Home > Tags > 特定秘密保護法

特定秘密保護法

特定秘密保護法の説明をしていた安倍晋三総理記者会見の各TV局比較動画が公開。マスコミの悪意報道が明らかに

12月9日の安倍内閣総理大臣記者会見において、民放のテレビ局は安倍晋三総理大臣が特定秘密保護法などの重要な説明を始めると一斉にCM入りしたり、記者会見の内容を報道しなくなっていたことが話題になっていました。
この状況について、安倍内閣総理大臣記者会見と各テレビ局の報道の様子が分かる比較動画が投稿されています。

フジテレビ、真っ先に安倍内閣総理大臣記者会見の放送を中断

フジテレビ、真っ先に安倍内閣総理大臣記者会見の放送を中断フジテレビ、真っ先に安倍内閣総理大臣記者会見の放送を中断

これによるとフジテレビは安倍晋三総理大臣が日本版NSCである国家安全保障会議を設置する法案について発言を始めた時点で安倍内閣総理大臣記者会見の放送を中止し、特定秘密保護法について「秘密が際限なく広がる、知る権利が奪われる、通常の生活が脅かされるといった懸念の声もいただきました。しかし、そのようなことは断じてあり得ない」と発言についても報じず、CMや他のニュースばかり流していました。

また、産経新聞の阿比留瑠比記者が民主党の菅政権下で起きた中国漁船衝突事件の映像が流出した際の質問をした際に、安倍晋三総理大臣は「菅政権が隠したあの漁船のテープは、もちろん特定秘密には当たりません。問題は、あのときにも発生したわけなのですが、つまり、誰がその判断をしたのか、明らかではありませんね。菅総理なのか、仙谷官房長官なのか、福山官房副長官なのか。」「今度の法律によって、そもそもこれは特定秘密にはなりませんが、もし特定秘密としたのであれば、その責任も全て所在は明らかになるわけでありますし、5年毎にですね、それはこの指定が解除されるかどうかということについてもチェックされることになる」「この法律が施行されれば、菅政権で行った、誤った、政権に都合のいい情報の隠ぺいは起こらないということは、断言してもいいと思います。」という重要な説明をしている際には、民法の各テレビ局は安倍内閣総理大臣記者会見を報じていませんでした。

特定秘密保護法の重要な説明を報道しない各民法テレビ局

特定秘密保護法の重要な説明を報道しない各民法テレビ局

特定秘密保護法が国民の知る権利が侵されると報じていたマスコミが、本来国民が知るべき法案の説明を特定秘密にする(報道しない自由を行う)ことで世論操作をしたわけです。
これは公平な報道をするべきメディアが一番してはいけないことですが、過去にもこのような報道は繰り返されてきているのが日本の報道の散状です。
こういった身勝手な報道の自由や表現の自由こそ、そろそろやめにしてもらいたいものです。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

特定秘密保護法に反対の新聞各社「知る権利を守れ!」→3年前「尖閣ビデオ流出は許せない」「政府の危機管理ずさん」「特定情報の秘匿もある」

特定秘密保護法が参議院本会議で自民・公明両党の賛成多数で可決され成立しました。
マスコミは特定秘密保護法案の頃から、「国民の知る権利」を盾に取って、自分たちの「報道の自由」や「表現の自由」を守るために反対していました。
ところがマスコミは尖閣ビデオ流出事件の際に政府の情報管理を問題視して批判していました。

尖閣ビデオ流出事件の年の朝日新聞の社説

特定秘密保護法に反対の新聞各社「知る権利を守れ!」→3年前「尖閣ビデオ流出は許せない」「政府の危機管理ずさん」「特定情報の秘匿もある」

国会でも同様に、2010年9月7日に起きた「尖閣諸島中国漁船衝突事件」の際に、中国戦が衝突する一部始終が記録されていた「尖閣ビデオ流出事件(尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件)」が起きていましたが、その時の民主党政権はもちろん、社民党や共産党の議員も、国家機密に関わる情報流出は問題であるとして、秘密保全に関する法令が例えば国家公務員法の守秘義務規定に関する罰則が低いとしていました。

