「SNS」カテゴリーアーカイブ

最近のネット界隈の気になる話「動画配信サイト」「VTuber」

最近のインターネット界隈を眺めている中で、個人的に気になった事柄について少し感想を残してみようかなって思います。

最近のネット界隈の気になる話

動画配信サイトについて

動画配信サイトの動向としては、つい先日にドワンゴ取締役とカドカワ社長を勤めていた方が辞任しました。
まあ、この方はなんで残ってたんだという想いしかないので、すこぶるどうでも良いのですが、2017年12月からニコニコ動画の運営代表になっていた栗田さんがドワンゴの専務取締役になったという情報だけ先に受け取っていて少し心配していたのですが、ニコニコ動画の代表も引き続き務めるそうでホッとしています。

ニコニコ動画は昨年9月にプレミアム会員36万人減少、11月の2018年4~9月期決算ではプレミアム会員は194万人で200万人を割り込んでいて2019年3月期の連結純損益予想も従来の54億円の黒字から43億円の赤字に下方修正されていたりと、かなり厳しい状況となっています。

続きを読む 最近のネット界隈の気になる話「動画配信サイト」「VTuber」

mixi「メッセージ機能の確認」や「メッセージの削除」について回答。「メッセージを監視」発言者は謝罪

mixiにアカウントを削除された人の「mixiはメッセージを監視している?」というつぶやきがTwitterで取り上げられ、Togetterでまとめられていましたが、
12日、mixiは『重要なお知らせ・mixi健全化の取り組みについて』として、「メッセージ機能の確認」や「メッセージの削除」などについて回答しています。

mixiによると、mixiでは青少年保護として『SNS「mixi」の利用規約の第14条 禁止事項 (8)「面識のない異性との出会い等を目的として利用する行為」について、ユーザー同士の関係性・属性(友人になっているかいなか、年齢)なども踏まえ、上記違反事項に該当する可能性のあるメッセージをシステムで自動的に抽出し、対応』しているとしています。
その上で、メッセージの確認については『全てのメッセージを確認しているわけではございません。 SNS「mixi」の利用規約の第14条 禁止事項 (8)面識のない異性との出会い等を目的として利用する行為について確認しています。 』とし『ユーザー同士の関係性・属性(友人になっているかいなか、年齢)なども踏まえ(略)該当する可能性のあるメッセージをシステムで自動的に抽出、対応』しているそうです。
また、知り合いでも削除するのかという質問には『「面識のない異性との出会い等を目的として利用する行為」に該当しない場合、削除することはございません。なお、面識のない異性との出会い等を目的として利用する行為とは別の他の違反事項(薬物売買などの法令違反)が含まれる場合は削除などの対応は実施いたします。 』と回答しています。
メッセージのやり取りでアカウントが削除されるのかという質問には『複数回違反事項に該当するメッセージを行われたユーザー様に限り、利用停止』しているそうです。

さて、この「mixiはメッセージを監視している?」という人のつぶやきについて、私は信憑性について疑問視していました。
また、mixiというSNSの性質上、犯罪に利用されることも多く、mixiの規約にある青少年保護の観点からも、mixiのこうした取り組みは必要なのではないでしょうか。
mixiでチケット販売をしていた人が警告を受けたというのも、それは警告されて当然ではないでしょうか。

ちなみに、当初「mixiはメッセージを監視している?」という人が、発言を撤回し謝罪しています。
続きを読む mixi「メッセージ機能の確認」や「メッセージの削除」について回答。「メッセージを監視」発言者は謝罪

「pixiv(ピクシブ)」がメンテ中でトップページでゲーム出来る。

SNS的なイラストコミュニティサービスを展開して人気のイラストの投稿・閲覧「pixiv(ピクシブ)」が今現在メンテナンス中のようで、イラストの投稿・閲覧が出来ない変わりに、トップページでゲームが出来る状態になっています。

pixiv
「pixiv(ピクシブ)」がメンテ中でトップページでゲーム出来る。

最初、所用で「pixiv(ピクシブ)」を見たかったのですが、どこに飛ばされたのか、はたまた「これが噂のフィッシング詐欺というやつかー」とビックリしていました。

んが、数秒後、そこにきっと中に入れる入り口があるのだと信じて。ゲームでひたすら上を目指していました。
続きを読む 「pixiv(ピクシブ)」がメンテ中でトップページでゲーム出来る。

