Home > Tags > 殺人

殺人

【八王子ホスト失踪】薬剤で遺体溶かし捨てた男女7人を死体損壊・遺棄(及び幇助)で逮捕

3年前に失踪した東京都八王子市のホストクラブ経営者の土田正道さん(当時43)の遺体を遺棄損壊するなどの容疑で八王子署は男女7人を逮捕しました。
逮捕されたのは、死体損壊・遺棄などの疑いで土田さんの元共同経営者で元店長(31)と元従業員(28)、元店長の友人(30)と、元従業員の父親(59)。元従業員の元妻(31)、元店長の元妻(28)と妹(28)も死体遺棄と損壊のほう助で逮捕されています。

【八王子ホスト失踪】薬剤で遺体溶かし捨てた男女7人を死体損壊・遺棄(及び幇助)で逮捕

土田さんは2010年11月25日朝、妻に「仕事に行ってくる」と言い残し自宅を出ていますが、同日午後1時ごろにホストクラブ近くの駐車場の防犯カメラに映ったのを最後に失踪していました。
以前から周囲に「いなくなったら殺されたと思ってくれ」と話していたといい、土田さんと仕事上関係のあった人によると「テレビスタッフから取材を受けるなど、成功して目立っていた分、ねたまれやすい存在だったみたい」とか「人の好き嫌いが激しく、短気な面があった。店の経営はうまくいっており、仲間に金を貸していたようだ」と明かしています。

元店長(31)と元従業員(28)は2012年7月、土田さんの携帯電話を壊して東京・檜原村に捨てたとして、器物損壊容疑で逮捕・起訴され、執行猶予付き判決を受けていました。
しかし、土田さんの行方については「知らない」と説明しており、土田さんの失踪の捜査は難航していました。

その後、警視庁の捜査員のもとに元従業員の実家に遺体が持ち込またという情報が寄せられ、警視庁は2013年4月に業者とともに元従業員の父親の住む住宅を捜索し、トイレや風呂、汚水槽から人の顔の骨の一部とインプラントを発見しました。
しかし、骨は状態が悪くDNA照合が出来ませんでしたが、インプラントはメーカーの方を特定し、流通している600個のうち599個の所在を特定、残る1個を土田さんの物と断定しました。

また、元店長の元妻と妹は土田さん疾走直後に土田さんの失踪直後に薬剤を大量に購入しており、2010年11月27日~2010年12月までに、主犯格の容疑者の依頼を受け薬剤を手渡したと警察はみています。

使用された薬剤は業務用洗浄剤の苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)とみられ、家庭用のキッチンや浴槽の排水口のパイプクリーナーに含まれる成分ですが、毒物及び劇物取締法では原体及び5%を超える製剤は劇物に指定されています。
元店長の元妻と妹がこの薬剤を大量に購入した記録が残っており、この時期の元従業員の実家の水道使用量が普段の約3倍に上っていたことが判明しています。

少し前にヤフー知恵袋で水酸化ナトリウムで犬を溶かしたいという相談がされていたことがありますが、時期が異なるため今回の事件と関与はないとしても、その気持ちの悪い内容が話題となっていました。

さて、この事件で逮捕された容疑者らは関与を否定しており、証拠も少ないため、かなり難しいと見られています。
似たような事件で「江東マンション神隠し殺人事件」がありますが、容疑者が無期懲役(求刑の死刑は認められなかった)になったのは、遺体のDNAが一致したことや被害者の所持品が見つかったこと、容疑者の指紋が一致したことが決め手となっています。

今回の八王子ホスト失踪事件において、遺体からはDNAが発見されていない為、今のところ薬剤購入履歴やインプラントの型しかないため、立件できたとしてもかなり難しい裁判が予想されます。
ただ、こうした事件が再度起きないように、警察や検察は全力であたっておく必要があります。
また、薬物の購入についても、さらなる規制や取扱資格などを検証したほうがいいのかもしれませんね。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

【広島女性遺棄事件】「耳の中に根性焼きしたら気絶」などLINEに実況。司法解剖でも顔や胸など全身に多数の火傷の痕

広島県呉市の山中に元同級生で高等専修学校の女子生徒(16)とみられる女性の遺体を遺棄したとして広島市の16歳の少女と21歳容疑者と16歳の少年2人と少女3人が逮捕されている事件で、捜査関係者によると遺体はすでに一部が白骨化しており、司法解剖の結果、残っていた皮膚から火のついたタバコを押し付けたような火傷の痕が顔や胸など全身から見つかったことが明らかになっています。

