ネットや口コミで噂される育毛法『脱シャンプー』をTomoが評価させていただいています。 

CUTPLAZA

 iTunes Store(Japan)

 
キューティクル専用トリートメント値下げ,000にキューティクル専用トリートメント値下げ\4,000に
CUTPLAZA美容商品
ショッピングカート
ご注文はショッピングカートによりご注文いただけます。
商品のご注文における方法と注意事項
ご注文時には、必ず注文作業後に送られるメールを確認ください。
認証が確認出来ないと商品はお送りできません。
また、ご注文の前に、必ずご注文方法についてお確かめください。
レイラスシャンプー・トリートメントの値上げについて
レイラスのシャンプー・トリートメントの値上げは従来\2,100(税込み)のものが、\2,625となります。
つまり\525ほどが「従来の内容成分および質量(300ml)」のままで値段のみ上がるということです。 もし宜しければ、テクナールシャンプー・テクナールトリートメント各\2,100(税込み)にレイラスから変えていただくことをおすすめします。

【洗い流さないトリートメント】ナノアミノミスト
『痛んだ髪に素早く浸透』 ナノアミノ ミスト(Nano Amino Mist)


正しい育毛・発毛・ヘアケアの仕方や痛んだ髪の治し方などの美容情報をご紹介しています。
また、髪と頭皮に優しいシャンプー・トリートメント等のヘアケア商品の通信販売もしています。

巷で噂される育毛法

ネットを色々見ていますと、時々面白いヘアケアや育毛法が紹介されたりしています。

しかしながら、そうしたヘアケアや育毛法は感心させられるものもありますが、大抵は誤った考え方から広まっているものもあるようです。
また、そうした口コミや噂されるヘアケアや育毛法は、一般の美容の生業とは関係のない方が、独自に広めているので、尚のこと悪いです。
そうした育毛に関する話題には、以下の様なものがあります。

その中の一つに『脱シャンプー(シャンプーを減らしお湯でよくすすぐ)』というものがありました。

脱シャンプーとは

脱シャンプーとは、以下のようにするそうです。

  • 1. シャンプーは、やりすぎると頭皮の皮脂や油分を取り過ぎるので、2〜3日おきにする。
  • 2. すすぎだけでほとんどの皮脂は取れるので、その2〜3日の間は、シャワーのお湯のみすすぐ。
  • 3. すすぎの際、時間を長くかけて頭皮を良く流す。
  • 4. 2〜3日後、すすぎで落としきれなかった皮脂や油分をシャンプーで洗い流す。

確かに、洗浄力の強すぎるシャンプーにて洗い過ぎると、頭皮に必要な量の皮脂や油も取り除いてしまいますから、代謝の関係で余計に皮脂過多になったり、頭皮が乾燥してしまったり、雑菌に侵されて頭皮が炎症を引き起こしてしまったりします。

なので頭皮が乾燥しやすい人には、この方法は良い様な気もしますが、結局の所、毛穴の中の洗浄が不十分になって、それにより毛穴が詰まってしまい、皮脂が酸化し過酸化物になり、余計に微生物が繁殖する事で、頭皮が炎症などを引き起こしたり、髪が生えにくくなったりしやすくなる可能性があります。

また、もともと脂性の頭皮の人は、この方法をする事は上の例以上のデメリットが伴う為、避けたほうが良いと思います。

脱シャンプーの由来

この話の元は、

「昔の人は、シャンプーをしなかった。だから髪の毛も健康だったはずだ」

という所から由来するようです。

昔は、頭をあまり洗うことも無く、しかも男子も女子も皆、セッケンで洗っていたようです。
セッケンは確かに洗浄力が強く、アルカリ性のPHなので、あまり頻繁に洗わないほうが良いです。(石鹸の質や種類によります。)
しかし当時の人たちはその為に、頭には『毛じらみ(しらみ)』や『蚤(のみ)』といった「寄生虫」がわいて、様々な皮膚病にかかる人が多く、当然、フケ症の人も多く、あまり衛生的ではなかったのですが、そのことについてはあまり語られていないようです。

脱毛症の歴史

もちろん昔にも、ハゲ(脱毛症)の人はおり、日本では醍醐天皇(879〜930)の時代(飛鳥から平安頃)に髪の薄い逆髪姫に蝉丸公という人が、始めて『カツラ』のようなものを考案し渡したとされています。

また、海外ではもっと時代が古く、古代エジプトの人たちが装飾にカツラを用い、カツラをつけたミイラも発見されています。

古代ローマでもそのカツラをつける風習は残り、17世紀以後のフランスで全盛期を迎えています。
その中で有名なのはルイ14世が男性型脱毛症だったルイ13世に次いでカツラをつけることで、フランスの宮廷では男女ともに着用していたようです。
イギリスの法廷では弁護士も判事もカツラをつける風習が今なお残っていますが、当時の人たちもハゲ(脱毛症)に悩む人たちは多かったようです。

皮膚ダニ(デモデックス)

