CUTPLAZAの美容ウンチク集

理髪店のあの縞模様の看板の由来


理髪店の店先には赤と青と白の縞模様が、ぐるぐる回る棒のような看板が立っています。

これは今現在の商売とはなんの関係もないものですが昔、理髪店がいまの外科医の先駆者であった名残を示すもので、赤は動脈、青は静脈、白は包帯を示しています。

外科医の先駆者と言っても、中性ヨーロッパでは一定の血液を体から抜く事が一つの健康法とされていたのです。
いわゆる「瀉血しゃけつ」と呼ばれているものです。

体に何カ所か傷をつけ、吸い玉という空気圧で血を吸い出す器具をつけ、じっと我慢をし、「悪い血」を体の外に出したのです。

いかにも痛そうな健康法ですが、当時はこれが病気に良い効果があると信じられていたのです。

また、これは浴場で行われていました。体が温まると、血も出やすいからでしょう。

この浴場にいたのが客のひげをそったり、散髪をする理容師さんです。
その為、彼らは血に付いての知識を高め、外科医の先駆者となったわけです。

ところで、彼らは血抜きの際に、患者に一本の棒につかまらせました。
どの理容師もいつも棒と包帯を用意し、使わないときには包帯を棒に巻いて、店の入り口に立てかけておいたのです。

やがてそれが入り口に立てた棒と包帯を使うのは不潔である事から、この棒を赤の縞模様に塗り、広告用としました。

赤い筋は血液を思い起こさせるものでしたが、これが時が経つにつれ、赤と青と白の縞模様へと変わり、人の目を引くようになったと言うわけです。

(c)2004 CUT PLAZA - Tomo. CUTPLAZA

(カットプラザ)はリンクフリーです。
リンクの際のアドレスは http://plaza.chu.jp/ にお願いします。
詳細やバナーはリンクページにあります。 髪の悩みと正しい育毛法などの美容関連と美容師Tomo絵日記更新サイト - CUTPLAZA