Home > 生活 | 知識 > 「ペルセウス座流星群」8月12日夜から13日の2時ごろ

「ペルセウス座流星群」8月12日夜から13日の2時ごろ

8月12日夜から13日の2時ごろにかけてペルセウス座流星群が活発になり流星が見られるかもしれないとの事です。
月が出ているから条件は良くないそうですが、それでも月の隣のペルセウス座に向かって流星が流れるので、月を外して眺めると良いとの事です。

カップルの人はドライブがてら、夏休みの思い出にお子さんと夜空を眺めてみるのは良いかもしれませんね。

ペルセウス座流星群:13日未明に出現ピーク – 毎日jp(毎日新聞)

 ペルセウス座流星群は、スイフト・タットル彗星(すいせい)が軌道上に残したちりが、地球の大気圏に飛び込んだ際に光を放って起きる。流星はペルセウス座にある放射点(中心点)から放射状に飛び出すように見える。全国で観測でき、13日をはさんだ5日間は出現が期待できるという。

国立天文台:トップページ

 国立天文台では、できるだけ多くの方に夜空を眺める機会を持っていただこうと、夏に活動するペルセウス座流星群を観察対象に、今年で3年目となる「夏の夜、流れ星を数えよう」キャンペーンを行います。ペルセウス座流星群の活動が活発になると思われる8月11日の夜から15日の朝までの4夜の間に15分間以上星空を眺め、結果を報告ページから報告していただこうというものです。

2009年8月 ペルセウス座流星群:国立天文台「夏の夜、流れ星を数えよう」キャンペーン

AstroArts:【特集】2009年 ペルセウス座流星群

2009年8月13日 ペルセウス座流星群が極大

下弦前の月があって条件はよくないが、月から離れたところを中心に眺めるなど工夫しよう。明るい流れ星や流星痕の出現にも期待したい。

ペルセウス座流星群 – Wikipedia

ペルセウス座流星群(ペルセウスざりゅうせいぐん、学名 Perseids)はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群である。ペルセウス座γ流星群(ペルセウスざガンマ流星群)とも呼ばれる。7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連タグ投稿

Home > 生活 | 知識 > 「ペルセウス座流星群」8月12日夜から13日の2時ごろ

Profile

愛媛の真面目な美容師

最近はMinecraftなどのゲーム界隈に出没する花の妖怪

Amazon | ほしいものリスト

Access
Today Yesterday
スポンサーリンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)






Return to page top