Home > Tags > 王子製紙

王子製紙

中国、王子製紙の工場排水計画「海産物に害」の噂からデモが起き暴徒化 日本への反発の声も

王子製紙が中国江蘇省の南通市に置いている工場の排水計画を巡り、排出口が設置される予定の南通市啓東で28日早朝にデモが起こり、一部暴徒化しました。
デモ隊は日本の沖縄県尖閣諸島について言及し、日本への反感を口にする参加者もおり、計画を推進する地元政府トップを「売国奴」と批判しました。
その後、デモ隊の一部が暴徒化。地元政府庁舎前の広場を占拠し、公安車両や公用車をひっくり返し、約百人が庁舎入り口の扉のガラスを割って侵入し窓から書類を投げるなどしました。
警察側は制圧行動に出ず、デモを事実上容認しているとみられましたが、暴徒化してからは武装警官を投入し参加者らを暴行しながら鎮圧を図り、取材していた朝日新聞社の記者は警官に暴行をうけ、カメラと記者証を没収されました。
問題となっているのは長江(揚子江)下流に位置する南通市中心部の王子製紙の工場から、さらに海岸に近い100キロ離れたた啓東地区に排水するためのパイプ施設の建設計画を南通市が打ち出したことで住民らが反発し数千人が参加するデモに発展しました。
さて、南通市の張国華市長はテレビ放送を通じて「計画を永久に取り消す」と表明しデモは収束したといいますが、環境基準を満たすよう廃水は処理されるにもかかわらず、啓東地区の住民に「海産物に害が出る」とうわさが広がりました。
デマによるデモおよび暴徒化ですが、中国では昨今、工場建設などがデモで中止に追い込まれる例が相次いでおり、外国企業に寄る投資に影響が出る可能性があります。

中国、王子製紙の工場排水計画「海産物に害」の噂からデモが起き暴徒化 日本への反発の声も

中国、王子製紙の工場排水計画「海産物に害」の噂からデモが起き暴徒化 日本への反発の声も

インドでもインドのスズキの子会社の従業員が暴徒化した問題が起きており、現在も工場の再開の見通しが立っていません。こちらでは差別的発言が発端とされていますが、インドならではのカースト制度の名残も少なからずあるのでしょう。

海外で日本の企業が工場を作るのは当たり前のようになっていますが、こうした国ごとの問題にも対応しなければいけないというリスクも存在します。
最近の中国は日本の領土に関して反発を示す体制を強めており、中国の住民の間にも再び反日の感情を持つ者が増えているのでしょうか。
また、国や役人へのフラストレーションを高める中国の住民もいて、デモがいわばガス抜きとして機能している面もあるのでしょう。ただ、今回のようなことが続く中国では、先も出たように、外国の企業が投資するのを避ける可能性が出てもおかしくないでしょう。

Continue reading

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Home > Tags > 王子製紙

Profile

愛媛の真面目な美容師

最近はMinecraftなどのゲーム界隈に出没する花の妖怪

Amazon | ほしいものリスト

Access
Today Yesterday
スポンサーリンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)






Return to page top