「ゲーム」カテゴリーアーカイブ

マイクラ腕試し2020忘備録や制作SSまとめ

これが読まれる頃にはマイクラ腕試しがそろそろ終わるくらいだと思いますが、いかがでしたでしょうか🌸

マイクラ腕試し2020忘備録や制作SSまとめ

失敗なく終わっているでしょうか。何か想定外の問題が起きて大変なことになっていないでしょうか。

毎回、制作が終わるたび、イベント本番が来るのが待ち遠しくも不安でいっぱいになります。
毎回何かしらのトラブルはつきもので、エラーや問題が起きないように色々準備はしているのですが、人が関わるイベントというのは、とかく何かしらの問題が起きるものです。

今回はマイクラ肝試しと違って、どちらかというとアミューズメントパークのような趣旨で制作されています。

ゆえに、今までできなかった表現のギミックも多く、その殆どが競技形式のものとなっています。

今回、コマンドの内容について説明記事を用意しました。
ただし、この内容を知らない人にオープンに書いてしまうとコピーまとめされてしまう恐れがありますので、
pixivFANBOX に有償の限定記事として投稿しています。

わたしに応援の意志があるとか、コマンドの仕組みを知りたい人はよかったら読んでみて下さい。

【Minecraft】スコア計算システムの説明🌸【Java 1.15.2】https://www.pixiv.net/fanbox/creator/361944/post/913901

【Minecraft】スコア計算システムの説明🌸【Java 1.15.2】

【Minecraft】アマスタ配置+スポナー感知式地雷匠の説明【Java 1.15.2】https://www.pixiv.net/fanbox/creator/361944/post/907413

【Minecraft】アマスタ配置+スポナー感知式地雷匠の説明【Java 1.15.2】

そんなわけで、今までとは趣向の違うコマンドのシステムを作ったつもりですが、個人的には全体にシンプルな構成を心がけました。

というのも、作り手というのは色々なことをしたくなって詰め込みすぎた結果、コマンド同士が喧嘩してエラーを起こすということがあります。

なので、2019年からですが、基本的にベースで動作するシステムを作ってから、そこに色々な要素を追加や変更してもいいような作りにしてあります。

黒ひげ村人危機一髪
コマンド部屋

あわせて、人が操作する場所には、見てすぐわかるような仕組みにしています。
よく、ゲームがおかしくなると「バグ」と言われますが、
人が作り上げたものにはバグなどはなく、作り方が間違っていたり、ヒューマンエラーで問題が起きます。
バグは最低限、ゲーム自体のMinecraftで言えば、距離を離れると存在が消えてるが実は存在しているというのがバグです。これはMojangが直さないと直りません。そういうときはシステムから変えて、そのバグが起きないようにするべきなんですね。

今回、わたしが担当したものはほとんどは新しいMinecraftの技術『Function』を利用してシステムを開発しています。

制作したものを上げていきますと

■Functionで作ったもの
ウイリアム・テル
製作者用変換コマンドサポート
カウントダウンシステム
黒ひげ村人危機一髪
釣りゲーム
フグ釣りゲーム
ローディングシステム
自動スポーンポイント付与システム

黒ひげ村人危機一髪

■コマブロで作ったもの
BGM再生システム
砲台から砲弾3種
各種スコアボード・タグリセット

■リソースパック
3D猫耳

3D猫耳

なぜFunctionを使ったかというと、
Functionはテキスト形式でファイルにコマンドを並べて、それぞれのファイルから実行させてコマンドのギミックを動かすことが出来ます。

コマンドブロックは1つに1つのコマンドしか入れることしかできませんので、回路を作りコマンドを一つ一つ入れるのが大変なのですね。
そして、Minecraftの中で作るにはプレイヤーが移動して右クリして中身を一つ一つ書き換えていく必要があります。

