「東シナ海」タグアーカイブ

米軍爆撃機、中国設定の防空識別圏内を事前通報なしで飛行。米国防総省「今後もこれまで通りこの空域で航空機運用をする」

アメリカのウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は26日、米軍のB52戦略爆撃機2機が中国側への事前通報なしに、中国が23日に東シナ海上空に設定した防空識別圏内を飛行したと報じました。「領有権争いのある島しょ部」としており、沖縄県・尖閣諸島上空も含まれているとみられています。
ウォール・ストリート・ジャーナルは中国による防空識別圏設定に対する米側の「直接的な挑戦」としています。
アメリカは中国の主張を認めず、中国の設定した防空識別圏内での訓練や作戦行動を変えない姿勢を示していましたが、米軍機飛行を公表することで、アメリカとしての意思を明確にする目的もあるとみられます。

米軍爆撃機、中国設定の防空識別圏内を事前通報なしで飛行。米国防総省「今後もこれまで通りこの空域で航空機運用をする」

米国防総省のウォレン報道部長は26日、記者団に「アメリカ東部時間の昨夜、アメリカ軍の爆撃機2機が訓練の一環として、中国が設定した防空識別圏を飛行した」と述べ、日本時間の26日、アメリカ軍の爆撃機が中国の防空識別圏の中を初めて飛行したことを明らかにしました。
また、爆撃機が飛行する際、中国が求める飛行計画の提出など事前通告は行わなかったものの、中国側から特段の反応はなかったと説明しました。

米軍は公海の上空は国際法上、自由に飛行が認められているとして、今後も、中国側が求める飛行計画の提出などには応じず、これまでどおりこの空域での航空機の運用を続ける方針としています。

米軍爆撃機、中国設定の防空識別圏内を事前通報なしで飛行。米国防総省「今後もこれまで通りこの空域で航空機運用をする」

ホワイトハウスのアーネスト副報道官は、26日、記者団に「地域を不安定にする必要のない挑発行為だ。意見の違いは、脅しや挑発的なことばで、対処されるべきではなく、外交的に解決されるべきだ」と述べ、改めて中国側の対応を批判しました。

日本の小野寺防衛大臣は防衛省で記者団に「中国の防空識別圏は一方的に設定されたもので、いち早く撤回していただきたいし、認められない」と述べ、「アメリカも同じスタンスで対応している。アメリカ軍が普通に今まで飛行していたところを、通常飛んでいるということだ」として米軍は通常通りの運用をしていると指摘しました。
また、自衛隊機の運用で中国が求める飛行計画を提出するかどうかについても小野寺防衛大臣は「当然、必要ないことだ。従来どおり、通常の警戒・監視の態勢を取っていく」と述べ、自衛隊機もこれまでどおり、飛行させる考えを示しました。
加藤官房副長官は午前の記者会見で「政府として米軍の行動についてコメントする立場にはない。日米間ではこれまでも緊密に連携しており、引き続き、さまざまな国際社会も含めてアメリカとは緊密に協力、連携していきたい」と述べ、記者から米軍の爆撃機の飛行は日米間ですり合わせかという問いに「別に『すり合わせ』という意味ではなく、それはあくまでも米軍としての行動だろう」と回答しています。

中国、日本領海や防空識別圏と重なる防空識別圏を発表。外務省抗議も中国大使が却下。日本や米国に軍事においても強硬姿勢 | CUTPLAZA DIARY中国、日本領海や防空識別圏と重なる防空識別圏を発表。外務省抗議も中国大使が却下。日本や米国に軍事においても強硬姿勢 | CUTPLAZA DIARY

日本の領海と防空識別圏

日本の領海日本の防空識別圏

中国メディアの新華経済は同じく中国共産党系の新聞の青島日報が報じた「カナダメディアは日中が軍事上で対峙した場合、中国の人民解放軍が日本の自衛隊を圧倒するだろうと報道した」という中国ソースの報道をしています。(※カナダには中華系の移民がおり、中国メディアがある。)

中国は中国初の空母「遼寧」を26日午前、山東省・青島から南シナ海に向けて出港したそうですが、航路によっては沖縄県の尖閣諸島や先島諸島に近づく可能性もあり、南シナ海での領有権問題が起きているフィリピンやベトナムが反発が起きるとみられます。