【特定秘密保護法】(尖閣ビデオ流出事件当時)民主党仙谷「国家公務員法の守秘義務規定に関する罰則は相当程度低い」社民福島みずほ「日本の危機管理として極めて問題」 | CUTPLAZA DIARY【特定秘密保護法】(尖閣ビデオ流出事件当時)民主党仙谷「国家公務員法の守秘義務規定に関する罰則は相当程度低い」社民福島みずほ「日本の危機管理として極めて問題」 | CUTPLAZA DIARY
【特定秘密保護法】(尖閣ビデオ流出事件当時)民主党仙谷「国家公務員法の守秘義務規定に関する罰則は相当程度低い」社民福島みずほ「日本の危機管理として極めて問題」

朝日新聞は2010年11月の社説で尖閣ビデオ流出事件で流出した映像は『日中外交や内政の行方を左右しかねない高度に政治的な案件』で『政府の意に反し、誰でも容易に視聴できる形でネットに流れた』事を問題視し、『政府や国会の意思に反する行為』は許されない』としていました。さらには『政府が持つ情報は国民共有の財産であり、できる限り公開されるべき』とした一方で、『外交や防衛、事件捜査など特定分野では、当面秘匿することがやむをえない情報』もあるとして、尖閣諸島中国漁船衝突映像の公開を反対していた立場をとっていました。

毎日新聞でも尖閣諸島中国漁船衝突映像の流出について2010年11月に社説を出しており、海上保安庁と検察当局が捜査資料として保管していた証拠の一部を『漏えいを許したことは政府の危機管理のずさんさと情報管理能力の欠如を露呈するもの』と激しく批判しています。

中には日本経済新聞のように、『海上保安官は秘匿性の高い捜査情報に触れるため「職務上知ることのできた秘密を漏らしてはならない」』、故に『海保は他の官庁組織にも増して秘密保持を徹底する必要がある』としながら『ビデオ映像が刑事罰をもって守るのに値する秘密なのか大いに疑問』という「尖閣ビデオは本当に秘密に値するか」という社説を2010年11月に出していますが、一つの社説の中で矛盾する論調を並べてわけのわからないことになっている新聞もあります。

また、それぞれの新聞を読んでいくと、今回の秘密保護法でそれぞれ何を守りたかったのかが浮き彫りになっています。

朝日新聞のように、何をしているか分からない市民団体を「市民」と表現し、これが処罰される恐れがあるとしています。
また、毎日新聞でも「市民」が過剰な監視網が敷かれる懸念があるとしていますが、その調査事項に「スパイやテロとの関係」「犯罪、懲戒歴」などの事項で『旧国籍も含めた国籍』が含まれていると紹介しています。
琉球新報では市民団体の動向を調査されるのではとしていますが、沖縄で活動している市民団体について、何の活動をしていて、どのような素性の人物が参加しているのかについては説明がありません。

知らない間に報道されていたのかもしれませんが、特定秘密保護法を巡る国会での野党議員の質疑や報道で批判されるわりに、尖閣ビデオ流出事件について言及されたのを見たことがありません。
野党議員やマスコミは「国民の知る権利」を挙げて批判していましたが、そもそもこういった問題について取り上げて国民に明かすこともせずに批判しているのは、「国民の知る権利」の妨げをしていることになりませんか。
野党議員は政治抗争にばかり気持ちが先走って、マスコミは中立報道を怠って自分たちの政争の具や思想、権利のために、日本や日本国民の安全をおざなりにしていませんか。

そういった日本の国益にならない茶番は、そろそろ止めてもらいたいものです。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

【特定秘密保護法】(尖閣ビデオ流出事件当時)民主党仙谷「国家公務員法の守秘義務規定に関する罰則は相当程度低い」社民福島みずほ「日本の危機管理として極めて問題」

特定秘密保護法案について与野党の攻防が激化しています。
しかしながら、必死に廃案させようとしている民主党・社民党・共産党は、尖閣諸島中国漁船衝突事件発生時に海上保安庁石垣海上保安部が録画し、海上保安庁ならびに那覇地方検察庁が保管していた映像が流出した「尖閣ビデオ流出事件(尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件)」が明るみになった際に日本国内の秘密保全が不十分で国家公務員法の守秘義務違反の抑止が重要と発言しており、映像の流出について民主党の当時の官房長官だった仙谷由人氏は「我が国の秘密保全に関する法令が例えば国家公務員法の守秘義務規定に関する罰則は相当程度低い。現在の罰則では抑止力が必ずしも十分ではない。秘密保全に関する法制のあり方について結論を得るよう早急に検討を進めていきたい」としていました。
また、社民党の福島みずほ氏は「日中間、国と国との間に左右しかねない重大なことが簡単に流出してしまうことは、日本の危機管理として極めて問題」と語り、共産党の笠井亮氏に至っては「本物であるかどうかの確認と、なぜどうして流出したのか、政府自身の大きな責任が問われるのは当然」と発言していました。

