Home > ニュース > 柔道女子パワハラ問題、国際柔道連盟「断固非難する」 谷亮子「私は暴力受けた経験ない」「全柔連は賢明な判断」

柔道女子パワハラ問題、国際柔道連盟「断固非難する」 谷亮子「私は暴力受けた経験ない」「全柔連は賢明な判断」

ロンドンオリンピック代表含む柔道女子選手15人が、女子代表の監督を暴力およびパワーハラスメントを受けていたと文書で告発した問題で、国際柔道連盟(IJF)のビゼール会長は「(暴力は)われわれのスポーツの礎を築いた嘉納治五郎師範が説いた精神と理念では決してない」と批判しました。
全日本柔道連盟(全柔連)は1月30日、暴力やパワーハラスメントがあったと告発を受けた監督らを戒告処分にしたものの、同監督を交代させませんでした。
しかし、柔道女子の監督は「私の行動や言動で選手や皆様にご迷惑をかけたことを深く反省している。これ以上、強化に携わるのは難しい」として、辞意を表明しました。
今後、全日本柔道連盟に進退伺を出し、正式に辞任する見通しとなっています。

柔道女子パワハラ問題、国際柔道連盟「断固非難する」 谷亮子「私は暴力受けた経験ない」「全柔連は賢明な判断」

海外でも今回の体罰というパワハラの件は問題視されたことで、JOCの市原則之専務理事は「(招致への)影響はないと思う」としたものの、東京オリンピック招致にも影響を懸念する声があがっています。
日本オリンピック委員会(JOC)の橋本聖子理事は「スポーツ界で早急に対応し、五輪招致にマイナスにならないようにしないといけない」と危機感をあらわにしています。

ちなみに、監督は記者会見で謝罪しながら「私自身は、暴力という観点で選手に手を上げたっていう認識は全くありません」と話していたり、代表監督の経験を持つある競技団体の指導者は選手らの告発を「わがまま」と言ったりしているようですが、こうした認識がスポーツ指導における体罰の根深い状況となっています。

女子柔道で2度の金メダルをとった谷亮子議員には記者から質問されることが多いようですが、政策で谷亮子議員が答えているのを見たことがありませんが、誰の生活を守ろうとしているのでしょうか。
それはともかく、当初谷亮子議員は暴行を受けたことがないと話したところ、女子柔道の監督が暴行をしたと認めてしまいました。
柔道界では別件で女子選手に対する暴力があったとして懲役が言い渡され控訴している係争中の事件がありますが、しばらくの間、柔道界並びに体罰問題は色々と話題が尽きないのでしょうね。

嘉納治五郎―私の生涯と柔道 (人間の記録 (2))
嘉納治五郎―私の生涯と柔道 (人間の記録 (2))

国際柔道連盟が声明 「断固非難する」 – 47NEWS(よんななニュース)国際柔道連盟が声明 「断固非難する」 - 47NEWS(よんななニュース)

警視庁 園田監督から事情聞く NHKニュース警視庁 園田監督から事情聞く NHKニュース

全柔連 園田監督を戒告処分 暴力、パワハラ問題「ほぼ事実」 ― スポニチ Sponichi Annex 柔道全柔連 園田監督を戒告処分 暴力、パワハラ問題「ほぼ事実」 ― スポニチ Sponichi Annex 柔道

朝日新聞デジタル:柔道女子の園田監督が辞意表明 5件の暴力事案認める – スポーツ朝日新聞デジタル:柔道女子の園田監督が辞意表明 5件の暴力事案認める - スポーツ

五輪招致関係者、影響懸念「最悪のタイミング」…女子柔道暴力告発問題:その他:スポーツ:スポーツ報知五輪招致関係者、影響懸念「最悪のタイミング」…女子柔道暴力告発問題:その他:スポーツ:スポーツ報知