砲台から砲弾3種

これをエラーが起きるたびに行うのですから、手指に負担がかかります。
数年前から慢性的に手指がしびれる原因がこれです。

ですので、テキスト形式で開発できるのはとても助かりました。

問題はマルチ環境でのテストがしにくいということですが、これに関しては、マルチと同じステージと回路を組んで、ローカル環境でかなりの回数のテストを繰り返しています。

ローカルの試作場

これはマルチでは逆に出来ないことです。
ゆえに、基本のシステム自体のエラーは格段に減りました。

もちろん、マルチの鯖に毎回これを入れてもらうことが必要でしたから、ご協力いただいたクーさんには感謝しかありません。

おかげで、短時間でかなり制度のいいものが出来たように思います。

ウイリアム・テルで3週間、黒ひげ村人危機一髪で1ヶ月ほどの期間で基本的なものが完成しました。

というようなことを書きながら、本番で動かなかったらどうしようとか、別の不安で胃が痛いところですが、

大人が集まって本気でゲームを作った結果です。

世間は、大変な状況で、家から出られないで憂鬱な日々かと思いますが、
今回のイベントがみんなの笑顔を増やせて喜ばれていたらいいなぁと願っています。

【Minecraft 1.15x】あけおめ!かっぷらさんリソパ「ザリガニ」配布!!

あけましておめでとうございます🌸

お正月でめでたいのと、
先日日本カシデミー賞にて Re:かしだめし2018 が受賞、
ならびにリベンジ企画でザリガニ釣りに再挑戦して、見事小さなお友達が出来たということをお祝いしまして

ザリガニの3Dテクスチャバックを配布したいと思います✨

決して、先日配布したクリスマスリソパに入れ忘れたとか
そういうことじゃないんだからねっ❣

【Minecraft 1.15x】かっぷらさんリソパ(クリスマス編配布)!! | CUTPLAZA DIARY
http://plaza.chu.jp/diary/2019/12/minecraft-resourcepack-2019xmas.html

続きを読む 【Minecraft 1.15x】あけおめ!かっぷらさんリソパ「ザリガニ」配布!!

【MINECRAFT 1.15X】かっぷらさんリソパ(クリスマス編)のコマンドや使用方法など

先程配布したかっぷらさんリソパ(クリスマス編)の使用方法について説明したいと思います。

【Minecraft 1.15x】かっぷらさんリソパ(クリスマス編配布)!! | CUTPLAZA DIARY
http://plaza.chu.jp/diary/2019/12/minecraft-resourcepack-2019xmas.html

手に持つだけで遊ぶなら必要ないですが、

クリスマス関連のアイテムは、殆どは額縁にて設置が可能ですが、場所に応じて大きさを変えられるようにするため、アーマースタンドの頭・右手・左手に持たせることにより、それぞれで大きさが変わります。

その場合、コマンドを使用することになりますが、普段あまりコマンドを使わない人でも、コマンドが利用できるように、かんたんに説明しておきます。

続きを読む 【MINECRAFT 1.15X】かっぷらさんリソパ(クリスマス編)のコマンドや使用方法など

【Minecraft 1.15x】かっぷらさんリソパ(クリスマス編配布)!!

メリクリ🎅
クリスマスも後数時間という、このタイミングまで遅くなってしまって焦っているかっぷらさんです。

noteでも告知していますが、わたしオリジナルの
Minecraftのリソースパックを配布します✨

【Minecraft 1.15x】かっぷらさんリソパ❤クリスマス編配布します🌸|cutplaza|note https://note.com/cutplaza/n/n4c8de52bd123

■使用方法
以下の記事にてコマンドなどの使い方を説明しています。

【MINECRAFT 1.15X】かっぷらさんリソパ(クリスマス編)のコマンドや使用方法など | CUTPLAZA DIARY
http://plaza.chu.jp/diary/2019/12/minecraft-resourcepack-2019xmas-description.html

■注意事項
利用に当たり、いろいろ注意事項があります。
普段は説明書を読まない人も、しっかり読んでおいてからご利用ください。

・Minecraft Java版 1.15x用です。
おそらく他のバージョンだとエラーを起こす可能性があります。

・ダウンロードしたら解凍して、フォルダの中にある「readme.txt」と同じ階層にある「CUTPLAZA RESOPA」フォルダをMinecraftの『resourcepacks』フォルダに入れてください。
これ割と重要です。
なぜかzipの状態だとエラーが起きるので、解凍してからお使いください。

■禁止事項
参考にするのはいいのですが、内容を加工するなどしたものを
作者のcutplaza以外の人が自分で作ったと再配布したりする行為は禁じさせてもらいます。
常識の範囲内での使用をお願いします。
もし問題が発覚した場合は相応の対応を取らせていただきます。

