「国際」タグアーカイブ

尖閣不法上陸時に同行の男、女子トイレ盗撮で実刑判決

昨年8月に、日本の尖閣諸島に不法上陸した香港の活動家らに、船長として同行した漁師の男・張偉民被告(31)が、昨年7月に女子トイレの盗撮していたところを警察に逮捕されていたなどの件で禁固30日の実刑判決を言い渡されました。
尖閣諸島に同行していた当時は保釈中であり、以前にも犯した乱暴な行為や公共の場での公衆道徳の振る舞い​​が影響したとみられます。

尖閣不法上陸時に同行の男、女子トイレ盗撮で実刑判決

尖閣諸島に上陸していた香港の活動家も、チベットや香港のデモ活動で中国の国旗を燃やしたり、英雄扱いしていた中国国内がざわついたことがあります。

尖閣上陸した香港人、チベット開放デモの際に中国国旗を燃やしていて中国人大混乱 | CUTPLAZA DIARY尖閣上陸した香港人、チベット開放デモの際に中国国旗を燃やしていて中国人大混乱 | CUTPLAZA DIARY
尖閣上陸した香港人、チベット開放デモの際に中国国旗を燃やしていて中国人大混乱 | CUTPLAZA DIARY

ともあれ、してはいけないことを実行する犯罪者という点では、盗撮も不法上陸も悪質な犯行です。
続きを読む 尖閣不法上陸時に同行の男、女子トイレ盗撮で実刑判決

尖閣上陸した香港人、チベット開放デモの際に中国国旗を燃やしていて中国人大混乱

尖閣諸島に上陸した中国人活動家らが強制送還された香港の民間団体「保釣(釣魚島防衛)行動委員会」のメンバーの1人が、チベット開放デモの際に中国国旗を燃やしていたことが発覚して、それに気がついた中国人が大混乱になっているとのことです。
いわゆる反日のように何かを煽ることで金を集める団体なんでしょうけど、露骨にいろんな事に参加していた結果でしょうね。

この人達が捕まえられて連行される際になにか叫んでいたけど、ああいうのは全部消してしまう情報統制は出来ないのが自由な日本の弱みに働いたけど仕方ないんですかね。
今回はsengoku38みたいにならないようビデオの公開がされるかと思ったらされない弱腰外交はいつも通りだったり、
日本としては次も来ると言っている中国人たちの処分は強制送還だけでいいのかということですけど、自民党が野党になったら刑事事件で扱えと言い出したのもいかにも日本的でした。
続きを読む 尖閣上陸した香港人、チベット開放デモの際に中国国旗を燃やしていて中国人大混乱

シリア取材中の日本人女性記者、銃撃戦に巻き込まれ死亡 反体制派がネットに動画と画像公開

シリア北部アレッポで独立系通信社ジャパンプレスの日本人記者、山本美香さん(45)が取材中に銃撃戦に巻き込まれ死亡しました。
隣国のトルコの病院に運び込まれ日本人記者の山本美香さんと確認されました。
武装反体制派の自由シリア軍がYouTubeに投稿した「(親アサド大統領派の民兵組織)シャビーハに日本人女性ジャーナリスト、ミカが殺害される」とタイトルの付いた動画によると、病院のベッドに亡くなった山本美香さんが目を閉じたまま身動きせず横たわっており、右腕の関節がえぐられるほどの重傷を負っていました。また、同行していたジャパンプレスの佐藤和孝さんが医師らと話す場面も写っています。

日本テレビとの契約で内戦下のシリアを取材中だったとのことですが、シリアでは2011年3月から反政府デモの広がりを受け、在シリア日本国大使館は反体制派と大統領派で内戦状態というシリア情勢の悪化を受けて3月21日に一時閉館しています。
また、「退避を勧告します。渡航は延期してください。」というシリアに対する渡航情報(危険情報)の発出されていました。
続きを読む シリア取材中の日本人女性記者、銃撃戦に巻き込まれ死亡 反体制派がネットに動画と画像公開

中国の弁護士「尖閣主権侵害」と提訴 あと東京都の寄付金没収も要求

中国 北京の弁護士が日本の尖閣諸島は中国のものだとし、尖閣諸島の主権や同諸島および周辺海域の財産権を侵害したなどとして、日本政府と石原慎太郎東京都知事を相手取って侵害行為の停止や公開謝罪などを求め、北京市高級人民法院(高裁)に提訴状を提出しました。同院は受理するか検討しているとされています。
また、尖閣諸島の購入資金として東京都に寄付が集まっていますが、なんの権限か知りませんが、この中国の弁護士は東京都の寄付金没収も要求しているそうです。

中国の弁護士「尖閣主権侵害」と提訴 あと東京都の寄付金没収も要求

そもそも日本の領土である尖閣諸島の問題に中国国内で裁判してなにか変わるとでも思っているのでしょうか。
しかも東京都の寄付まで没収するというが、どうやって実行するつもりなのか意味が分かりませんね。
他国の領土やお金を取ろうとするなんて侵略者の発想じゃないですか。
続きを読む 中国の弁護士「尖閣主権侵害」と提訴 あと東京都の寄付金没収も要求

中国書記官、日本国内でスパイ活動の疑い 中国大使館に出頭要請も書記官は一時帰国

在日中国大使館の1等書記官(45)が外国人登録証明書を不正に使って銀行口座を開設するなどウィーン条約で禁じられた商業活動をした疑いで、警視庁公安部が外務省を通じて中国大使館に書記官の出頭を要請していました。しかし、中国大使館はこの要請を拒否し、書記官は一時帰国しています。
書記官は中国人民解放軍総参謀部の情報部門「第2部」出身とみられ、外交官となる前から何度も入国して政財界要人とも交流していたことなどから、公安部は、日本国内で諜報活動をしていたとみています。

中国書記官、日本国内でスパイ活動の疑い 中国大使館に出頭要請も書記官は一時帰国

元公安調査庁調査第二部長(1995年退官)の菅沼光弘氏は2006年10月に「日本はスパイ天国。諜報に対して脆弱なんてものではない」と日本外国特派員協会の講演で語っています。
外国による諜報活動に対して日本は対応が後手に回る状況が続いていますが、日本の企業の技術や情報が盗まれるだけでなく、国家防衛に関わるような問題が出てくることも考えられるにもかかわらず、法整備も整っておらず、残念ながら日本は自分の国を自分で守る術を持っていないということなんですね。
続きを読む 中国書記官、日本国内でスパイ活動の疑い 中国大使館に出頭要請も書記官は一時帰国

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...