Home > Tags > 柔道

柔道

橋本聖子氏「『(女子柔道パワハラ告発選手の)氏名を公表すべき』とする発言はいたしておりません」

女子柔道選手15人のパワハラの告発について日本オリンピック委員会(JOC)理事で自民党の橋本聖子参院政審会長が「あまりにも選手のプライバシーを守ろうとする観点から、15人の選手が表に出ていないことをどう判断するか。非常に大きな問題だ」として、女子柔道選手らの名前を公表すべきという報道がありました。
しかし橋本聖子氏は6日、事務所からのFAXを通じ、この日、一部で報道された柔道女子代表での暴力行為などを告発した選手15人の氏名を「公表すべき」との発言について、「『氏名を公表すべき』とする発言はいたしておりません」と否定しました。

「告発選手名の公表を」橋本聖子氏@hashimoto_seiko JOCは被害者の選手15人のプライバシーも守れないのか | CUTPLAZA DIARY「告発選手名の公表を」橋本聖子氏@hashimoto_seiko JOCは被害者の選手15人のプライバシーも守れないのか | CUTPLAZA DIARY

日刊スポーツやスポニチの報道が間違っているとすれば、時事通信社も間違った報道をしたということになります。

また、橋本聖子氏の発言を間違えて報道したということは、
告発した女子柔道選手の代理人の弁護士が「ずっと匿名でいくのは理屈の上でおかしいのは分かっている。彼女たちと名前を公表するか再協議し、考えないといけない」と名前の公表を検討する考えを示したという日刊スポーツの報道も怪しいということになります。

なので、こちらも再度裏を取る必要があります。

アルジェリアの人質事件の際に、被害者の名前を公表しろという報道機関が多くありましたが、今回も実名報道を執拗に狙うマスゴミが被害者に二次被害を及ぼしているようです。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

女子柔道選手1名が実名で監督の暴力行為を告発→監督が選手を恫喝→選手15名が匿名で告発→橋本聖子氏「告発選手名公表せよ」

日本オリンピック委員会(JOC)理事で自民党の橋本聖子参院政審会長が、女子柔道の前監督を暴力行為で告発した女子選手15名について名前を公表するよう求めているそうです。
しかし、全柔連やJOCは告発を受けても前監督を続投させようとしましたし、前監督は暴行を認めながらそれが暴行とは思っていなかったと発言したり、最初に実名で女子選手1名から告発を受けた際には前監督は「余計なこと言ったな」と恫喝していたことが明らかになっています。

■追記 2013/02/06 22:37
橋本聖子氏「『(女子柔道パワハラ告発選手の)氏名を公表すべき』とする発言はいたしておりません」 | CUTPLAZA DIARY橋本聖子氏「『(女子柔道パワハラ告発選手の)氏名を公表すべき』とする発言はいたしておりません」 | CUTPLAZA DIARY

女子柔道選手1名が実名で監督の暴力行為を告発→監督が選手を恫喝→選手15名が匿名で告発→橋本氏聖子「告発選手名公表せよ」

「告発選手名の公表を」橋本聖子氏@hashimoto_seiko JOCは被害者の選手15人のプライバシーも守れないのか | CUTPLAZA DIARY「告発選手名の公表を」橋本聖子氏@hashimoto_seiko JOCは被害者の選手15人のプライバシーも守れないのか | CUTPLAZA DIARY

全柔連やJOCならびに、日本オリンピック委員会(JOC)理事で自民党の橋本聖子参院政審会長が、被害者ではなく利権やオリンピック招致よりも、
被害者の女子選手たちのプライバシーや安全を守るようにしてもらいたいと思います。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「告発選手名の公表を」橋本聖子氏@hashimoto_seiko JOCは被害者の選手15人のプライバシーも守れないのか