それから、あくまで趣味的に作ったものなので
リソースパックを使用したことによる不具合やリソースパックの作成やクレームは受け付けません。
よろしくお願いします。

ダウンロードページのみを転載する行為は禁止します。
リンクを貼る際は、ブログのページを貼り付けるようお願いします。

■お願い
連絡等は必要ないのですが、
動画や配信などで使用するときはcutplazaのTwitterのリンクなどを表示してもらえると嬉しいです。

また、使用した動画などを教えてもらえるとcutplazaが喜びます。

+:;;;:++:;;;:++:;;;:+
Twitter:@cutplaza
+:;;;:++:;;;:++:;;;:+

■ダウンロード
ダウンロードはこちらの FANBOX からお願いします。
良かったら少しでもご支援もらえると助かります。

【Minecraft 1.15x】かっぷらさんリソパ❤クリスマス編|cutplaza|pixivFANBOX https://www.pixiv.net/fanbox/creator/361944/post/729996

【#マイクラ肝試し2019 】忘備録や制作SSまとめ

こんにちわ。cutplazaことかっぷらです。
これが公開される頃には、もう『マイクラ肝試し2019』終りを迎えて、打ち上げをしている頃だと思います。
いかがでしたでしょう❓楽しんでいただけたでしょうか❓❓

試作コマンド
cutplazaの試作コマンド一覧。48個のサンプルを作成

去年まではニコニコのブロマガを使っていたのですが、何かしらのエラーで書き上がった文章が消えたこともあり、元々持っているブログの方に今回のマイクラ肝試しの忘備録や制作SSまとめを残したいと思います。

さて、わたしはマイクラ肝試しに2016年からお手伝いとして参加していますから、ことしは4年目のイベントとなりました。
2015年が制作に半年、それ以降は5ヶ月とかかけていたのが、
今年は4ヶ月ほどで制作した形になります。

以前に比べて出来ることが増えたり、便利なコマンドがあるから、色々な事が以前よりもしやすくなっています。

ただ、今年もかなり時期が先に決まっていて、その時期に間に合わせるというのが、当初の時点で時間が足りるのか心配な部分はありました。

そのかわり今年はわたしの他にも何人かお手伝いが増えた関係で、かなり作業が分散されました。
テストを繰り返してくれる人もいましたので、デバックから即修正という体制ができたので、結果的に短時間でギミックが作られていた気がします。

しかし、先にも述べましたとおり、色々出来ることが増えたということは、一つのギミックに処理が詰め込まれることで重くなるということが起きやすくなっています。
今年はなるべく、コマンドの処理をシンプルにしたり、軽い処理のレッドストーン回路を併用するようにしました。

最近の配布系のMinecraftのマップでの主流はコマブロをありま使わないで、Functionというコマンドを予めファイルに纏めておいて、そのファイルを動かすことで処理を行うものが一般的です。

ただ、それは鯖を立てている人がコマンドの内容を理解していることや、ファイルを外部から出し入れするFTPのような環境が無いと管理ややり取りが難しいのですね。

ゆえにマイクラ肝試しではマップの各所にコマンドブロックを仕込んで作業する体制が取られています。

そういった経緯もあって、今回のマイクラ肝試し2019の舞台にはコマブロがたくさん使用され、元々重かった1.14xの仕様も相まって、処理落ちのバグに悩まされました。

次回があるなら、もう少しやり方を変えないと大変かもしれない気がします。

今回わたしは、試作場にサンプルを数えただけで48個ほど作りました。
最初は本番の舞台に要望されたギミックや、こういうのが出来るというサンプルで、これを週に5個ずつ作ったりしていました。

また、その前段階として、自分の環境で試作のワールドを作り、そこでも色々なものをテストしたり、試作を作っていました。
こんかいは1.14xでしたが、コマンド自体はそこまで変わっていないため、1.13.2のワールドも併用して行いました。

1.13.2のワールド
1.14xのワールド

今回のギミックで難航したのが
4つの状態のキラーをプレイヤーの状況に合わせて変更するというもので、 それぞれの状況に応じてコマンドを用意しなくてはいけないのと、 プレイヤーは2人いるため余計にコマンドの構成が難しかったです。

ボスの舞台用のギミック
ボスの舞台用のギミック。3周分の処理を行う。

あとは魔法の本のコマンドですが、これ自体よりも、
マルチサーバー特有の プレイヤーの回線状況によりチャンク読み込みの違いがあり、コマンドの実行速度が遅れるという不具合が起きていました。
これに関しては各コマンドブロックの場所に人を配置する必要が出てしまったので、もっと最小のコマンドの配置を考えないといけないと思いました。

