Home > ヘアー | 美容 > 英など遺伝子変異研究「特定の2種類の遺伝子変異を持っている人は、薄毛になる確率が7倍に」

英など遺伝子変異研究「特定の2種類の遺伝子変異を持っている人は、薄毛になる確率が7倍に」

特定の2種類の遺伝子変異を持っている人は、薄毛になる確率が7倍になることが、英国やスイスなどの共同研究による全遺伝情報(ゲノム)の解読で明らかになったそうですの

英など遺伝子変異研究「特定の2種類の遺伝子変異を持っている人は、薄毛になる確率が7倍に」

白人の男性の遺伝子のケースが調べられただけなので、アジア人および日本人にどのくらい適用出来るのかわかりませんが、やはり、脱毛症は遺伝による作用が深く関わっている事が明らかになったようです。

遺伝子変異という事は、その以前に作用する遺伝子もありそうな気がしますが、その事については言及されていないようですね。

今回の調べられたケースは「男性ホルモン性脱毛症(生え際が後退し、頭のてっぺんが薄くなっていくタイプ)」との事なのですが、これから研究が進められれば、脱毛症の画期的な治療法が新たに発見されるかもしれませんね。

asahi.com(朝日新聞社):はげる確率、一気に7倍 英など遺伝子変異研究 – サイエンス

 研究チームはまず、スイスの研究データをもとに1125人の白人男性のゲノムを調べ、薄毛のリスクを高めている二つの特徴的な遺伝子変異を見つけた。さらに英国、アイスランド、オランダのサンプルで1650人の白人男性のゲノムを調べ、2種類の遺伝子変異は7人に1人が持っていることを確認した。

 今回調べたケースは男性ホルモン性脱毛症といわれ、生え際が後退し、頭のてっぺんが薄くなっていくタイプ。二つの遺伝子変異のうち、一つは男性ホルモンの受容体で以前から関連が指摘されていたものだったが、もう一つはこれまで知られていないものだったという。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連タグ投稿

Trackbacks (Close):1

pingback from 男性の薄毛率は欧州ほど薄毛多く、日本はアジアの中でトップ | CUTPLAZA DIARY 11-09-02 (金) 17:49

[…] 薬が発明されるかもしれませんね。 【英など遺伝子変異研究「特定の2種類の遺伝子変異を持っている人は、薄毛になる確率が7倍に」 | CUTPLAZA DIARY】 【抜け毛や白髪の原因で髪の幹細 […]

Home > ヘアー | 美容 > 英など遺伝子変異研究「特定の2種類の遺伝子変異を持っている人は、薄毛になる確率が7倍に」

Access
Today Yesterday
スポンサード リンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

Return to page top