Home > ニュース > 1トンの豆を鬼に投げる『すごい豆まき2012』が東京で開催

1トンの豆を鬼に投げる『すごい豆まき2012』が東京で開催

1トンの豆を鬼に投げる豆まきイベント『すごい豆まき2012』が東京で開催されるそうです。
参加費は2千円ですが、既に鬼に豆をぶつけたい人が殺到で満員御礼だそうで、さすがに鬼に同情してしまいそうです。

1トンの豆を鬼に投げる『すごい豆まき2012』が東京で開催

去年参加した赤鬼さんによると、さんざん投げつけられたそうで、未だに怪我をしているみたいです。
1トンの豆を鬼に投げる『すごい豆まき2012』が東京で開催
泣いた赤鬼思い出したw

豆まきの際の豆の投げ方や注意事項もあるそうなので参考にしてみてはいかがでしょうか。

1トンの豆を鬼に投げる『すごい豆まき2012』が東京で開催

1トンの豆を鬼に投げる『すごい豆まき2012』が東京で開催

所によっては「鬼も内」とするところもありますが、鬼にしてみれば稼ぎどきとも言えますので、ぶつけてもらってナンボかもしれません。

鬼のコスプレでイベントに参加している飲食店にて割引きなどが受けられる特典があるそうなので、そちらに参加するのもいいかもしれませんね。

今世紀最大!『すごい豆まき2012』 ~1トンの豆を、600人で投げつけろ~今世紀最大!『すごい豆まき2012』 ~1トンの豆を、600人で投げつけろ~

■追記 2012/02/04 10:56
東京タワーで「すごい豆まき」-1トンの豆、600人が鬼に投げつける – 六本木経済新聞東京タワーで「すごい豆まき」-1トンの豆、600人が鬼に投げつける - 六本木経済新聞

 東京タワー(港区芝公園4)で節分の日の2月3日、「すごい豆まき2012」が行われ、1.2トンの豆が600人の参加者によって鬼に投げつけられた。

 同イベントはクロコス(港区南青山)取締役の小澤隆生さんを実行委員長とする有志が、「鬼というハロウィーン的なコスプレ的要素+トマト祭り的な本来投げてはいけない食べ物(豆)を投げる面白み」をコンセプトに企画。昨年、30キロの豆を使ってテスト的に実施したが、本格的な開催は今回が初めて。豆は食用に適さないクズ豆を東北の農家から買い付けて使用。「食べ物を粗末にしてはいけない」という思いと、「少しでも東北復興に役立てれば」という意味も込める。

 メインのイベント「鬼-1グランプリ」は5組の鬼が登場し、来場者はその鬼たちに豆を投げつけ、ボス鬼の首に下げたバケツで一番たくさん豆を集めた鬼が優勝というもの。2組目の「社長鬼」にはGyao!の川邊健太郎社長など現役の社長が、4組目の「facebook鬼」には日本法人代表の児玉太郎さんらが登場し会場を盛り上げた。そして、最後の5組目には「野球鬼」として元ヤクルトの古田敦也さんとギャオス内藤さんが登場。古田さんは「沖縄のキャンプの仕事を断ってここに来ました!」と話し、盛り上がった会場から大量の豆を浴びせられた。

 グランプリには「野球鬼」のふたりが選ばれ、最後は来場者全員がひたすら豆を投げ合って終了。「豆が沢山当たって痛かったけれど、人に豆を投げつけられることなんてないので楽しかった。邪気が払われた気がする」とコメントする参加者も。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連タグ投稿

Home > ニュース > 1トンの豆を鬼に投げる『すごい豆まき2012』が東京で開催

Access
Today Yesterday
スポンサード リンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

Return to page top