ロンドンオリンピック出場選手含めた女子柔道の選手ら15人が体罰やパワハラを受けていたと告発していた問題で、日本オリンピック委員会(JOC)理事で自民党の橋本聖子参院政審会長は党参院議員総会で「長年のいろいろな問題を訴えることには非常に大きな責任がある。選手一人一人が理解しなければいけない」と述べ、「プライバシーを守ってもらいながらヒアリングをしてもらいたいというのは、決していいことでない」と指摘し、「あまりにも選手のプライバシーを守ろうとする観点から、15人の選手が表に出ていないことをどう判断するか。非常に大きな問題だ」と語りました。

■追記 2013/02/06 22:37
橋本聖子氏「『(女子柔道パワハラ告発選手の)氏名を公表すべき』とする発言はいたしておりません」 | CUTPLAZA DIARY橋本聖子氏「『(女子柔道パワハラ告発選手の)氏名を公表すべき』とする発言はいたしておりません」 | CUTPLAZA DIARY

「告発選手名の公表を」橋本聖子氏@hashimoto_seiko JOCは被害者の選手15人のプライバシーも守れないのか

何か橋本聖子氏は勘違いされているのかもしれませんが、暴行やパワハラは刑事事件になってもおかしくない問題です。
そして、彼女たちは被害者です。

暴行を認めた監督の続投をさせようとしたJOCの対応を反省するならいざしらず、被害者の選手らの名前を公表するのは間違っています。

どうして全柔連やJOCに選手らが代理人の弁護士を立てて告発しなくてはいけなかったのか、告発してもなかなか彼女らは助けられなかったのか。
JOC、ならびに橋本聖子氏は考えていただくとともに、彼女たちを救うのに彼女たちの名前は必要なく、名前の公表はパワハラと同義であると認識して欲しいと思います。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

柔道女子パワハラ問題、国際柔道連盟「断固非難する」 谷亮子「私は暴力受けた経験ない」「全柔連は賢明な判断」

ロンドンオリンピック代表含む柔道女子選手15人が、女子代表の監督を暴力およびパワーハラスメントを受けていたと文書で告発した問題で、国際柔道連盟(IJF)のビゼール会長は「(暴力は)われわれのスポーツの礎を築いた嘉納治五郎師範が説いた精神と理念では決してない」と批判しました。
全日本柔道連盟(全柔連)は1月30日、暴力やパワーハラスメントがあったと告発を受けた監督らを戒告処分にしたものの、同監督を交代させませんでした。
しかし、柔道女子の監督は「私の行動や言動で選手や皆様にご迷惑をかけたことを深く反省している。これ以上、強化に携わるのは難しい」として、辞意を表明しました。
今後、全日本柔道連盟に進退伺を出し、正式に辞任する見通しとなっています。

柔道女子パワハラ問題、国際柔道連盟「断固非難する」 谷亮子「私は暴力受けた経験ない」「全柔連は賢明な判断」

海外でも今回の体罰というパワハラの件は問題視されたことで、JOCの市原則之専務理事は「(招致への)影響はないと思う」としたものの、東京オリンピック招致にも影響を懸念する声があがっています。
日本オリンピック委員会(JOC)の橋本聖子理事は「スポーツ界で早急に対応し、五輪招致にマイナスにならないようにしないといけない」と危機感をあらわにしています。

ちなみに、監督は記者会見で謝罪しながら「私自身は、暴力という観点で選手に手を上げたっていう認識は全くありません」と話していたり、代表監督の経験を持つある競技団体の指導者は選手らの告発を「わがまま」と言ったりしているようですが、こうした認識がスポーツ指導における体罰の根深い状況となっています。

女子柔道で2度の金メダルをとった谷亮子議員には記者から質問されることが多いようですが、政策で谷亮子議員が答えているのを見たことがありませんが、誰の生活を守ろうとしているのでしょうか。
それはともかく、当初谷亮子議員は暴行を受けたことがないと話したところ、女子柔道の監督が暴行をしたと認めてしまいました。
柔道界では別件で女子選手に対する暴力があったとして懲役が言い渡され控訴している係争中の事件がありますが、しばらくの間、柔道界並びに体罰問題は色々と話題が尽きないのでしょうね。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

