Home > ニュース > 徳島大学「レポートを出さないと命はない」 学生約200人にメール誤送信

徳島大学「レポートを出さないと命はない」 学生約200人にメール誤送信

徳島大学は17日、学生約200人に「レポートを出さないと命はない」という文面のメールを誤送信し、受け取った学生がTwitterで「徳大から殺人予告がきた」とツイートするなど騒ぎとなっていました。
大学側は18日正午ごろメールを削除(意味不明?)、全員に謝罪メールを送りました。

徳島大学「レポートを出さないと命はない」 学生約200人にメール誤送信

大学の説明によると、50代教授が知り合いの60代男性特任講師に一斉送信の方法を教えていたといい、その際に大学のサーバーに接続された講師のパソコンを使って実演していたとしています。
メールの文面は教授が打ち込んだとのこと。

「レポートを出さないと”明日”はない」くらいならまだ許された?

朝日新聞デジタル:「レポート出さないと命ない」 教授、200人に誤送信 – 社会朝日新聞デジタル:「レポート出さないと命ない」 教授、200人に誤送信 - 社会

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連タグ投稿

Home > ニュース > 徳島大学「レポートを出さないと命はない」 学生約200人にメール誤送信

Access
Today Yesterday
スポンサード リンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

Return to page top