GREEは上場後、外部リンク出来ないSNSに変身したらしい。

GREEに登録していた方がプロフィールに自身の作ったサイトへリンクしていたら、それが問題であったようで削除されたようです。

GREEは上場後、外部リンク出来ないSNSに変身したらしい。

ミクシィですと、逆に携帯表示用に変換するようになりましたけどね。
(※ただし直接のリンクやアドレスは表示されない。)
続きを読む GREEは上場後、外部リンク出来ないSNSに変身したらしい。

mixiに自分のあしあと削除機能が追加。但し10件まで

SNSの大手、mixiは他の人のページや日記を読んだりすると自分の訪問したという「あしあと」が付いてしまいますが、自分のあしあと削除機能が追加されたようです。

mixiに自分のあしあと削除機能が追加。但し10件まで

昨日、後々を確認していたら、Tomoもこれが追加されていたのを見て「なんじゃ?」っと。

mixiに自分のあしあと削除機能が追加。但し10件まで

要するに、間違って訪問した先の「自分のあしあと」を削除出来るという事らしい。

mixiに自分のあしあと削除機能が追加。但し10件まで

ただし、10件までだそうで、おそらく使わないだろうけれど、便利なのかまだよく分からない機能ですね。
(※いっそ、あしあと機能が無くなっても良いと思う今日この頃・・・)
続きを読む mixiに自分のあしあと削除機能が追加。但し10件まで

ブログ始めて随分経つけどSEOに役立ちそうなWebサービスを試したまとめ

ブログとか複数のサービスを利用している人が、SEOとかの観点から入れておくと良さそうな物があるそうで、ここ数日試していましたの。
とりあえず複数のブログやサービスの更新報告には自分のプロフィールを公開出来るサービス「livedoor プロフィール」とか「iddy」ってのが最初使いやすいと思ったけど、先日日本語にも対応した「FriendFeed」が最強かもしれない。

ブログ始めて随分経つけどSEOに役立ちそうWebサービスを試したまとめ

あと、アクセスアップには「Yahoo!ログール」ってのはなかなか良いが、これで回ってアクセスしてもらうことに尽力するより、その時間に読まれやすく検索されやすい記事を更新する事が何より大事。

「ザッピング」っていうブログパーツは、数日経ってもタグを取得してこないので、そろそろ非表示にしてあげようと思う。

「あわせて読みたい」はなかなか良いのかもしれない。ただ、どれくらい読まれているのかはどうやったら分かるんだろうね。

「トラックフィード」や「trackword」は以前から使っていた。効果は・・・(うーん)

「FeedBurner」はRSSをRSSリーダーに登録してもらいやすくするツール?ある時思い立ってやってた。
今はGoogleの関連から使えるよね。

あとサイトマップというのはいままでやったことがない。
そのうち試す。

あとは「Wordpress」のプラグインでSEO関連のをしなくっちゃだけど、ちとメンドクサイw
続きを読む ブログ始めて随分経つけどSEOに役立ちそうなWebサービスを試したまとめ

「mixi年賀状」国内最大SNSミクシィによるマイミク年賀状サービス

日本最大のコミュニティサイトのSNS「mixi(ミクシィ)」において、マイミクに年賀状が送れるサービス「mixi年賀状」が始まるそうですね。

「mixi年賀状」国内最大SNSミクシィによるマイミク年賀状サービス

住所はミクシィが管理して、年賀状を出したいマイミクにミクシィが受け付けて郵便局に依頼し送るという、ユーザーとマイミクとの中間的な役をになう事になるようです。

「mixi年賀状」国内最大SNSミクシィによるマイミク年賀状サービス

mixi内には1500万人のユーザーがいますが、これの4分の1が出したとしても、375万人。一人一枚という事も無いでしょうから、かなりの枚数が送られる事になったりして?
(※もちろん、あけおめメールが主流の年賀状離れした若者にどれだけ受け入れられるかによりますが。)

テンプレートに対して、自分のプロフィールのアイコンの写真が印刷される形になるようです。

「mixi年賀状」国内最大SNSミクシィによるマイミク年賀状サービス

提供期間は11月下旬~2009年1月末。
2008年12月20日までに受け取りが完了した年賀状は2008年12月25日までに投函とのこと。

年賀状の作成、発注は2009年1月15日まで可能。
通常価格は1通98円。企業広告の入ったスポンサードテンプレートは1通48円。
続きを読む 「mixi年賀状」国内最大SNSミクシィによるマイミク年賀状サービス

mixiモバイル、外部サイトを携帯電話向けに変換するサービス

mixiを携帯で利用した際に、外部サイトを携帯電話向けに変換するサービスが開始していますが、その表示の仕方があまり好ましく思えない件。

携帯から他サービスブログやサイトへのリンクを表示するようになりましたが、その先のリンクや取得先のリンクへ移動させない処理は、割とお行儀が悪いマナー違反じゃないのかな。

っと、自前の携帯で色んなサイトを表示するスクリプトの手直ししながら、ふと思ったり。

リンクさせないのは、この辺の絡みだろうけど。

[mixi] より健全な SNS を目指して

[各種システムの導入]
ユーザーの皆さまがトラブルに巻き込まれることを防ぐため、悪質な活動を行うユーザーをすばやく察知・活動を阻止するシステムを構築しています。

続きを読む mixiモバイル、外部サイトを携帯電話向けに変換するサービス



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...