【特定秘密保護法】(尖閣ビデオ流出事件当時)民主党仙谷「国家公務員法の守秘義務規定に関する罰則は相当程度低い」社民福島みずほ「日本の危機管理として極めて問題」

当時、民主党・社民党・共産党を代表するような3議員が日本国内の秘密保全が不十分で国家公務員法の守秘義務違反の抑止が重要と発言していたのに、現在、民主党は薬害エイズ事件を引き合いに出すのに「尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件」は口に出さず、与党側の国会運営は強引だと強く反発したり、プロ市民や映画人を引き合いに廃案にしろと訴えている状況が、日本の腐った政治の有り様を象徴しています。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

山本太郎議員「特定秘密保護法案止めるためには採決の日に議員を国会に入れなきゃ良いんですよ」とテロの呼びかけ

新党今はひとりの山本太郎議員は国会前のデモ隊を前に『「石破さん曰く「絶叫テロリスト」の皆さん、お元気ですか!(中略)でも残念ながら、現在参議院の中では野党が頑張っている。必死で頑張っている。でも、結果強行採決されてしまえば、数の論理で負けてしまいますよね。これを止めるためにはどうすればいいか。たった一つ、たった一つ方法がありますよね。できれば避けたい。でもやるならば、採決の日に議員を国会に入れなきゃ良いんですよ。』スピーチしています。

山本太郎議員「特定秘密保護法案止めるためには採決の日に議員を国会に入れなきゃ良いんですよ」とテロの呼びかけ

自民党の石破茂幹事長が自身のブログで特定秘密保護法案に反対するデモについて「テロ行為と変わらない」と指摘した記事を書いていて(現在は批判箇所を修正して謝罪)、これについて山本太郎議員はデモのスピーチで冒頭批判していますが、
絶叫戦術並びに議会制民主主義を否定し、要求が通らなければ国会に議員を入れないようにしようと呼びかけるというのは、やはりテロ行為であり、テロを呼びかけしていることに変わりないですね。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

高畑勲氏や宮崎駿氏ら映画人269人が秘密保護法案反対という記事を見た人の感想

アニメ映画監督の高畑勲さんや宮﨑駿さんなど「特定秘密保護法案に反対する映画人の会」の呼びかけ人と賛同者ら269人が特定秘密保護法案の内容や拙速な国会審議を批判する声明を発表したそうです。

高畑勲氏や宮崎駿氏ら映画人269人が秘密保護法案反対という記事を見た人の感想

まぁ、ジブリの宮﨑駿さんはもともと戦争反対論者であって原発事故の際にも原発反対のような活動をされてましたし、その時のきっかけは鈴木敏夫プロデューサーが中日新聞で憲法について語ったことで脅迫状が来るようになって宮﨑駿さんが引退会見の際に『これで鈴木さんが腹を刺されてるのにこっちが知らん顔してるわけにもいかないから僕も発言しよう、高畑監督もついでに発言してもらって3人いれば的が定まらないだろうと(笑)』と仰られたように、今回の「特定秘密保護法案に反対する映画人の会」の背景には鈴木敏夫プロデューサーならびに、テレビやキャスターなどの働きかけもあるのでしょう。

高畑勲氏や宮崎駿氏ら映画人269人が秘密保護法案反対という記事を見た人の感想高畑勲氏や宮崎駿氏ら映画人269人が秘密保護法案反対という記事を見た人の感想

敬意を持って「風立ちぬ」を制作されたのでしょうし、反戦思想から信念を持って今回の特定秘密保護法案に反対を表明した一方で、宮﨑駿さんは戦闘機や戦車も好きという方ですが、私個人としては別にそれらを否定する気もありませんし、これからも宮﨑駿監督やジブリの作品のファンで居続けるでしょう。

