Home > 芸能 > 芥川賞の田中慎弥さん「都知事発言を全く知らなかった」「作家が言いたいことを言い合った、ただそれだけだ」

芥川賞の田中慎弥さん「都知事発言を全く知らなかった」「作家が言いたいことを言い合った、ただそれだけだ」

芥川賞を受賞した田中慎弥さんは「都知事閣下と都民各位のために、もらっといてやる」と発言した理由について毎日新聞にて語っており、17日の会見の際に都知事の発言自体知らずにテレビ映えするように面白い発言をした結果、メディアに誇張した報道をされたとしています。

芥川賞の田中慎弥さんが「都知事閣下と都民各位のために、もらっといてやる」と発言した理由 | CUTPLAZA DIARY

共喰い
共喰い

今回の問題は作家同士の主張のぶつかり合いといった表現をしていて、言葉の上でのことなのに大げさにメディアが書きたてたことも騒動が大きくなった原因と考えているようです。

『作家が言いたいことを言い合った、ただそれだけだ。』

今の日本というのはどうしても異種に発言した人を叩いて排除する傾向がありますが、言いたいことも言えないような日本のメディアやネットの状況を憂う言葉で締めくくられています。

『今回は言葉の上のこと。なのにそこへメディアが集まった。まるで事件現場に群がるように。つまりいまの日本というのは、作家の言い合いに過剰に反応するほどにまで、ものが言いづらい世の中なのではなかろうか。だから好きなことを言う人間を珍しがっているのではないのか。そのあたりを、人の言い合いを流すだけのメディアは、いったいどう考えるのか。私はネットをほとんど知らないが、ブログやツイッターで言いたいことを言っているように見える日本人は、実は言いたいことを出し切れていないのかもしれない。』

もともと石原都知事は今までにも政治的な思想や立場、そして歯に衣を着せぬ発言で、いろんな意味で注目が集まっている人物でありました。

それに対して噛み付いたという形に話を誇張し作り上げる内容でマスコミの多くが報道し、ネットでは様々な意見が多くなされていました。

結果として、今回の問題で、田中慎弥さんや出版社の文藝春秋に嫌がらせというか、悪質な行為を行った人もいるようですが、そうした状況を作り出したマスコミやネットの状況は改められるようにしないといけませんね。

芥川賞に選ばれて:言いたいこと、あの夜と今=田中慎弥 – 毎日jp(毎日新聞)芥川賞に選ばれて:言いたいこと、あの夜と今=田中慎弥 - 毎日jp(毎日新聞)

 すでに各メディアで流されたから御存知の方も多いだろうが、一月十七日、私の小説が芥川賞に決まった日の夜、東京でバカな記者会見をした。女優の言葉を引用し、自分がもらって当然と言い、さらに石原慎太郎都知事に言及した。その後のさまざまな報道のされ方の中には、事実と違う部分がかなりある。終わったこととはいうものの、私の知っている範囲の事情を、どうしても書いておきたい。

 まず、十七日の会見の段階で私は、石原氏が六日に行った、今度の芥川賞候補作はバカみたい、という発言を全く知らなかった。正確な内容を知ったのは十八日になってからだ。次に、会見内での、もらって当然、都知事と都民のためにもらっといてやる、という言い方は、はっきり言うと最終候補になるずっと前から、もしその時が来たら言ってやろうと準備していたものだった。だから、六日の都知事の発言に田中がかみついた、というのはメディアが勝手に作った図式だ。

 もう一つ、その後の石原氏の選考委員退任について。これを知ったのもやはり受賞決定の翌日のこと、編集者から知らされる、という形だった。選考会が開かれる前は勿論(もちろん)、会見場に到着して関係者と顔を合わせた時にも、誰からもそんな話は出なかった。石原氏の真意や、いつ退任を決意し、表明したのかについては諸説出ているようだが、私が賞をもらうのが原因とは思えない。実際その後の会見で石原氏は、私の作品を推したと語っている。少なくとも、引導を渡すだの寝首を掻(か)くだのといった種類の話ではない。私が知っていることはだいたいこのようなものだ。それ以外のことは分からない。

