Home > Tags > 電車

電車

スウェーデンの男性電車運転手ら、スカート着用勤務で抗議。ついに会社、短パン認める。

スウェーデンのストックホルム首都圏を走る電車の運転手や職員らが、暑い日には車両内の温度が35度に達するのに、短パン着用が認められないのはおかしいとして、スカート姿で勤務したため、それまで頑なに短パン勤務を拒んでいた会社は、過熱報道もあって10日に「スタッフから多くの提案を受け、考え直すことにした」と短パン容認への方針転換を表明しました。
会社は9日まで「男ならズボン。女ならスカート。短パンは駄目。身だしなみを良くする。これがわが社の方針」としていました。

スウェーデンの男性電車運転手ら、スカート着用勤務で抗議。ついに会社、短パン認める。

スウェーデンの男性電車運転手ら、スカート着用勤務で抗議。ついに会社、短パン認める。

スウェーデンの男性電車運転手ら、スカート着用勤務で抗議。ついに会社、短パン認める。

気になるのは男性の足の毛の処理がされているかどうかで、乗客が見た目に暑苦しく感じないかということですが、写真など見た限りでは目立たないですね。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「ベビーカーがなんで通勤時間に電車に乗ってこなきゃいけないの?」に反対意見が集中

「ベビーカーがなんで通勤時間に電車に乗ってこなきゃいけないの?」というブログの記事が話題になっています。
少し前に電車でのベビーカー利用に理解を求める鉄道会社や東京都のポスターのニュースがあり、それに対するコラムへの意見のようなもののようですが、通勤時間にベビーカーが電車に乗らなければならない事が悪いとしています。また、通勤時間に子供をベビーカーで電車に乗せないといけない理由について保育園に行っているのではと考察しています。
だから『保育園に子供を預けなければならない親は、ラッシュじゃなくて時差出勤できるようになればいい』としていますが、これには「朝8時台に母親が子連れで「遊びに行く」ことを制限しようとしている」とか「役所からの呼び出しとか,珍しい病気で遠くの病院いかなければいけなかったり,いろんな手続きしにいったりとか千差万別」といった多くの反対意見が寄せられています。

最初に言っておくと、少なくとも、この通勤時に電車が混むのは愛媛でもあるけれど、それは電車の車両や本数が少ないからで、田舎は車とかの通勤が多いので、こういう話はあまり聞きません。

朝日新聞デジタル:電車内のベビーカー利用に賛否両論 啓発ポスター引き金 - 教育

東京都内では「ベビーカーでの電車の乗り降りには注意が必要です。周りの方のお心づかいをお願いします」「車内ではストッパーをかけて」と鉄道会社や東京都がベビーカー利用に理解を求めるポスターを貼り出していますが、利用者からは「ベビーカーが通路をふさぐ」として、ポスターに対する疑問の声が都に寄せられた。都営地下鉄には「車内でベビーカーに足をぶつけられた」「ドアの脇を占領され、手すりを使えなかった」といった意見が寄せられています。

しかし、ベビーカーに乗るような赤ちゃんや幼児がベビーカー畳んで満員電車を立って乗るとか、おんぶや抱っこで乗るのも危険ですね。
また、子供を通勤時間の電車に電車に乗せなくてはいけない理由はいろいろありますし、遊びに行くのにその時間帯に利用できないというのはおかしな話です。

これは旅行者がキャリーバッグや大きな荷物を持って通勤時間の電車に乗る人が嫌がられたり、友達と会話する声すらうるさいと感じる人がいる関連の話ですね。
通勤時間の電車に場所を取るベビーカーが乗ることや、赤ちゃんや幼児といった子どもが泣いたり騒がしくするのを嫌うのと似ています。

また、高齢者や妊婦さんなどに着席を優先させる優先席に置いて、以前「誰が弱者か?」という画像が話題になったことがありますが、それにしても、みんな電車賃を払って乗っているのですから、それらは社会保障で生活できるようになるべき存在であり、身体的に問題ない若者なら、社会的弱者は優先席とは別の話です。

それから、子育て中の親が時差出勤すればいいという指摘には、「子育て中の親だけじゃなく、みんなが時差出勤すればいい」とか「すべての人に時差出勤を認めようにすれば通勤ラッシュの改善にもなる」といった意見が集まっています。

少子化問題もあって子供たちは社会的に優遇される存在であるとともに、いつまでも都会の電車が通勤時にラッシュで満員になるというのも、そろそろ解消されないのでしょうかね。

Continue reading

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Home > Tags > 電車

Access
Today Yesterday
スポンサード リンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

Return to page top