女子柔道監督が女子選手らにパワハラで告発 体罰容認派の小倉智昭も批判報道開始 #フジテレビ #とくダネ

女子柔道の園田隆二・日本代表監督(39)ら指導陣が強化合宿などで選手に暴力などのパワーハラスメント行為をしていたとして、女子選手15人が昨年12月、日本オリンピック委員会(JOC)に告発文を提出していたことが分かりました。
提出された文書は、日本代表の強化合宿で園田隆二監督やコーチが、複数の選手に対して平手でたたくなどの暴力行為やパワーハラスメントととられる行為をしたと告発し、指導体制の改善を求める内容でした。
JOCは事実関係を確認し、全日本柔道連盟に対し、選手の指導方法を改善するよう指導したということです。
女子柔道監督が女子選手らにパワハラで告発 体罰容認派の小倉智昭も批判報道開始 #フジテレビ #とくダネ
さて、フジテレビの朝の情報番組とくダネでも女子柔道の監督の暴力問題を取り上げ小倉智昭さん他が口をそろえて批判報道をしていました。
暴力によるパワハラがあったなら問題なのは当然ですが、
フジテレビのとくダネでは前日に大阪の橋本徹市長と小倉智昭さんの桜宮高校の入試問題の件で討論(?)があり、
小倉智昭さんや笠井さん菊川怜さんは体罰を容認するような発言をした上で、問題のある教師だけ辞めさせればいいとか、桜宮高校の関係者(反橋下市長)の声だけを取り上げていました。

桜宮体罰自殺事件でとくダネで橋本徹市長と小倉智昭さんが討論

桜宮体罰自殺事件でとくダネで橋本徹市長と小倉智昭さんが討論

小倉智昭さん笠井さん菊川怜さん、体罰容認しつつ橋下市長を批判

小倉智昭さん笠井さん菊川怜さん、体罰容認しつつ橋下市長を批判

「沢山FAXが来た」としながら桜宮関係者の声しか取り上げないフジテレビ

「沢山FAXが来た」としながら桜宮関係者の声しか取り上げないフジテレビ
フジテレビのとくダネ、並びに、小倉智昭さん他のキャスターやコメンテーターの方々は、体罰問題を公平な立場で報道してください。
また、体罰という暴力による支配によって自殺者が出た事件であることを認識した上で発言してください。
橋本徹市長の批判だけが目的で体罰問題において主張を変えるのは、報道のするべきことではありません。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

【ロンドン五輪男子柔道】うなだれるアメリカ人を見たドイツ人が深々と土下座(画像あり)

ロンドンオリンピックの男子柔道81キロ級のアメリカのトラヴィス・スティーブンス選手とドイツのオーレ・ビショフ選手の試合で、旗判定でドイツ人勝ちになりましたが、アメリカのトラヴィス選手が負けて崩れ落ちているのを見たドイツのオーレ選手が見て勘違いしたのか土下座をしたという写真が出回っていて面白いw

【ロンドン五輪男子柔道】うなだれるアメリカ人を見たドイツ人が深々と土下座(画像あり)
それで、アメリカのトラヴィス選手は崩れ落ちているだけかと思ったら、アレは途中の写真で、土下座みたいなスタイルになっているのもあるんで、土下座と勘違いしても仕方ないですね。

「これが武士道だ」とか「礼儀が正しい」という声が聞こえてきそうですが、試合の内容は「まるでレスリングのようだった」という柔道としては認められない意見もあります。

Continue reading

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Home > Tags > 柔道

Profile

愛媛の真面目な美容師

最近はMinecraftなどのゲーム界隈に出没する花の妖怪

Amazon | ほしいものリスト

Access
Today Yesterday
スポンサーリンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)






Return to page top