「コンピュータウイルス」タグアーカイブ

韓国サイバー攻撃のウイルスが日本でも検出 IPA、ウイルス届け出状況発表

情報処理推進機構(IPA)は16日、2013年第1四半期(1月~3月)のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談受付状況を公表しており、届出件数は前の期(2012年第四半期)より少ない1803件。ウイルス検出数は56210個と前期と比べ減少傾向しています。
W32/Mydoomが全体の3/4以上を占め、2012年第4四半期と比較すると、W32/Mydoom、W32/Netskyともに減少傾向ですが、W32/MydoomはIPAへの届出が少ない分減少したと考えられるそうで、全体的には減少していないとみています。
不正プログラム検出数も減少傾向にありますが、これも偽セキュリティソフトを感染させる手口が、メールでの攻撃からウェブサイト閲覧によるドライブ・バイ・ダウンロード攻撃へと変遷しているからと説明しています。

韓国サイバー攻撃のウイルスが日本でも検出 IPA、ウイルス届け出状況発表

先日、韓国で起きたサイバー攻撃に使われた不正プログラムTrojan/MBRKill(届出名:Trojan.Jokra[届出件数2件/検知件数3個])の届出が2013年3月にあったそうで、同時期に日本にも流通していたと指摘しています。
韓国の大規模サイバー攻撃、PCのマスターブートレコードを復旧困難にさせるウイルス | CUTPLAZA DIARY韓国の大規模サイバー攻撃、PCのマスターブートレコードを復旧困難にさせるウイルス | CUTPLAZA DIARY
韓国サイバー攻撃、韓国政府「中国のIPアドレス!犯人は北朝鮮だ」→※実は韓国内のIPアドレスでした | CUTPLAZA DIARY韓国サイバー攻撃、韓国政府「中国のIPアドレス!犯人は北朝鮮だ」→※実は韓国内のIPアドレスでした | CUTPLAZA DIARY

ウイルスや不正プログラムの検出数を見ると、かなりのウイルスや不正プログラムがパソコンの手前まで届いており、ウイルス対策ソフト等を使用することで感染被害に遭わずに済んでいるとみています。
やはりウイルス対策はパソコンを使用する際には必要ですね。
続きを読む 韓国サイバー攻撃のウイルスが日本でも検出 IPA、ウイルス届け出状況発表

【サイバー攻撃被害】JAXAでウイルス感染、ロケット情報漏洩の可能性

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は職員の端末1台がコンピュータウイルスに感染し、ロケット開発に関わる情報が外部に流出した可能性があると発表しました。
漏洩した可能性の情報は「イプシロンロケットの仕様や運用に関わる情報」と「イプシロンロケット開発に関連するM-Vロケット、H-IIAロケットおよびH-IIBロケットの仕様や運用に関わる情報」としています。
JAXAによると、11月21日にウイルスを検知、11月26日にウイルスに感染、11月28日にウイルスによる情報収集がなされていた痕跡、および外部との通信が確認がされたとされています。

【サイバー攻撃被害】JAXAでウイルス感染、ロケット情報漏洩の可能性

ロケットというと、その技術は軍事に応用できるものです。また、ロケット発射時にテロ行為を受けると多大なる被害をうける可能性のあるものです。

あまりにも無防備な三菱重工や衆参両院のサイバー攻撃被害まとめ – CUTPLAZA TERMINALあまりにも無防備な三菱重工や衆参両院のサイバー攻撃被害まとめ - CUTPLAZA TERMINAL
厚労省サーバー感染、PC1万台ネット接続不能 – CUTPLAZA TERMINAL厚労省サーバー感染、PC1万台ネット接続不能 - CUTPLAZA TERMINAL

ロケット発射になんども失敗している韓国や、ロケットをミサイルとして軍事利用したいロシアや北朝鮮、そして一番疑わしい中国からのサイバーテロに対するセキュリティや取り締まる法律が日本は後手後手となっています。
昨年には三菱重工や衆参両院や外務省などもサイバーテロ攻撃を受けていますが、早急にセキリティ対策に向けた取り組みがなされなくてはいけません。
続きを読む 【サイバー攻撃被害】JAXAでウイルス感染、ロケット情報漏洩の可能性

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...