喋ってどうする」とおばあちゃん怒ったらしいのね。
おばあちゃん、警察に「本当に事情聴取に回っていたのですか」と警察に電話したら「ご安心下さい。警察官が回っておりました。」だって。
色んな所に迷惑かけた事件なんだナァと思う。
続きを読む 愛媛大生を逮捕「爆発止めたければ50万円投函を」

光市母子殺人事件で元少年に死刑判決

別所にてまとめをしていたので、あまりここでは内容について突き詰めて発言しませんが、ようやく一つの区切りがついた形でしょうか。

一つの結果が出たけれど、本村さんの亡くした奥さんお子さんやが返って来るわけでもない。
そこになんとも言えず哀しみを感じてしまう。
続きを読む 光市母子殺人事件で元少年に死刑判決

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...