一部報道では、「全員で殴る蹴る」の暴行をしたとか、「耳の中に根性焼きしたら気絶した」などとLINEと呼ばれるスマートフォンのアプリに投稿しており、それを観ていた仲間が「いけいけ」「やっちゃえ」と煽っていたという証言もあります。

【広島女性遺棄事件】「耳の中に根性焼きしたら気絶」などLINEに実況。司法解剖でも顔や胸など全身に多数の火傷の痕

この事件は当初、最初に自首して逮捕された少女が「6月下旬に広島市中心部から元同級生と車で現場へ行き、殺害して遺体を遺棄した」と供述をしていましたが、遺体を運ぶ方法に矛盾がありました。
その後主張を変え、逮捕された少女は「未明に広島市の中心部で待ち合わせて、別の人の車で遺棄現場に行った」と供述し、その後、21歳容疑者と16歳の少年2人と少女3人が死体遺棄容疑で逮捕されています。

その内の一人の少女が「車の中で少女に複数で暴行した。そして、逮捕された少女が最後に首を絞めた」としており、数人が「被害者を林道下に投げ落とした後、7人全員で見に行き、死んでいることを確認した」などと供述しています。

また、逮捕された7人と女子生徒が遺棄現場まで乗った車の中からは血液反応が検出されなかったことも判明しており、7人の一部はこれまで「車内で暴行した。山で殴ったり蹴ったりした」と供述しています。

最初に逮捕された少女が犯行の説明などの供述を変えてていましたが、この少女が自首前などにLINEの「グループチャット」で言い合いになり、逮捕された7人のうち5人が共謀して、逮捕された7人のうち2人に被害者の女性を誘いだしを依頼したことも分かっています。

最初に逮捕された少女は、LINEに暴行後に首を絞めて首の骨を折り投げ捨てたなどと明かしています。

【広島女性遺棄事件】「耳の中に根性焼きしたら気絶」などLINEに実況。司法解剖でも顔や胸など全身に多数の火傷の痕

この少女は被害者の女性と元同級生で、被害者の女性のブログには二人で仲良く撮った写真もありましたが、最初に逮捕された少女はLINEの中で、裏切ったことについての謝罪はしているものの、反省の弁や被害者の女性に対しての謝罪はこれまでのところ出てきていません。
また、逮捕された7人のうちの3人は捜査本部の調べに「これから自分はどうなるのか」と、今後の自らの刑事処分などを気にする言葉を繰り返し、女子生徒への行為に関する後悔の言葉はないといいます。

未成年者による事件ということもありますが、元同級生で深い者やLINEでしか交流のない少女らが暴行に関わり殺害したとみられる今回の事件ですが、その犯行の内容の酷さには目に余るものがあります。
今後の捜査の行方が注目されます。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

大阪2児餓死事件で被告の母親(25)が懲役30年の判決に不服として最高裁に上告

大阪西区で2010年6月に当時3歳と1歳の子ども2人を室内に放置して餓死させたとして殺人罪に問われ、懲役30年の判決を受けていた母親(25)が、判決を不服として最高裁に18日付上告しました。
被告の母親は1審大阪地裁の裁判員裁判で懲役30年の判決が出ていましたが、高裁で殺意認定により控訴が棄却されていました。

大阪2児餓死事件で被告の母親(25)が懲役30年の判決に不服として最高裁に上告

母親は2009年5月に離婚し子供を引きとっていましたが、2010年3月から子供を家に放置したままホストクラブの男性宅に連日外泊し、6月9日に帰宅した際に衰弱した2人に十分な食事を与えず、玄関と居間をつなぐドアに粘着テープを貼って閉じ込めた状態で再び外出し、6月下旬に死亡させたということです。
大阪高裁裁判長は「放置を続ければ死に至ると認識できた。死んでもやむを得ないという未必の殺意があった」として殺意認定し、「育児に疲れ、逃げ出したいという被告の心情に酌むべき点はあるが、放置され、徐々に衰弱した2人の苦しみは筆舌に尽くしがたい」と、有期刑の上限である懲役30年は重くないという結論を付けていました。

母親は3月頃まで結婚していた相手の苗字でしたが、現在は苗字が変わっています。

さて個人的には、今回の大阪2児餓死事件では殺人罪で懲役30年の判決なのに、千葉県柏市2歳児餓死事件は保護責任者遺棄致死傷というのは軽すぎる印象があります。
あわせて、育児放棄や児童虐待が取り締まれる体制や法律が望まれます。

Continue reading

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Tags > 殺人

Profile

愛媛の真面目な美容師

最近はMinecraftなどのゲーム界隈に出没する花の妖怪

Amazon | ほしいものリスト

Access
Today Yesterday
スポンサーリンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)






Return to page top