 それにしても、あんな騒ぎになるとは思いもしなかった。会見で石原氏のことを言えばその場が一気に盛り上がり、和むだろうと考えていただけだ。会見を御覧になった方はお分かりだろうが、私はテレビ映えしない。だから言葉の上で何か面白いことを言って切り抜けないことにはどうしようもない。だからああいうことを言っただけ。それがメディアの作ったストーリーによって思わぬ大きさに膨らんでしまった。

 だがそもそもは、作家が言いたいことを言い合った、ただそれだけだ。作家というものは昔からさまざまな形でぶつかったり、反目したりしてきた。文学上の論争のこともあったし、私怨(しえん)に近いこともあった。まっとうな作品批判から相手の生活や容姿を嘲(あざけ)るようなものまで、熱心に、幅広く行われてきた。時には言葉だけでなく肉体的な暴力に発展する場合まであったのだ。

 今回は言葉の上のこと。なのにそこへメディアが集まった。まるで事件現場に群がるように。つまりいまの日本というのは、作家の言い合いに過剰に反応するほどにまで、ものが言いづらい世の中なのではなかろうか。だから好きなことを言う人間を珍しがっているのではないのか。そのあたりを、人の言い合いを流すだけのメディアは、いったいどう考えるのか。私はネットをほとんど知らないが、ブログやツイッターで言いたいことを言っているように見える日本人は、実は言いたいことを出し切れていないのかもしれない。この点を分析する能力は自分にはない。ひょっとすると、言いたいことを自由に言っている石原氏や私は、古いタイプの書き手なのだろうか。(たなか・しんや、作家=「共(とも)喰(ぐ)い」で第146回芥川賞)

毎日新聞 2012年1月26日 東京夕刊

芥川賞作家宛て郵便に黒い粉 NHKニュース芥川賞作家宛て郵便に黒い粉 NHKニュース

24日、東京・千代田区にある出版社の文藝春秋に、芥川賞の受賞が決まった作家の田中慎弥さんと円城塔さん宛ての郵便物が届き、中からプラスチック容器に入った黒い粉が見つかりました。警視庁は、悪質ないたずらとみて、送り主の特定を急ぐなど捜査しています。
24日昼ごろ、東京・千代田区の文藝春秋から不審な郵便物が届いたと警視庁に通報がありました。警視庁が調べたところ、今月17日に芥川賞の受賞が決まった作家の田中慎弥さんと円城塔さん宛ての2つの封筒の中に、プラスチック容器に入った黒い粉が入っていたということです。封筒は茶色で、大きさは縦およそ27センチ横およそ20センチで、「発熱式爆発物在中赤報隊隊長」などと書かれていたということです。また、兵庫県内で投かんされたことを示す消印が押され、宛て先の住所や名前は印刷されていたということです。封筒には容器に入った黒い粉以外は入っておらず、警視庁は、悪質ないたずらとみて、黒い粉の成分を調べるとともに送り主の特定を急ぐなど捜査しています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連タグ投稿

Trackbacks (Close):1

pingback from 芥川賞の田中慎弥さんが「都知事閣下と都民各位のために、もらっといてやる」と発言した理由 | CUTPLAZA DIARY 12-01-27 (金) 14:06

[…] 結果、メディアに誇張した報道をされたとしています。 【芥川賞の田中慎弥さん「都知事発言を全く知らなかった」「作家が言いたいことを言い合った、ただそれだけだ」 | CUTPLAZA DIARY】 […]

Home > 芸能 > 芥川賞の田中慎弥さん「都知事発言を全く知らなかった」「作家が言いたいことを言い合った、ただそれだけだ」

Access
Today Yesterday
スポンサード リンク
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック
バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック
PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 2 (特装限定版)
ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 2 (特装限定版)
はたらく魔王さま! Blu-ray コンパクト・コレクション
はたらく魔王さま! Blu-ray コンパクト・コレクション
涼宮ハルヒの大成ーSuper Blu-ray BOXー 初回生産限定版
涼宮ハルヒの大成ーSuper Blu-ray BOXー 初回生産限定版
ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)
ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)
君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)
君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)
小説 君の名は。 (角川文庫)
小説 君の名は。 (角川文庫)

Return to page top