「防空識別圏」タグアーカイブ

中国メディア、バイデン副大統領が「習近平に迷惑はかけられない」と民主党の海江田万里氏に本音漏らしてたと報じる

Record China(レコードチャイナ)は中国メディア新聞晩報の記事「バイデン副大統領:習近平国家主席は仕事を推し進める時期にある、面倒をかけることはできない」を紹介しています。
それによると訪日したアメリカのバイデン副大統領が3日、安倍晋三総理大臣と会談した後に共同記者会見の場で中国の設定した防空識別圏について『現状を一方的に変えようとする試みを米国は深く懸念している。この行動は地域の緊張を高め、事故や誤算の危険を高めている』などと中国を批判したことについて、新聞晩報の記事ではアメリカが「中国に対する防空識別圏撤回の要求、そして米航空企業に対する中国当局へのフライトプラン提出中止の措置」について要求を拒否しているとして、その理由として3日午前にバイデン副大統領と会談していた民主党の海江田万里代表は「習近平国家主席は事業を始めた苦しい時期にある。彼に面倒をかけられない」と本心を漏らしていたという話を理由にあげています。

中国メディア、バイデン副大統領が「習近平に迷惑はかけられない」と民主党の海江田万里氏に本音漏らしてたと報じる

3日午前にバイデン副大統領との会談に麻生太郎副総理兼財務相らと一緒に参加していた民主党の海江田万里代表(見切れてもいない)

日午前にバイデン副大統領との会談に麻生太郎副総理兼財務相らと一緒に参加していた民主党の海江田万里代表(見切れてもいない)

安倍晋三総理大臣と共同記者会見したバイデン副大統領

倍晋三総理大臣と共同記者会見したバイデン副大統領<倍晋三総理大臣と共同記者会見したバイデン副大統領<

さて、3日午前にバイデン副大統領と会談していたのは麻生太郎副総理兼財務相や自民党の石破茂幹事長と中曽根弘文・日米国会議員連盟会長や公明党の山口那津男代表、そして民主党の海江田万里代表です。米側からはケネディ駐日大使やラッセル国務次官補(東アジア・太平洋担当)らも出席していました。

そのような場でバイデン副大統領が中国の習近平国家主席に迷惑をかけられないという話をするわけがありません。
しかも海江田万里氏なんかに言うはずがないのです。
続きを読む 中国メディア、バイデン副大統領が「習近平に迷惑はかけられない」と民主党の海江田万里氏に本音漏らしてたと報じる

米軍爆撃機、中国設定の防空識別圏内を事前通報なしで飛行。米国防総省「今後もこれまで通りこの空域で航空機運用をする」

アメリカのウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は26日、米軍のB52戦略爆撃機2機が中国側への事前通報なしに、中国が23日に東シナ海上空に設定した防空識別圏内を飛行したと報じました。「領有権争いのある島しょ部」としており、沖縄県・尖閣諸島上空も含まれているとみられています。
ウォール・ストリート・ジャーナルは中国による防空識別圏設定に対する米側の「直接的な挑戦」としています。
アメリカは中国の主張を認めず、中国の設定した防空識別圏内での訓練や作戦行動を変えない姿勢を示していましたが、米軍機飛行を公表することで、アメリカとしての意思を明確にする目的もあるとみられます。

米軍爆撃機、中国設定の防空識別圏内を事前通報なしで飛行。米国防総省「今後もこれまで通りこの空域で航空機運用をする」

米国防総省のウォレン報道部長は26日、記者団に「アメリカ東部時間の昨夜、アメリカ軍の爆撃機2機が訓練の一環として、中国が設定した防空識別圏を飛行した」と述べ、日本時間の26日、アメリカ軍の爆撃機が中国の防空識別圏の中を初めて飛行したことを明らかにしました。
また、爆撃機が飛行する際、中国が求める飛行計画の提出など事前通告は行わなかったものの、中国側から特段の反応はなかったと説明しました。

米軍は公海の上空は国際法上、自由に飛行が認められているとして、今後も、中国側が求める飛行計画の提出などには応じず、これまでどおりこの空域での航空機の運用を続ける方針としています。

米軍爆撃機、中国設定の防空識別圏内を事前通報なしで飛行。米国防総省「今後もこれまで通りこの空域で航空機運用をする」

ホワイトハウスのアーネスト副報道官は、26日、記者団に「地域を不安定にする必要のない挑発行為だ。意見の違いは、脅しや挑発的なことばで、対処されるべきではなく、外交的に解決されるべきだ」と述べ、改めて中国側の対応を批判しました。

日本の小野寺防衛大臣は防衛省で記者団に「中国の防空識別圏は一方的に設定されたもので、いち早く撤回していただきたいし、認められない」と述べ、「アメリカも同じスタンスで対応している。アメリカ軍が普通に今まで飛行していたところを、通常飛んでいるということだ」として米軍は通常通りの運用をしていると指摘しました。
また、自衛隊機の運用で中国が求める飛行計画を提出するかどうかについても小野寺防衛大臣は「当然、必要ないことだ。従来どおり、通常の警戒・監視の態勢を取っていく」と述べ、自衛隊機もこれまでどおり、飛行させる考えを示しました。
加藤官房副長官は午前の記者会見で「政府として米軍の行動についてコメントする立場にはない。日米間ではこれまでも緊密に連携しており、引き続き、さまざまな国際社会も含めてアメリカとは緊密に協力、連携していきたい」と述べ、記者から米軍の爆撃機の飛行は日米間ですり合わせかという問いに「別に『すり合わせ』という意味ではなく、それはあくまでも米軍としての行動だろう」と回答しています。

中国、日本領海や防空識別圏と重なる防空識別圏を発表。外務省抗議も中国大使が却下。日本や米国に軍事においても強硬姿勢 | CUTPLAZA DIARY中国、日本領海や防空識別圏と重なる防空識別圏を発表。外務省抗議も中国大使が却下。日本や米国に軍事においても強硬姿勢 | CUTPLAZA DIARY

日本の領海と防空識別圏

日本の領海日本の防空識別圏

中国メディアの新華経済は同じく中国共産党系の新聞の青島日報が報じた「カナダメディアは日中が軍事上で対峙した場合、中国の人民解放軍が日本の自衛隊を圧倒するだろうと報道した」という中国ソースの報道をしています。(※カナダには中華系の移民がおり、中国メディアがある。)

中国は中国初の空母「遼寧」を26日午前、山東省・青島から南シナ海に向けて出港したそうですが、航路によっては沖縄県の尖閣諸島や先島諸島に近づく可能性もあり、南シナ海での領有権問題が起きているフィリピンやベトナムが反発が起きるとみられます。

中国はなにか勘違いをしているのかもしれませんが、中国が強硬な軍事活動をした際に対応をするのは、世界中に米軍を展開しているアメリカと、アメリカと同盟関係や協力関係にある国々です。
中国が軍事的に他国の領土に進行した場合、中国を支援してくれるのは北朝鮮とパキスタンぐらいのものです。
朝鮮半島にも中国同様勘違いして親中反日活動している国がありますが、中国に擦り寄ったあげくにアメリカとの同盟国の一つである日本について批判を続けているわけですが、米軍再編で現在は日本にある米軍のほうが規模が大きくなっていることを忘れてはいけません。

中国国内の情勢がうまくいってないことへの焦りが中国共産党にあるのかもしれませんが、こうした中国の威圧的な姿勢はASEANを始め、世界から中国は孤立していくことになります。
続きを読む 米軍爆撃機、中国設定の防空識別圏内を事前通報なしで飛行。米国防総省「今後もこれまで通りこの空域で航空機運用をする」

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...