魔法の本に使われた魔法陣
魔法の本に使われた魔法陣。

なるべく軽くする工夫も一応考えていまして、実際にボートを水流で動かして、あたかもゾンビをダンスしているように見せたりしていました。

ゾンビをダンスさせるギミックの一部
ゾンビをダンスさせるギミックの一部

ただ、わたしは去年からMinecraftのコマンドの作業を長時間すると、両手のしびれが出るようになっています。

なのでとりあえず手を休めつつ、
遊べていなかったMinecraftとは別のゲームで遊びたい感じですね。

そして今はとりあえず疲れちゃったので
寝させてください。

それではまた

[MINECRAFT] 透明防具テクスチャパック (1.13x ~1.14x用)

最近、Vtuberなどの実況者さんの間でもMinecraftが楽しまれていることと思いますが、たまにコラボなどで複数人いる場合、
防具をつけていることで誰が誰なのか判別しにくかったり、
判別しにくいから防具をつけないという人をお見受けします。

そういった防具でスキンが見えない問題を解決するのが、
今回配布する 透明防具テクスチャパック (1.13x ~1.14x用)となります。

透明防具テクスチャパック (1.13X ~1.14用)を使うと防具が透明になってスキンが見やすくなります。

■はじめに

このリソースパックはJAVA版のMinecraft 1.13xから1.14xに対応しています。

『ザリガニ』や『三角コーン』などの3Dテクスチャー

革とチェーンメイル以外のダイヤ・鉄・金の防具を『ほぼ透明』にします。
(※確認用に防具を装着すると部分的にお花がついています。)

おまけで『ザリガニ』や『三角コーン』などの3Dテクスチャーも入れておきました。

『三角コーン』3Dテクスチャー

(※頭に乗せたいときはチートにてコマンドの「replaceitem」を使ってください。)

続きを読む [MINECRAFT] 透明防具テクスチャパック (1.13x ~1.14x用)

Minecraft 1.13.2 でRiftのMODを使う方法

なぜForgeではなくRiftなのか

Minecraft 1.13xが公開されてから1.14がもうすぐ出そうなくらい日にちが経ってるのですが、未だにMODを使うためのForgeが1.13以降に対応していません。

ここではForgeと同じようにMODを使うことができる「Rift」の導入方法を書いておきます。


※現在Rift 用のMODで利用できるのは地図MOD「VoxelMap」などごく少数

最初に説明しておかなければいけないのは、現在Rift用のMODで1.13x利用できるのは地図MOD「VoxelMap」などごく少数で、
1.13.2のRift用のMODは更に少ないことと、

1.13.2なら1.13.2のRift用のMODをかならず使うことです。

バージョンの違うMODを入れて起動した場合、エラーを起こすだけじゃなく、これまでMinecraftのランチャーに設定していた「起動オプション」の内容が全部消えたり、ログアウトされてしまうといったミスが起きる場合があります。

また、これらのMODは有志によって作成されたものであり、使用に際した問題は、使用した個人の責任において注意して扱うようにしてください。

データや設定のバックアップは個人でしっかり行いましょう。

Riftの導入方法

Riftの導入方法法ですが、Forgeとほとんど使い方は変わりません。
ダウンロードしたRiftをインストールして、所定のフォルダにあるMODフォルダにMODを入れるだけです。

Riftをダウンロード

正式にはRiftの1.13.2に対応したものは出ていません。
有志によって作成された1.13.2版のRiftをダウンロードしてください。
1.13.2版のRiftは「VoxelMap」のCurseForgeページにてリンクが貼られています。


VoxelMap」のCurseForgeページの上の方にリンク

Riftをインストール

ダウンロードしたRift-jitpack-〇〇.jarをダブルクリックしてインストールします。


ダウンロードしたRift-jitpack-〇〇.jarをダブルクリック

ダウンロードしたRift-jitpack-〇〇.jarをインストール

※一度この段階で起動オプションを設定してから起動します。

起動オプションの設定

起動オプションにてインストールしておいたRiftのバージョンやフォルダの指定をしましょう。

Riftをインストールすると起動オプションが追加されている。
バージョンとゲームディレクトリ(フォルダ)を確認して設定する。

MODをダウンロードしてMODフォルダに入れる

OptiFineやVoxelMapなどRift用のMODを入れる

MODを入れるときはそれぞれ1つずつ追加して起動して確認していきましょう。

おすすめのRift用MOD

OptiFine (1.13.2_HD_U_E6_pre2)
VoxelMap
Rift-ModList-2.0 (Rift用のMOD一覧確認)

