Home > Tags > 靖国神社

靖国神社

安倍晋三首相の靖国参拝にみる中国や韓国など各国の反応と日本国内の批判。いかに不公平な東京裁判の実態が知られていないか

安倍晋三総理大臣が26日、東京・九段北の靖国神社に参拝しました。
参拝を終えた安倍晋三総理大臣は記者団に「日本のために尊い命を犠牲にされたご英霊に対し、尊崇の念を表し、み霊安らかなれと手を合わせた。二度と再び、戦争の惨禍によって人々の苦しむことの無い時代を創るとの決意を込めて不戦の誓いをした」と不戦の誓いをしたと話しています。

安倍晋三首相の靖国参拝にみる中国や韓国など各国の反応と日本国内の批判。いかに不公平な東京裁判の実態が知られていないか

これまで中国や韓国に配慮して靖国参拝を自粛していましたが、この一年を振り返っても相変わらず中国は武力によって尖閣諸島を始めとした近隣諸国への覇権主義を強めていましたし、韓国においては間違った歴史認識に基づいた反日外交を繰り返していました。

安倍晋三総理大臣は一貫して中国や韓国への対話の扉は開いているとして首脳会談の呼びかけも続けていましたし、アメリカも中国による日本の尖閣周辺への活動について日米同盟を踏まえた警告を交えて日中関係の緊張緩和を働きかけ、韓国に対しても日韓関係の改善を提案しました。しかし中国は日本の尖閣諸島周辺を含む防衛識別圏を勝手に設定し、韓国においては先日の自衛隊から韓国軍に提供を受けた弾丸について恩を仇で返す行為をしていますし、朴槿恵大統領は相変わらず口を開けば反日を繰り返しています。

参拝していなくても中国と韓国は反日路線を続けており、『日本との関係改善はさらに遠のきそう』という時事通信の報道がありますが、元々遠ざかっているのだから、これ以上悪くなりようがありません。

安倍晋三総理大臣が靖国神社へ参拝したことで、予想通り中国や韓国が反発を見せています。
また、アメリカやロシア、ヨーロッパなども様々な立場で批判をしているようです。
日本国内でも共産党や社民党などの野党が批判を繰り返しています。

安倍晋三総理大臣の靖国参拝について国や政党などの団体が批判しているのですが、それ自体「お前が言うな」と言わざるをえないものであったりします。

韓国「日韓両国の努力が水泡に帰す」
韓国は朴槿恵大統領をはじめとして、韓国は日本との関係改善をせず、ずっと反日活動を繰り返しています。
そもそも日本は韓国とは戦争をしていません。

中国「侵略の歴史を反省するとした誓約を守り、誤りを正す措置を講じ、悪い影響を取り除き、具体的な行動をもってアジアの隣国や国際社会の信頼を得るよう、厳粛に求める」
中国は建国にあたり何千万の人間を殺したリーダーを建国の父として崇め奉る国であり、中国は現在進行形で民族弾圧や武力を用いて日本の尖閣諸島を始めとしたアジアの隣国など近隣諸国へ侵略を行っています。

ユダヤ系団体「倫理に反している」「戦没者を含め、亡くなった人を悼む権利は万人のものだが、戦争犯罪や人道に対する罪を実行するよう命じたり、行ったりした人々を一緒にしてはならない」
あまりにも多くの日本人を殺害した大量殺戮兵器「原子爆弾」を作ったのはユダヤ人の一人です。
また、極東国際軍事裁判(東京裁判)は、戦勝国が敗戦国を事後法で裁くという不公平なものであり、無実の罪で戦犯として処刑された人もいます。逆に連合国側の原子爆弾の使用や民間人を標的にした無差別爆撃については不問とされ、この裁判の対象にもなっていません。
そして靖国神社に合祀されている、いわゆる「A級戦犯」も多くの人が勘違いしています。◯級というのは罪の重さを表すものではなく、どのような罪でどこで軍事裁判で裁かれたかという区分の意味合いです。
「A級戦犯」とは「平和に対する罪」と「人道に対する罪」について極東国際軍事裁判(東京裁判)に訴追された人のことをいいます。これとは別に「BC級戦犯」は「通例の戦争犯罪」について各地の軍事裁判で裁かれた人をいいます。
先に述べたように、戦勝国による事後法で裁かれた不公平な裁判であり無効である(戦犯は存在しない)とも言えますし、サンフランシスコ講和条約第十一条の手続きに基づき、関係十一カ国の同意のもと、「A級戦犯」は昭和31年に、「BC級戦犯」は昭和33年までに赦免され釈放されました。この時、「A級戦犯」だった重光葵氏は鳩山内閣の副総理・外務大臣になり、終身刑を受けていた賀屋興宣氏は池田内閣で法務大臣を務め、A級戦犯被疑者だった岸信介氏は後に内閣総理大臣になっています。元「A級戦犯」が閣僚になった際にも中国はもちろん、諸外国からもとりたてて異議はありませんでした。