ただ、テロリストや日本を侵略しようとする外国から日本や日本国民を守るために作られる「特定秘密保護法案」が、「特定秘密保護法案に反対する映画人の会」の声明で大林宣彦氏「戦争に巻き込まれる」神山征二郎氏「言論、文化、表現、個人の思想に口をはさみやすくするというのは悪い企(たくら)みというもの」原田眞人氏「表現の自由が制限される」と曲解して批判されているのは意味が分かりかねます。
山本晋也氏に至っては「国民の知る権利、そして表現の自由は死守すべき」と発言されているようですが、
「特定秘密保護法案」は『日本の国家防衛などの機密』を『公務員』が漏洩することを規制するために作ろうとしているのであり、それを飛躍して本来規制されない問題まで批判したり、国民や国民の知る権利をだしにしてメディアや映画人の報道の自由や表現の自由を守ろうと「表現」していることについてはズレを感じます。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

特定秘密保護法案が可決。Twitterで「 #国会に押し寄せよう 」という物騒なタグがトレンド入り

衆議院の委員会で審議されていた「特定秘密保護法案」ですが、与党側から審議を打ち切る動議が提出され、採決が行われた結果、日本維新の会は退席しましたが、自民党・公明党・みんなの党の賛成多数で可決されました。

Twitterでは「#国会に押し寄せよう」というタグがトレンド入りしています。
主に脱原発や反米系の市民団体関連とみられる人が先導しようとしたようですが、祭りに乗じてネタ画像を貼り付ける人もいたり混沌としております。

現在、衆議院で2議席しかない社民党は謎の市民団体の抗議集会に参加していた模様。

特定秘密保護法案が可決。Twitterで「 #国会に押し寄せよう 」という物騒なタグがトレンド入り

中には「情報は国民のもの国会議員ごときが国民ナメるな」というツイートをしていた人がいましたが、

国会議員とは、国民の投票によって選ばれた人です。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

藤原紀香さんが赤旗に登場で批判されたり「特定秘密保護法」反対の人に利用されたりカオス。藤原紀香さん「秘密保護法案ついて一言も話していません」

女優の藤原紀香さんが赤旗の日曜版「この人に聞きたい」に登場し、産経新聞は共産党のソフトイメージ戦略象徴になったとか、藤原紀香さんがブログで「特定秘密保護法」について述べていたことを挙げて、藤原紀香さんは特定秘密保護法廃案キャンペーンを繰り広げる共産党の応援団になったと報じています。
早速ネットでも「藤原紀香は赤旗の広告塔になった」とか「共産党から出馬するのか」と批判のやり玉になっているようです。

藤原紀香さんが赤旗に登場で批判されたり「特定秘密保護法」反対の人に利用されたりカオス。藤原紀香さん「秘密保護法案ついて一言も話していません」藤原紀香さんが赤旗に登場で批判されたり「特定秘密保護法」反対の人に利用されたりカオス。藤原紀香さん「秘密保護法案ついて一言も話していません」

ただ、藤原紀香さんのブログによると赤旗の日曜版「この人に聞きたい」は『個々の政党など関係なくこれまで各著名人にインタビューをお願いしてるコーナーということで、他の取材と同じように事務所が受けた取材のひとつです。』としており、『私が秘密保護法案のネガティブキャンペーンをしているなどと取られる内容が書かれていました。とても残念です。きちんとこの日曜版を読んでくだされば分かると思いますが、秘密保護法案に特定していることは赤旗日曜版では一言も話していませんし、世界を旅して感じたことや私がメッセージをどのようなスタンスで発信しているかなどを話しました。とにかく読んでほしいです』として、赤旗のインタビューの中では秘密保護法案については話していないと語っています。