MODはこちらからダウンロード

Mods – プロジェクト – Minecraft CurseForge https://minecraft.curseforge.com/mc-mods?filter-game-version=2020709689%3A7132&filter-sort=4

【Minecraft】1.11におけるバナー(旗)のベース色パレット変更と、NoAIモブの変更についてのまとめと対策

Minecraftは現在最新バージョンが1.11.2(スナップショットを除く)ですが、1.11から色々な変更点が出ています。
例えばコマンドではエンティティのIDが変わりました。

今回は、それとは別に以下の2項目の変更について私が行った対策などについてまとめて書いておきます。

・バナーのベース色パレット変更
・NoAIモブの動作に関する変更

【Minecraft】1.11におけるバナー(旗)のベース色パレット変更と、NoAIモブの変更についてのまとめと対策

なお、あくまで当方が考えうる対策なので、他にもいい方法があるかもしれませんが、その際はどこかで教えて下さい。
続きを読む 【Minecraft】1.11におけるバナー(旗)のベース色パレット変更と、NoAIモブの変更についてのまとめと対策

ゲームと私、そしてこれから・・。。その他、最近見たニュースまとめ

わたしは子供の頃からゲームは厳格な父親から禁止されていた関係で、友達の家でしかプレイできない子供時代を過ごしていました。
そのくせ父親は自分の趣味である釣りや模型飛行機などには、ものすごくハマっていたわけで、そういう父親に矛盾を感じつつも反抗できない抑圧された日々を過ごしていたわけです。

東京で仕事を初めて一人暮らしをしている間にも、自由に使えるお金はない。なによりそんなことをしている時間もないという状況でしたので、ゲームとは一切無縁の生活を送っていました。

訳あって東京から実家で暮らすようになり父親も既にいなくなりましたが、それでもしばらくはゲームをするということはあまりなかったのです。
いや、実際にはリヴリーアイランドというものをしていましたが、ゲームというよりは、どちらかと言えばアバターチャットに近いものですから、ゲームとはまた違う感じかなと思います。

ゲームをするようになったのはつい最近で、2014年にあるニコ生配信者さんが上げていた動画がきっかけでMinecraft(マインクラフト)というゲームを始めることになりました。

ゲームと私、そしてこれから・・。。その他、最近見たニュースまとめ

子供の頃からゲームをしていなかったわけで、アスレチックのようなことは今でも下手なのですが、建築をしたり冒険をしたり、ゲームの中でいろんな生活をすることが出来ます。
ゴールがないから、昔作った家を改装したり、回路を組み込んだりして、以前よりもより良いものを作ることも出来ます。

こうしたパソコンでできるゲームはマルチで他の人とゲームをすることができるのも魅力の一つですが、やはり色んな人が集まるといろんなことが起きるというマルチならではの問題もあります。
ただ、一緒にいろんなものを作ったりして楽しむということもできるのもマルチならではですね。
続きを読む ゲームと私、そしてこれから・・。。その他、最近見たニュースまとめ

さっき見つけたゲーム「ひまつぶし」が本当にひまつぶしだった件

艦これイベント始まりましたね。私の艦隊の艦娘はそれはもう弱くて、資材も少ないのでキラづけしつつレベ上げ、そして遠征を回し続ける毎日を送っています。
さて、ドッグも負傷した艦娘でいっぱいになり、遠征もまだ帰ってこないので、その間遊べるゲームが無いか探していたのですが、先ほど見つけたゲーム「ひまつぶし」が本当に「ひま」を潰すゲームでした。

さっき見つけたゲーム「ひまつぶし」が本当にひまつぶしだった件

ルール的にはもぐらたたきに似ていて、
「ひま」が出てきたらクリック、それ以外を叩いたらアウトです。
続きを読む さっき見つけたゲーム「ひまつぶし」が本当にひまつぶしだった件