中国はなにか勘違いをしているのかもしれませんが、中国が強硬な軍事活動をした際に対応をするのは、世界中に米軍を展開しているアメリカと、アメリカと同盟関係や協力関係にある国々です。
中国が軍事的に他国の領土に進行した場合、中国を支援してくれるのは北朝鮮とパキスタンぐらいのものです。
朝鮮半島にも中国同様勘違いして親中反日活動している国がありますが、中国に擦り寄ったあげくにアメリカとの同盟国の一つである日本について批判を続けているわけですが、米軍再編で現在は日本にある米軍のほうが規模が大きくなっていることを忘れてはいけません。

中国国内の情勢がうまくいってないことへの焦りが中国共産党にあるのかもしれませんが、こうした中国の威圧的な姿勢はASEANを始め、世界から中国は孤立していくことになります。
続きを読む 米軍爆撃機、中国設定の防空識別圏内を事前通報なしで飛行。米国防総省「今後もこれまで通りこの空域で航空機運用をする」

中国、日本領海や防空識別圏と重なる防空識別圏を発表。外務省抗議も中国大使が却下。日本や米国に軍事においても強硬姿勢

中国政府は23日、東シナ海海上での戦闘機による緊急発進(スクランブル)の基準となる「防空識別圏」を発表しました。
中国の発表した防空識別圏によると、日本の領海や防空識別圏と重なっており、沖縄県の尖閣諸島上空周辺が含まれています。
今後、日本上空での日中間の緊張が一層高まるとみられています。

日本の領海と防空識別圏

日本の領海日本の防空識別圏

日本の領海と中国の主張する領海、中国政府発表の防空識別圏

中国、日本領海や防空識別圏と重なる防空識別圏を発表。外務省抗議も中国大使が却下。日本や米国に軍事においても強硬姿勢中国、日本領海や防空識別圏と重なる防空識別圏を発表。外務省抗議も中国大使が却下。日本や米国に軍事においても強硬姿勢

尖閣諸島周辺の海底には豊富な海底資源があるとされ、最近になって沖縄までも中国の物であるという主張を始めています。

尖閣諸島周辺の海底資源

尖閣諸島周辺の海底資源

これまでにも沖縄の尖閣諸島周辺を中国の船が進入を繰り返していましたが、最近になって中国は航空機や無人機による日本の領空侵犯を繰り返し行なっており、日本の 防衛省統合幕僚監部が2013年4月17日に2012年度の航空自衛隊のスクランブル回数を発表していますが、前年度より142回増えた567回となっており、22年ぶりに500回を超えていました。国別の内訳ではロシアが44%、中国が54%であり、中国に関しては前年度の156回から306回に増えていました。

防衛省は23日にも東シナ海上空を飛行している中国軍の情報収集機「TU154」と「Y8」の2機に対して、航空自衛隊の戦闘機をスクランブルさせています。
領海侵犯はなかったものの、自衛隊機が動向を監視するため追尾を続けたところ、2機のうち1機は、尖閣諸島の領空の北方約40キロまで接近、その後、2機は進路を変更し、中国本土の方向に飛び去りました。

中国が防空識別圏を発表する前日22日付の中国共産党機関紙、人民日報では、中国の王毅外相が19日、共産党が開いた報告会の中で、沖縄県・尖閣諸島や歴史問題をめぐる日本の対応を念頭に「日本側は現実を直視し、言動を慎み、中国の主権と権益を再び損ねるようなことをしてはならない」と批判していたと伝えていました。

また、東シナ海だけではなく南シナ海でもフィリピンやベトナムの領海について、中国が領海を主張している問題が起きており、10日に開かれた東アジアサミットにて、中国の李克強首相は当事国以外が「口出しするべきではない」と述べ、米国などの介入を牽制しました。

南シナ海でも他国の領海を中国の領海と主張(赤い線)

南シナ海でも他国の領海を中国の領海と主張(赤い線)

外務省は中国の防空識別圏設定をうけて中国大使館の韓志強公使に電話で「我が国固有の領土である尖閣諸島の領空を含むもので、全く受け入れることはできない。不測の事態を招きかねない非常に危険なものだ」と抗議しました。
読売新聞によると中国の韓氏は「本国に伝える」と応じたとされますが、中国メディア・環球網によれば韓氏は「その場で日本側の抗議申し出を却下した」とし、尖閣諸島は「中国の領土」であり、その空域は中国の領空であると強調するとともに「日本に四の五の言う権利はない」「中国政府が設定した防空識別圏は、国家の主権、領土、領空の安全を守るためのものであり、特定の国や目標を定めたものでも、関連空域の通過の自由に影響するものでもない」と語っていたと伝えられています。