ロシア「このような行動には遺憾の意を抱かざるを得ない」

日本がポツダム宣言受諾を決定した直後に、ロシア(当時のソ連軍)が北方領土に上陸し占領した行動には遺憾の意を抱かざるを得ません。さっさと日本の領土を返せ。

アメリカやヨーロッパが批判

上記の通り、東京裁判は戦勝国による一方的で不公平な裁判であり、連合国側の戦争犯罪については問わないものでした。
靖国神社を認めることは、当時の矛盾を突きつけられることになり、さらには中国との繋がりが強まっているアメリカやヨーロッパとしては批判を出すしかないのです。

春香クリスティーンさんは海外の捉え方の一例を紹介したに過ぎない

さて、ミヤネ屋において春香クリスティーンさんが靖国神社をヒトラーの墓に例えたという話が流れて炎上しているようですが、世界を始めとして多くの人が靖国神社やいわゆる「A級戦犯」への誤解していることであり、春香クリスティーンさんにおかれましては海外でひとつの海外での捉えられ方を紹介したにすぎないのでしょう。

このところの日本の特定メディアの方が日本の国益を損ねている

それよりも朝日新聞などが今回の靖国神社参拝で日本を貶める報道を繰り返しています。
また、特定秘密保護法の時にも東国原英夫氏にヤラセを持ちかけたように、
今回の安倍晋三総理大臣の靖国参拝について百田尚樹氏の発言を書き換えて報じています。

このようなメディアが世界中に誤解を触れ回っている諸悪の根源であることは間違いありません。

今回の安倍晋三総理大臣の靖国参拝について色んな評価が出ていますが、こういう時こそどういう思想を各国や団体が持っているかというのが見れますので、よく観察していると今後のためによろしいかと思います。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

民主党徳永エリ議員「靖国参拝を拉致被害者家族が落胆」発言を救う会が否定。擁護は韓国関係者のみ

予算委員会で民主党の徳永エリ議員が自民党の麻生副総理などが靖国参拝したことについて韓国との関係悪化や「靖国参拝について拉致被害者家族が落胆している」として批判しましたが、古屋拉致担当大臣、安倍晋三総理大臣から「一体誰が落胆しているのですか?」と質問されるも答えられず遁走する珍事がありました。
この件について捏造と批判した安倍晋三総理大臣を名誉毀損だと徳永エリ議員は反発しましたが、
拉致被害者らの「救う会」(北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会)は徳永エリ議員の「靖国参拝について拉致被害者家族が落胆している」という発言を正式に否定し、『本会と国民の皆様に対して説明する必要がある』としています。
日本の政治家なのに韓国寄りの思想で政治をする徳永エリ議員を擁護してくれるのは、もはや韓国の新聞と韓国関係者のみとなったようです。

民主党徳永エリ議員「靖国参拝を拉致被害者家族が落胆」発言を救う会が否定。擁護は韓国関係者のみ

民主党徳永エリ議員「靖国参拝を拉致被害者家族が落胆」発言を救う会が否定。擁護は韓国関係者のみ

徳永エリ議員は中国や韓国を刺激するから靖国神社を参拝するなとか、靖国参拝したから中国が領海侵犯したかのような支離滅裂な発言をしています。
これに対し安倍晋三総理大臣は『靖国神社でご英霊に対してご冥福を祈る。それについて批判されることに対しては何も痛痒(つうよう)を感じずに、批判されたことで「それはおかしい」と思う方がおかしい。われわれはあくまでも国益を守る。私たちの歴史や伝統の上に立った、私たちの誇りを守っていくことも私の仕事だ。それを、「どんどんどんどん削っていけばよい。(中国や韓国との)関係がうまくいく」という考え方の方が私は間違っていると思う。そのことはハッキリと申し上げておきたい』と締めくくっています。

Continue reading

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Tags > 靖国神社

Access
Today Yesterday
スポンサード リンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

Return to page top