柔道女子 園田監督が辞意表明 NHKニュース柔道女子 園田監督が辞意表明 NHKニュース

この問題で、園田監督は31日、東京・文京区で記者会見し、「私の行動、言動で、大変ご迷惑をおかけしていることを深く反省しています」と陳謝しました。
そのうえで、園田監督は「これ以上、強化に携わっていくことはできないと考える。この問題がクローズアップされるなかで、私自身、続けていくのは難しいと考えた」と述べ、監督を辞任したいという考えを示しました。
また、選手への暴力行為については、具体的な内容は再調査中なのでコメントは控えたいとしながらも、「私自身は、暴力という観点で選手に手を上げたっていう認識は全くありません。選手に対してもうひとふんばりしてほしい、頑張ってほしいという気持ちなどから手を上げてしまった」と話し、「私自身の一方的な信頼関係だった。選手たちに対しては本当に申し訳ないと思っております」と謝罪しました。園田監督は会見後に、進退伺を提出する考えを示しました。

【柔道五輪代表暴力問題】「なり手がいなくなる」 指導者の人材育成に影 – MSN産経ニュース【柔道五輪代表暴力問題】「なり手がいなくなる」 指導者の人材育成に影 - MSN産経ニュース

 代表監督の経験を持つある競技団体の指導者は、選手の声が強まる昨今の風潮に「暴力は論外だが、選手のわがままが通り放題だと選手強化が成り立たなくなる」と懸念する。

朝日新聞デジタル:谷亮子氏「私は暴力受けた経験ない」 再発防止策求める – 社会朝日新聞デジタル:谷亮子氏「私は暴力受けた経験ない」 再発防止策求める - 社会
谷亮子議員「園田監督は人間性の素晴らしい立派な監督で、私自身の現役生活では(暴力を受けた経験は)一切なかった。歴代監督を見ても、暴力的指導は一切なかった」「私の引退後に、こうしたことが起きているということは、何が変わってしまったのか。管理体制(の改善)など、国が先頭に立ってやっていかないといけない時期に来ていると判断している」
園田監督辞任 暴力も「死ね」も認めた – 柔道ニュース : nikkansports.com園田監督辞任 暴力も「死ね」も認めた - 柔道ニュース : nikkansports.com

会見では、暴力や暴言について「事実です」と認めた。「暴力という認識はなかった。強くなってほしいという思いから。信頼関係はあると思っていたが、一方的なものだった」。昨年9月、選手は暴力と受け止めていると認識してから自問自答した。「たたくことが暴力になるのか。それに気がつかなかった」と言った。「金メダル至上主義があるのは事実。そこの部分で選手を追い詰めたのかも。自分は伝える力が不足していた」とも反省した。

柔道界が世界の谷亮子を挟んでプロレス化: やまもといちろうBLOG(ブログ)柔道界が世界の谷亮子を挟んでプロレス化: やまもといちろうBLOG(ブログ)

谷亮子議員“全柔連は賢明な判断” NHKニュース谷亮子議員“全柔連は賢明な判断” NHKニュース
谷亮子議員「事実であれば本当に残念なことだし、非常に心配している。中学生のころから日本代表に20年近くいたが、園田監督は人間性のすばらしい立派な監督だったし、歴代の監督をみても暴行や暴力的な指導は一切なかった」「今回の処分は、選手も監督も真剣に取り組んでいるなかで、全日本柔道連盟が決めた賢明な判断だと思うが、これで選手の芽が摘まれたり監督として再建できなくならないよう、すべての人が能力を発揮できる環境を作っていくのが国の責任だ」

NHK NEWS WEB 桑田真澄さん 体罰は安易な指導NHK NEWS WEB 桑田真澄さん 体罰は安易な指導
朝日新聞デジタル:「体罰は自立妨げ成長の芽摘む」桑田真澄さん経験踏まえ – 社会朝日新聞デジタル:「体罰は自立妨げ成長の芽摘む」桑田真澄さん経験踏まえ - 社会

野球道 (ちくま新書)
野球道 (ちくま新書)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連タグ投稿

Home > ニュース > 柔道女子パワハラ問題、国際柔道連盟「断固非難する」 谷亮子「私は暴力受けた経験ない」「全柔連は賢明な判断」

Profile

愛媛の真面目な美容師

最近はMinecraftなどのゲーム界隈に出没する花の妖怪

Amazon | ほしいものリスト

Access
Today Yesterday
スポンサーリンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)






Return to page top