【Minecraft】アドレス変更時に「voxelMap」のウェイポイントを対応させる方法

MinecraftのMOD「voxelMap」で、サーバーアドレスが変更になった際に、今まで使用していたウェイポイントを対応させる方法です。

方法は単純に、「voxelMap」の保存されているファィル名とフォルダ名を変更されたアドレスと同じにする。これだけです。

【Minecraft】アドレス変更時に「voxelMap」のウェイポイントを対応させる方法
続きを読む 【Minecraft】アドレス変更時に「voxelMap」のウェイポイントを対応させる方法

Minecraftの新ランチャー1.6.11についての検証とJavaダウングレード方法まとめ

本日、Minecraftを起動したらランチャーが1.5.3から1.6.11になっていました。
そのランチャーの上部には以下の様な文章と、新しいランチャーのMinecraftinstaller.msiへのダウンロードリンクがついています。
Minecraftの新ランチャー1.6.11についての検証とJavaダウングレード方法まとめ

You are running an old version of Java. Please consider using the new Minecraft installer
which doesn’t require Java, as it may make your game faster.

※以下、便宜上として、今まで起動に使っていたランチャーを「旧ランチャー」、新たにインストールを勧められているランチャーを「新ランチャー」と称して紹介します。

実は先日、Java8の最新のアップデートがありまして、その直後にMinecraftが起動できなくなる不具合が起きたので、Java8を一旦アンインストールしてから、Java7をインストールしなおしていました。
因みにJava7インストール後にJava8を入れることで1.7のバージョンでMinecraftを起動することは出来るようになりました。
・Java7のインストール方法は以下を参照
Java 8をインストールした後にJava 7に戻すには、どうするのですかJava 8をインストールした後にJava 7に戻すには、どうするのですか

全オペレーティング・システム用のJavaのダウンロード Version 7全オペレーティング・システム用のJavaのダウンロード Version 7
・最新のJavaダウンロードは以下を参照
Java.com: あなたとJavaJava.com: あなたとJava
・最新のJavaダウンロードは以下を参照
※ダウンロードはインターネットエクスプローラー(IE)のブラウザからを推奨
※Javaインストール後にWindowsのセキュリティの警告が出たら、自己責任の上でアクセスを許可にする。(Javaは以前からセキュリティに問題があるという話があります。【「Java」がセキュリティ脆弱性対応の緊急アップデートをリリースする前日に削除したというね – CUTPLAZA TERMINAL「Java」がセキュリティ脆弱性対応の緊急アップデートをリリースする前日に削除したというね - CUTPLAZA TERMINAL)
Javaインストール後にWindowsのセキュリティの警告

しかし、今回のMinecraftの文章が出るのはJavaのバージョンの問題とは別件のようです。

取り敢えず、未知の問題が起きた場合を考慮して、元々のMinecraftファイルやログなどをバックアップしてから新ランチャーのインストールを行い検証しました。
続きを読む Minecraftの新ランチャー1.6.11についての検証とJavaダウングレード方法まとめ

しんみり系Flash「Colorcave」降ってくる雪を食べて音を奏でる。

降ってくる雪を食べて音を奏でるFlash作品「Colorcave」。
ただ降ってくる雪を食べると音が出るという、それだけのFlashなんですが、なんだかその音がいい感じに和音が続いたりすると心地よいメロディになるんです。

これはかなり簡単な音楽ゲームなのでお子さんでも遊べると思います。
小さいお子さんの場合は大人の方の監督の元遊ばせてもいいかもしれませんね。
続きを読む しんみり系Flash「Colorcave」降ってくる雪を食べて音を奏でる。

「四人将棋」全員が敵w 今までにない壮絶バトルロワイヤル将棋

昔こち亀で両津勘吉がみんなで将棋をしたいと無理矢理将棋をしていたのを思い出しますが、4人で将棋をすることが出来る「四人将棋」というゲームがネット上で遊べます。

「四人将棋」全員が敵w 今までにない壮絶バトルロワイヤル将棋

全員が角・香車なしでスタート。当然自身のニ歩禁止や成駒とか基本的なルールは普通の将棋と一緒なのですが、両隣とすぐにでも接戦になるくらい陣地が少ないので、最初から激戦になりやすいです。最初は守りつつ周りの敵から駒を取る戦法が望ましいと考えられます。
続きを読む 「四人将棋」全員が敵w 今までにない壮絶バトルロワイヤル将棋



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...