藤原紀香さんが赤旗に登場で批判されたり「特定秘密保護法」反対の人に利用されたりカオス。藤原紀香さん「秘密保護法案ついて一言も話していません」

ただ、9月13日に藤原紀香さんがブログで、特定秘密保護法がスパイ行為にあたるものだけでなく「放射能汚染、被爆などのことや、他に、もし国に都合よく隠したい問題」に適用されれば、それが真実であってもネットに書いただけでその人が罰せられるのではと心配する内容の話をしていました。
この藤原紀香さんのブログの記事を、反原発団体などの怪しい団体に利用される事になってしまっているのは大変残念なことだと思います。
また、その特定秘密保護法への不安に感じる理由になったソースが、日経や朝日などの社説であるというのも困った話ですが、日本を代表するような女優である藤原紀香さんがそのような記事だけで公に何かを発信したり、特定の政党を支持しているような政治新聞に登場すると、怪しい団体にいいように利用される事になるというのは知っておいたほうがいいでしょう。

藤原紀香さんといえば赤十字広報特使として様々な支援活動に献身的に参加しておられますが、藤原紀香さんのアンチという人も世の中には存在しており、全国赤十字大会なとで日本赤十字社名誉総裁の皇后陛下に拝謁する際の服装や立ちふるまいが批判されることがあります。

赤十字広報特使(女優・藤原紀香さん)の活動(10) | 東日本大震災 日本赤十字社の活動赤十字広報特使(女優・藤原紀香さん)の活動(10) | 東日本大震災 日本赤十字社の活動
藤原紀香さんが赤旗に登場で批判されたり「特定秘密保護法」反対の人に利用されたりカオス。藤原紀香さん「秘密保護法案ついて一言も話していません」

故ダイアナ王妃と比較して批判される藤原紀香さん

故ダイアナ王妃と比較して批判される藤原紀香さん故ダイアナ王妃と比較して批判される藤原紀香さん故ダイアナ王妃と比較して批判される藤原紀香さん

故ダイアナ王妃と比較されるなどしているようで、天皇陛下や皇后陛下に拝謁する際にハイヒールではドレスコードに外れているとか批判されているのを見るにつけ、そもそも寛大なお気持ちを持たれている皇后陛下はそんなことを機にもされないでしょうし、度々批判にさらされる藤原紀がかわいそうな気もしたりします。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

フリー記者(?)の田中龍作氏「ボジョレーヌーボーも「特定秘密」に指定されるよ」とお寒いツイートを投稿

フリー記者(?)の田中龍作氏が自身のTwitterでボジョレーヌーボーも「特定秘密」に指定されると冬の朝にお寒い発言をし、山本一郎氏(最近山本太郎に間違われて迷惑しているという)に『「俺の冗談は面白い」と思っておられるのでしょうか。』と突っ込まれていたりします。

フリー記者(?)の田中龍作氏「ボジョレーヌーボーも「特定秘密」に指定されるよ」とお寒いツイートを投稿

田中龍作氏はフリー記者らしいのですが、最近の注目は「特定秘密保護法」のようで、同じく「特定秘密保護法」によって戦争になると騒いでいるような怪しい団体のお抱え記者として活躍されているようです。
また、先日の反原発団体が支持母体の山本太郎氏が天皇陛下に手紙を渡そうとした不敬な事件を賞賛しているのが、この田中龍作氏でした。

フリー記者(?)の田中龍作氏「ボジョレーヌーボーも「特定秘密」に指定されるよ」とお寒いツイートを投稿

「特定秘密保護法」で批判している団体というのは野党の共産党や社民党を始めとした政治団体の他に、「反原発」や「反米及び反米軍及び反オスプレイ」をうたうプロ市民とよばれる左派団体が共通しています。

田中龍作氏のブログの写真に映る怪しい団体の赤や黄色の旗

田中龍作氏のブログの写真に映る怪しい団体の赤や黄色の旗

「特定秘密保護法」を反対している政治団体の主張を見ていると、日本の弱体化、ことに日本の防衛やテロ対策が秘密保護されると困る団体ということがよく分かります。

それでも山本議員擁護する人たち コンサルタント宋文洲、「ジャーナリスト」田中龍作… : J-CASTニュースそれでも山本議員擁護する人たち コンサルタント宋文洲、「ジャーナリスト」田中龍作… : J-CASTニュース
Twitter / tanakaryusaku: 山本太郎事務所によると山本議員が天皇陛下に手渡した手紙の内容 …

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Tags > 特定秘密保護法

Access
Today Yesterday
スポンサード リンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

Return to page top