ちなみに現代でも『皮膚ダニ』という生き物が頭皮の毛穴(毛包)に住んでいて、不潔にしているとこれが元で、炎症を引き起こしたり、毛穴の中で栄養を吸い取りますから、脱毛の原因になったりします。

皮膚ダニ皮膚ダニとは(別名 毛包虫、ニキビダニ、デモデックス)
生後数日の赤ちゃん以外の人の皮膚(顔、頭皮)に寄生しています。
その割合は成人の97.68%になります。

皮膚ダニは,毛の生えているくぼみ(毛包)に住んでいます。
特に多いのは、顔や頭、外耳道、胸、臀部、外陰道など皮脂の分泌の多いところに住んでいます。

体長は,0・4mm、幅は0・05mmで、毛包の中で皮膚の垢や、皮脂を食べて生きているものと思われます。

左の図は、もう成虫で4対の足を持っています。このダニが,毛包の中で卵を生み、幼虫、若虫を脱皮を繰り返しながら、毛包の中で成長していきます。

育毛とは、またお話が変わるわけですが、また、最近小学生ぐらいの子供たちで、『しらみ』が発生したりする事があります。
清潔な生活を送っている現代でなぜ?っと思われるかもしれませんが、これは、海外との交流が増えたというのが有力な説です。
その事とあわせて、今の人は昔に比べ非常に抵抗力が無い場合が多く、かつ洗い方も雑だったりするので、そうした『しらみ』がわいてしまう子が増えているのかもしれませんね。
大人も子供も、頭皮を清潔にするほうが良さそうです。

ヘアケア商品・通信販売 - ヘアケア商品リスト



ショッピングカート
ショッピングカート・カテゴリー別

TOPへ戻る▲

CUTPLAZAのおすすめ商品

ナノアミノ デザインリペア ミスト(180ml)ナノアミノ デザインリペア ミスト(180ml)¥4,095(税込み)
痛んだ髪に素早く浸透し、カラーやパーマで失われたCMC(毛髪細胞膜複合体)を補給
ダメージヘアを内側から修復、熱によるダメージもしっかり防ぎ、スタイリングを思いのままに


脱シャンプーと育毛シャンプーとの実験結果と比較

今回、成人男性をモデルに以下の方法で実験してみました。

  • 1. Tomoがモデルの頭をお湯のみですすぎました。
    すすぎ時間は10分間。頭皮をやさしくシャンプー剤はつけず延々マッサージしながらすすぎます。
    その後、リンスの類はせず、完全ドライをし、ファイバースコープで撮影しました。
  • 2. Tomoがモデルの頭をシャンプーをしました。
    すすぎ5分→シャンプー5分→すすぎ5分→シャンプー10分→すすぎ5分といった感じです。
    その後、リンスの類はせず、完全ドライをし、ファイバースコープで撮影しました。

実験(すすぎ・シャンプー)前のモデルの頭皮と毛穴の状態

実験前の頭皮と毛穴の状態。実験前の、すすぎもシャンプーも一切していない状態です。

肉眼ではモデルは普通の頭皮の状態に見えましたが、かなり皮脂が頭皮全体を覆い、フィルム状の皮脂の膜を作ってしまっています。

毛穴の周りもふさがれているため、これでは髪の毛根に酸素も届きませんし、皮脂が酸化して、過酸化物になり炎症を引き起こしかねません。

このままいけば、間違いなくハゲ(脱毛症)への道へと、まっしぐらだと思います。

そのくらい、脂性の危険な頭皮の状態でした。

これは特別な例かというと、そうでもありません。
結構、普通の人でも男性女性を問わず、似たような状態になっていることが多いです。
とにかく、頭皮はきれいな状態でないと健康な髪は生えません。

すすぎ10分後、完全乾燥したモデルの頭皮の状態

すすぎ10分後、完全乾燥したの頭皮と毛穴の状態。Tomoがモデルにすすぎを10分間し、シャンプーはせず完全乾燥した状態です。
美容師であるTomoがしっかり10分間すすぎをしていますか゛、かなり一生懸命マッサージしつつ常にお湯で流し続けた状態です。
全然頭皮を覆う、フィルム状になった皮脂の膜も取れていないでしょう?

すすぎは確かにある程度の汚れは落としますが、決してシャンプーの代わりにはなりません。

育毛における頭皮の『洗浄』というのは、「毛穴に詰まった余分な皮脂・ホコリ、またはシャンプー・トリートメント・リンス・カラーリング剤などによる根詰まりを洗浄し取り除く事を目的とします。」

健康で清潔な頭皮と毛穴を保っていてこそ、健康な髪の毛が生えてくるわけです。

頭皮の洗いすぎによる皮脂の取り過ぎや合成界面活性剤の薬害を心配して、「脱シャンプー」という発想が生まれたのでしょうが、シャンプーの洗いすぎや合成界面活性剤の問題は『頭皮に優しい植物由来の界面活性剤を使ったシャンプー』を使うことでカバーできます。

