「西原理恵子」タグアーカイブ

漫画家 西原理恵子「学校はいじめられてまで行くようなところじゃない。欠席してください。そして16歳まで生き延びてください」

朝日新聞のいじめに関して様々な人が話をしている「いじめと君」で、漫画家の西原理恵子先生が、「いじめられている君へ」としていじめられたら嘘をついていいから仮病で学校を休むようにと話しています。
学校に行かないことは勇気だと、「人を傷つけたり盗んだりするのでなければ、うそって大事」と、ご自身も過去の経験から不登校の漫画を描いた事のある西原理恵子先生。
戦場カメラマンの夫・鴨志田穣さんが生前、何度も銃をつきつけられたけど、一番怖かったのが少年兵と話していた理由が「少年兵は物事の重大さが分からず、簡単に人を殺しちゃう」というように、子供はそういう生き物なのですね。
「いくら紛争地帯でも、年間3万人も死ぬことはそんなにありません。でも、日本ではそれくらいの人々が自殺しています。」というように、自殺が社会的問題となっている日本では、紛争地帯で戦争の犠牲になるよりも人が自分で死を選んでいる状況が生まれています。
だからこそ、そんないじめられる状況にあうよりも「学校は、いじめられてつらい思いをしてまで行くようなところじゃない。長い夏休みだと思って、欠席してください。そして、16歳まで生き延びてください。」とおっしゃっています。

漫画家 西原理恵子「学校はいじめられてまで行くようなところじゃない。欠席してください。そして16歳まで生き延びてください」

この話に「自殺は16歳以上でも起きている」という声も出ています。それもそうでしょう。ただ、社会における自殺の原因はパワハラとか人間関係が関わっている場合も少なくありません。子供は大人の鏡です。大人の世界で起きている縮図です。

16歳になったら高校も「通信制高校やフリースクール、いわゆる大検」があります。
高校でやり直すという考えはいいと思います。
その先のしたいことへ向かう希望が出来るかもしれませんね。

それから、私も中学時代にいじめられそうになった経験があります。
椅子に糊(のり)や画鋲を一緒に付けられていたことがあるのですが、嫌がらせでそれをした生徒の座っている机に椅子を乗せて「元に戻せ」と、半分泣きながらですが言っているところに、英語の教師がやってきて、事情を聞いた教師はその生徒が白状したのを確かめてビンタをした後、生徒は職員室に連れて行かれました。
今はそういう教師が体罰をすると問題になる時代かもしれません。
ただ、それで救われていた生徒もいましたし、いじめをする側もそれ以上は嫌がらせをしませんでした。

自殺した生徒のアンケートを隠したり、加害生徒をかばう教育委員会や学校があったと聞きます。
今はそのように、大人が子供を救わないこともありうる時代なので、いじめられても助けてくれないと感じたら、学校に行かないという勇気を出してみるのもひとつの方法かもしれませんね。
続きを読む 漫画家 西原理恵子「学校はいじめられてまで行くようなところじゃない。欠席してください。そして16歳まで生き延びてください」

お笑い芸人のくわばたりえ「お母さんは頑張らんでいいと思う 手を抜く事を 頑張ればいいと思う。」

お笑い芸人のくわばたりえさんは自身のブログで育児をがんばっているお母さんに向けて「お母さんは頑張らアカンねんで!頑張って!なんてちっとも思わへん 頑張らんでいいと思う 手を抜く事を 頑張ればいいと思う。」と大変な育児についてアドバイスしています。また、「今 どん底にしんどいママさん お風呂の時 すぐ体洗わんと裸で裸の子供を抱きしめてみてください。」と提案しています。

しんどいよな|くわばたりえオフィシャルブログ「やせる思い」 by Amebaしんどいよな|くわばたりえオフィシャルブログ「やせる思い」 by Ameba

またさいばらりえさん(漫画家の西原理恵子先生)が、なにか食育についておっしゃったのかと思ったらくわばたりえさんだったw

いや、西原理恵子先生の食育の時にも色々賛成反対に別れたけれど、全体の子育ての何割かでも手を抜くのは大事という話なんですよね。
ただでさえ家事に忙しいのに誰も助けてくれないというのは大変でしょうし。
無論、食に関しても子供には栄養のあるものをバランスよく与えるのが大事でも、1日の何処かで取り戻せばいいという考え方であって、アメリカやイギリスの話を持ち出して食育が大事という話ではないですよね。
続きを読む お笑い芸人のくわばたりえ「お母さんは頑張らんでいいと思う 手を抜く事を 頑張ればいいと思う。」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...