「僕は友達が少ない.平坂読.アニメ」タグアーカイブ

「僕は友達が少ない」実写映画化について著者、平坂読先生のメッセージをお読みください。

エキストラ募集で「僕は友達が少ない」の実写映画化がバレてしまった問題で、「僕は友達が少ない」の著者の平坂読先生が実写化にまつわる問題について読者向けのメッセージを公開しています。
それによると『実写映画化のオファーが来たのは2011年の6月で、テレビアニメ第一期の制作も順調』だった時期のようで、実写化は以前から企画されたようです。
また、『個人的には『はがない』は実写に向いた内容ではないと思っているので、オファーがあったとき反対か賛成かで言えばはっきりと反対でした。が、当時ライトノベル業界の未来に強い危機感を抱いていた僕は、「小さなパイを奪い合い、せっかくの優れた作品や作家が次々と埋もれていくような現状を打破するには、市場に新しい人を呼び込むための(漫画化やアニメ化やゲーム化以上の)大胆な動きが必要なのではないか」という考えから、相当迷いながらも許諾を出した』ものであり、
制作に関わらないと決めており『脚本の内容やキャスティング』も知らないけれど、『編集部に確認したところ、現在ネット上で出回っているキャストについてはデマ』であるとしています。

「僕は友達が少ない」実写映画化について著者、平坂読先生のメッセージをお読みください。

僕は友達が少ない (MF文庫J)
僕は友達が少ない (MF文庫J)

「僕は友達が少ない」が実写映画化?配給は東映 早くも剛力説浮上でファンを震え上がらせる | CUTPLAZA DIARY「僕は友達が少ない」が実写映画化?配給は東映 早くも剛力説浮上でファンを震え上がらせる | CUTPLAZA DIARY

今回の実写映画化を受けてファンの間で『実写映画の制作中止を求める署名活動』が行われている件については、『たとえどれだけ気に入らないのだとしても、潰そうとするのではなく、単に無視していただくわけにはいかないでしょうか』『気に入らないものを力ずくで排除することの悪性を、僕は自分の作品の中で何度も書いてきたつもりです。このことは、読者の皆さんにきっと伝わってくれていると信じています』と要望しています。

気に入らないから制作を潰そうという動きはどうかと思う反面、平坂読先生は映画製作には関わらないものの「無理に小説の内容を再現するのではなく、独立した一本の実写映画作品として面白いものを作ってください」と伝えているそうですが、往々にしてアニメや小説の原作を無視した脚本で製作された実写ドラマや実写映画がつまらなくなってしまうことはよくありました。
また、キャラクターに合わない配役があったことを踏まえてのファンの反応というのもあるわけで、それらの意見を排除することも出来ないはずなのですね。

ただ、先日公開された「図書館戦争」などは実写映画化された作品でもずば抜けて面白く、配役もハマっていました。
「僕は友達が少ない」も素晴らしい作品になることを願いつつ完成を待つことにしましょう。
平坂読先生も『二年前の自分の決断を肯定するにしても否定するにしても、実際に完成した作品を観てからにしたい』と締めくくっています。
続きを読む 「僕は友達が少ない」実写映画化について著者、平坂読先生のメッセージをお読みください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...