Home > Tags > 西村博之

西村博之

ひろゆきが「2ちゃんねるを乗っ取られた」と言及したとされる文章が登場

このところ内部でごたついている2ちゃんねるについて、元管理人だか所有者だか所在自体が不確かな「ひろゆき」こと西村博之氏の文章とされるものが2ch.scに登場して話題になっています。
事の発端は2ちゃんねるが2chのサーバ管理などを行うN.T.Technology会長のジム・ワトキンス氏(Jim)が2月19日、「2chサーバーを確保しました。前の経営者は、2chの運営経費のための資金を十分な収入を獲得ことができなかったので、首にしました。」という書き込み以降、Jim氏が管理者ということになっており、その後「ホットリンクのデータ取得障害」や「2ch転載禁止騒動」が起きていました。

ひろゆきが「2ちゃんねるを乗っ取られた」と言及したとされる文章が登場

ひろゆき氏が2ch.scに発表したとされる文章によれば、2ちゃんねるのサーバとドメインは株式会社ゼロのレンタルサーバサービスを借りて運営されており、株式会社ゼロが提携するN.T.Technologyの経営が芳しくないということで、契約のサーバ代金に上乗せして多額の送金していましたが、『2014年の2月19日に、レンタルサーバ会社側は、サーバのログインアカウントを変更して、2ちゃんねるの運営スタッフがサーバに入れないようにし、ドメインの登録名義を変更』して、2ちゃんねるを乗っ取られた上で『サーバのレンタル代とは関係なく、5万ドルの送金をするように強要』されたということです。

レンタルサーバーの会社が貸出先のユーザーのサイトを乗っ取るという経緯が本当なのかどうかよく分かりません。
それより気になるのはひろゆき氏が『彼らが正当な所有者であると主張する可能性はありますが、西村博之ないしパケットモンスター社からの権利移転の契約書並びに対価の支払い証明を提示できるか確認して頂ければ、どちらの主張が真実かは明らかであると思います。』と書いているのは、2ちゃんねるの管理人を辞めたことになっているひろゆき氏が所有権を主張していいのかということです。

この文章が4月1日に発表されたということでエイプリルフールネタじゃないかという憶測も流れており、多分本物のひろゆき氏の文章という意見もあるものの、依然としてTwitterやブログで言及されており、確実に本物であるかどうかの判断は難しいところですので今後の続報が気になるところであったりします。

ただ、この文書は未来検索ブラジルのモリタポのインフォメーションにも2ch.scの記述があり、ホットリンクの内山幸樹氏もFacebookにて『4月1日のエイプリルフールのネタではありません』としており、本物だとするなら、『この発表を受けてなお不法行為への協力を継続をしている方々も、共犯と見なして、民事及び刑事の責任を追及する可能性があります。』とあるように、現在2ちゃんねるでボランティアをしてる人間にも『発表後もボランティアを継続する場合は、共犯とみなして、責任を取ってもらう可能性がある』としています。

未来検索ブラジルのモリタポにも2ch.scの記述

未来検索ブラジルのモリタポにも2ch.scの記述

ホットリンクの内山幸樹氏も『4月1日のエイプリルフールのネタではありません』

ホットリンクの内山幸樹氏も『4月1日のエイプリルフールのネタではありません』

ちなみに『2ch.scの公開は次の日曜日ぐらいを予定しています』となっています。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

2ちゃんねる管理会社「パケットモンスター」の実体なし 取締役が2ちゃんねるを知らず

読売新聞は27日、2ちゃんねるの管理会社はシンガポールには実体が無いことを報道しています。
2ちゃんねるの元管理人のひろゆきこと西村博之さんの著書によると、2ちゃんねるはシンガポールの「パケット・モンスター」社に譲渡され掲示板を運営しているとされますが、読売新聞によると「パケット・モンスター社」の登記簿上の本社があるとされるビルには、連絡代行サービスを行う「リクビン」社があり、受付の女性は「パケット社の事務所はここだが、社員は一人もいない」と告げたといいます。
「パケット・モンスター」社唯一の「取締役」、エフェンディ・アハメド・ハリス・メリカン氏も「頼まれて役員になっただけで、2ちゃんねるという掲示板も知らない」と話したとのことです。

2ちゃんねる管理会社「パケットモンスター」の実体なし 取締役が2ちゃんねるを知らず
2ちゃんねる管理会社「パケットモンスター」の実体なし 取締役が2ちゃんねるを知らず2ちゃんねる管理会社「パケットモンスター」の実体なし 取締役が2ちゃんねるを知らず
2ちゃんねる管理会社「パケットモンスター」の実体なし 取締役が2ちゃんねるを知らず2ちゃんねる管理会社「パケットモンスター」の実体なし 取締役が2ちゃんねるを知らず

2ちゃんねる関連会社を家宅捜索 異例の強制捜査 – CUTPLAZA TERMINAL2ちゃんねる関連会社を家宅捜索 異例の強制捜査 - CUTPLAZA TERMINAL
「2ちゃんねる」元管理人の男性、事情聴取…警視庁 – CUTPLAZA TERMINAL「2ちゃんねる」元管理人の男性、事情聴取…警視庁 - CUTPLAZA TERMINAL

西村博之さんの著書「僕が2ちゃんねるを捨てた理由」は買って読んだことがありますが、その中でも西村さんは『(2ちゃんねるの譲渡先である)パケットモンスター社は「裁判の対象にならないためのダミー会社だ」とか、「あんな変な名前の会社は、ペーパーカンパニーで実在していない」とか言われているようですが、そうやっていろいろな思惑を持ってもらったほうが、話としては何かと面白いので、そのままにしておこうかと思います』と語っているように、おそらくは今後も有耶無耶な状態にしておくのでしょうね。

それで、警視庁が昨年11月~今月、札幌市のコンピューター関連会社など2ちゃんねるの関係先10か所に強制捜査が入ったという記事を、今年の3月6日にマスコミが一斉に報道していました。
11月24日夕方当時に報道していたのは一部のITメディアのみで、2ちゃんねるの掲示板自体でしか話題にもなっていない事件が今になって報道され、その後の報道があまりされていないというのは、何かしらの見せしめのような意図を感じずに入られません。

Continue reading

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Home > Tags > 西村博之

Profile

愛媛の真面目な美容師

最近はMinecraftなどのゲーム界隈に出没する花の妖怪

Amazon | ほしいものリスト

Access
Today Yesterday
スポンサーリンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)






Return to page top