アメリカ政府も中国の防空識別圏設定を受けて外交・軍事双方のルートで懸念を伝えており、ヘーゲル国防長官は米国の対日防衛義務を定めた日米安保条約第5条が尖閣諸島に適用されるという「米国の長年の政策を再確認する」と釘を刺し、ケリー国務長官は「東シナ海の現状を変えようとする一方的な行動だ」とした上で中国がスクランブルを出すという構えを見せていることについて「実行しないよう促す」と要求しました。ヘーゲル長官も地域を「不安定にする試みとみなす」と述べ「今回の中国の発表を受けても、この地域で米国がどのように軍事作戦を遂行するかには一切変更はない」と明言、米国家安全保障会議(NSC)のヘイデン報道官は「米国や同盟国の権益に影響する事態の成り行きを非常に懸念している。中国にはわれわれの強い懸念を伝えており、地域の同盟・パートナー諸国と緊密に連携していく」と述べました。

中国がこのような強硬な姿勢を見せている背景には領土や歴史問題をめぐり対立する日本を意識した動きとみられていますが、日本の外務省は在中国日本大使館のに対し18日付で帰国命令を出しており、沖縄県・尖閣諸島の領有権をめぐり日本と中国が激しく対立している中、対中国外交の司令塔となる政務公使が2ヶ月以上不在という異常事態となっています。

日本の領海等概念図 | 海上保安庁 海洋情報部日本の領海等概念図 | 海上保安庁 海洋情報部

JAPAN-ADIZ 防空識別圏 – Google マップJAPAN-ADIZ 防空識別圏 - Google マップ

エネルギー新発見続々 日本は資源大国になれるの?  :日本経済新聞エネルギー新発見続々 日本は資源大国になれるの?  :日本経済新聞

中国が尖閣上空に防空識別圏設定 空の緊張高まる懸念 – 47NEWS(よんななニュース)中国が尖閣上空に防空識別圏設定 空の緊張高まる懸念 - 47NEWS(よんななニュース)

中国の尖閣含む防空識別圏設定、外務省が抗議 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)中国の尖閣含む防空識別圏設定、外務省が抗議 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
中国公使、防空識別圏への日本の抗議に「四の五の言うな」 2013/11/24(日) 11:11:36 [サーチナ]中国公使、防空識別圏への日本の抗議に「四の五の言うな」 2013/11/24(日) 11:11:36 [サーチナ]

空自機、東シナ海上空で中国機にスクランブル : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)空自機、東シナ海上空で中国機にスクランブル : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

防空識別圏 – Wikipedia防空識別圏 - Wikipedia

【東アジアサミット】南シナ海めぐり中国「口出しするな」 安倍首相は「国際法順守を」 – MSN産経ニュース【東アジアサミット】南シナ海めぐり中国「口出しするな」 安倍首相は「国際法順守を」 - MSN産経ニュース

東京新聞:外務省 異例の帰国命令 政務公使、中国に帰任せず:国際(TOKYO Web)東京新聞:外務省 異例の帰国命令 政務公使、中国に帰任せず:国際(TOKYO Web)

国連に中国、日本の尖閣諸島まで大陸棚拡大申請。韓国も日本の南西諸島の近くまで大陸棚拡大申請

中国は14日、東シナ海の大陸棚を沖縄県の尖閣諸島を含む地域まで拡大するよう求める申請を国連に提出していました。
また、韓国も自国の大陸棚が日本の南西諸島の近くまで伸びているとして大陸棚の拡大を申請しており、自国の大陸棚が日本の南西諸島の近くまで伸びているとして大陸棚の拡大を申請し、国連は26日、申請書を公開しました。

日本の領海

国連に中国、日本の尖閣諸島まで大陸棚拡大申請。韓国も日本の南西諸島の近くまで大陸棚拡大申請

中国韓国の今回の大陸棚の拡大申請は、日本の領地付近海底資源の開発権を狙っているとみられますが、尖閣諸島や南西諸島の領有権を国際的な議論にしたい思惑もあるようです。

これに対し日本政府は、従来から「国際法上、大陸棚を伸ばす申請は沿岸関係国の同意がなければ審査には入れない」という立場をとっています。
続きを読む 国連に中国、日本の尖閣諸島まで大陸棚拡大申請。韓国も日本の南西諸島の近くまで大陸棚拡大申請

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...