Tomoがモデルをシャンプーした頭皮と毛穴の状態です。

Tomoがモデルに『正しいシャンプー』を施した頭皮の状態です。

Tomoがモデルに『正しいシャンプー』を施した頭皮の状態です。
前回、お湯ですすぎのみの『お湯シャン』では取り除けなかった、フィルム状の皮脂の膜が取り除かれ、且つ毛穴の周りがきれいにポッカリ穴が開いた状態になりました。

頭皮に皮脂が幕を張った状態や毛穴に皮脂が溜まっていると、一番いけないのは、頭皮からの分泌物と外部の汚れとが結びついて、雑菌が繁殖をし、その雑菌が頭皮に刺激を与える事で、皮脂が酸化し頭皮に炎症を引き起こします。
炎症が起こることで、脱毛を促進させてしまうのです。
まずこれが一点。

次に毛穴が皮脂で潰れている事で、髪の毛自体が伸びにくく且つ、細い髪の毛になつてしまいます。
そのまま続ける事で、次第に毛穴自体も収縮し、髪の毛は伸びにくい環境になってしまいます。

よく脱毛症になると、「洗いすぎると髪の毛が抜けるから、シャンプーを控えよう」という意志が働くようです。
しかし、抜け毛はヘアサイクルで定期的に自然と抜けてしまうものですから、気にしないようにしましょう。

抜け毛を恐れて洗髪をしないことのほうが、頭皮や育毛にはかえって良くありません。
髪に栄養を与え、雑菌を繁殖させない事がとても大切です。

シャンプー後のモデルを頭皮洗浄した頭皮と毛穴の状態です。

シャンプー後のモデルを頭皮洗浄した頭皮と毛穴の状態です。

Tomoがシャンプー後のモデルをさらに頭皮洗浄した頭皮と毛穴の状態です。

シャンプーで頭皮から出る皮脂等の分泌物や外部からの汚れは、ほとんど取れることは証明されました。

しかし、まだ全体的に頭皮や毛穴には汚れが溜まっています。

これを取り除く為にビーワンバランスによって、頭皮や毛穴に残った汚れを取り除きました。

循環器という一定の量の液体を循環させながら頭皮にかけながら洗浄できる器具を用いました。

サロン用の器具ですから、お家では使用することは出来ないと思いますが、CUTPLAZAに直接いらっしゃったり、お家でもビーワンバランスを頭皮に100ccパッティングする事で、同様の効果を得る事が出来るかと思います。

頭皮の皮脂を取りすぎるのは良くないと、危惧される方も多いかと思いますが、ビーワンバランスは、天然の水のみを加工して、育毛に使用できる状態にした「水」です。
ですから、必要以上の皮脂を取り除く事はありませんが、その他の成分を取り除く特性や水のクラスター(分子結合)が小さいおかげで、髪や頭皮に浸透し普通の水道水のように、カルキの害や、すぐ蒸発をせず、髪や頭皮を保湿し潤いを与えてくれます。

脱シャンプーにおける結論

脱シャンプーの話の根底は、「昔の人はシャンプーしなかった」という事でしょう。

しかし、昔は食事も質素なものが多く、当然和食ですから、肉より魚がより多く、魚より穀類や野菜類が多かった時代です。

今日の日本における食事の欧米化は、日本人の体格や体質を変えて皮脂も多量に分泌されやすくなったり、環境悪化などが原因で、アレルギー体質の方も増えました。

また、空気汚染も進んでおり、外部の汚れも溜まった皮脂と結びつきやすくなり、頭皮が炎症を引き起こしやすくなっています。

丈夫で健康な髪の毛は、植物に例えたら健康な土壌からしか生えてきません。

健康な髪の毛を生えさせるためにも、頭皮は常に清潔な状態を保ち、髪に栄養や水分が届くようにしておきましょう。

化学的な界面活性剤を用いたシャンプーを使って起きた弊害により、こうした『脱シャン』という実は間違った育毛法が話題に上った一つの原因なのでしょうが、育毛にはTomoがいつも言っているように、『植物由来のシャンプー』である『プレーネゲルシャンプー』や『KTシャンプー』を使用しましょう。
また、それとともに『ビーワンバランス』を使うことで、頭皮の状態が整い、育毛効果が増します。

その上での、育毛剤『育露』の使用が、もっとも効果的な育毛法なのです。

TOPへ戻る▲




ドクターシーラボ




Warning: include(test/copyright.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/chu.jp-plaza/web/hair/templateindex.php on line 149

Warning: include(test/copyright.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/chu.jp-plaza/web/hair/templateindex.php on line 149

Warning: include(test/copyright.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/users/0/chu.jp-plaza/web/hair/templateindex.php on line 149

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'test/copyright.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.2/lib/php') in /home/users/0/chu.jp-plaza/web/hair/templateindex.php on line 149
- Tomo. CUT PLAZA

美容室 カットプラザ ヤマモト
CUTPLAZA(カットプラザ)はリンクフリーです。
リンクの際のアドレスは http://plaza.chu.jp/ にお願いします。詳細やバナーはリンクページにあります。

髪の悩みと正しい育毛法などの美容関連

髪の悩みと正しい育毛法などの美容関連と美容師Tomo絵日記更新サイト - CUTPLAZA