Home > Tags > 毎日新聞

毎日新聞

毎日新聞、ASKA容疑者の発言で「安中市困惑」と報じる。困惑したのは毎日新聞の取材に対してじゃないかな?

覚せい剤を隠し持っていたとして覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕された「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者が「覚醒剤を所持したことはありません」と供述し、その後の調べで「粉末は、暴力団関係者から入手した。『アンナカ』という合法な薬物で、覚醒剤とは思わなかった」と供述している事を受けて、毎日新聞は22日、『ASKA容疑者:「覚醒剤でなくアンナカ」 群馬県安中市困惑』という記事を報じています。

毎日新聞、ASKA容疑者の発言で「安中市困惑」と報じる。困惑したのは毎日新聞の取材に対してじゃないかな?

毎日新聞は記事の中で強心剤や鎮痛剤にも用いられる「アンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)」について説明した後に、群馬県安中(あんなか)市の商工会の『「よくない響きで気になる」と残念そうに話した。』というインタビューを紹介しています。

いやいや、誰も安中市の事を悪く思わないし、安息香酸ナトリウムカフェイン自体は医療目的で使用するのは問題ないのであって、「めがね橋」や「磯部せんべい」など素敵な観光地や名産のある群馬県安中市や安中市商工会が困惑しているのは、毎日新聞が今回の事件に無理やりこじつけて安中市に馬鹿げた取材している毎日新聞に対してではないですか?

ぐんまちゃんの休日
ぐんまちゃんの休日

安中市の観光地や名産が分かりやすく紹介されている安中市観光協会のサイト

あんなか観光ガイド|安中市観光協会あんなか観光ガイド|安中市観光協会

ASKA容疑者:「覚醒剤でなくアンナカ」 群馬県安中市困惑 – 毎日新聞ASKA容疑者:「覚醒剤でなくアンナカ」 群馬県安中市困惑 - 毎日新聞

暴力団関係者から入手 覚醒剤と思わず NHKニュース暴力団関係者から入手 覚醒剤と思わず NHKニュース

“世界最後の魔境”群馬県から来た少女 (スマッシュ文庫)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

無断漫画掲載にくまモンが週刊少年ジャンプ(集英社)にゆるーい抗議の件について毎日新聞、ネタにマジレスなKY報道

集英社の「週刊少年ジャンプ」22、23合併号に掲載されたうすた京介先生の読み切り漫画「ゆるキャラ伝説~くまモンじゃない物語」に熊本県のゆるキャラ「くまモン」のイラストが掲載されたとして、熊本県が集英社に抗議していました。
毎日新聞もくまモンが集英社に抗議した件について報じていますが、熊本県がくまモンを企業が商品化される際には県に申請しなくてはいけないという内容になっていますが、毎日新聞を始めとした多くのマスコミはくまモンの抗議の様子について詳細を伝えていません。

無断漫画掲載にくまモンが週刊少年ジャンプ(集英社)にゆるーい抗議の件について毎日新聞、ネタにマジレスなKY報道

実際のくまモンの集英社に対する抗議の前後はTwitter上で確認できますが、終始和やかなムードでやり取りがされており、くまモンと集英社は和解をしたとされています。

Twitterなどネットでは今回の件は最初からくまモンと集英社が組んで行ったお遊び企画のネタではなかったのかと推測していますが、一方で毎日新聞の刺々しい報道だとくまモンのゆるい抗議がネタなのか判断しにくいという声も挙がっていたりします。

集英社は2010年に週刊少年ジャンプ上で読者に向けて、漫画の不正コピーや違法アップロードについてしないよう「お願い」文を掲載し、今も集英社HPのフッターに同じものが表示されるようになっています。

そのような著作物の保護にも余念のない集英社が、パロディとしてもくまモンについて無断掲載をするだろうかと思いますし、集英社側の謝罪文の類もありません。

2014/05/16 追記
少年ジャンプ公式サイトに「お詫び」のページが公開されました。
ゆるキャラ伝説 くまモンじゃないヤツ物語に関する御詫びと経緯|shonenjump.comゆるキャラ伝説 くまモンじゃないヤツ物語に関する御詫びと経緯|shonenjump.com

なにより、くまモンの2014年カレンダーは集英社から販売されています。

STARキャラ☆週めくり くまモン Happyかモン! カレンダー 2014 (STARキャラ・週めくり)
STARキャラ☆週めくり くまモン Happyかモン! カレンダー 2014 (STARキャラ・週めくり)

そのような状況ですので、マスコミの報道に疑問を持ちつつ、Twitter上でのくまモンと集英社(及び漫画家)のやり取りが全てであり、毎日新聞の空気読めない感を物語っているようにも思います。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋下徹市長、発言の内容削って報道した朝日新聞と毎日新聞を痛烈批判「囲み取材は止めます」

橋下徹市長は17日、メディアが取り上げた13日の橋下徹市長の「銃弾の飛び交う場で命かけて走っていく時に、猛者集団、精神的に高ぶる集団をやっぱりどこまで休息じゃないけど、そういうことをさせてあげようと思ったら、慰安婦制度、必要なのは分かる」との発言に「女性を蔑視している」などと批判が相次いだ問題について、「大誤報をやられた」と批判しています。
橋下徹市長の当時の慰安婦制度を「必要」とした発言部分について、「僕が(慰安婦制度を)必要だと思っているとか、容認しているということではなく、正確には『世界各国はそういうものを必要としていた。でもそれは絶対にダメ。許されない』と言いたかった」と釈明した上で、「きちんと英語で伝わらなかったことは僕の表現不足。僕が必要だと思っていたと訳すのはやめてほしい」と述べました。
また、米政府当局者が慰安婦発言を批判していることには「米軍が沖縄の占領期間中に性のはけ口として女性を活用したのは厳然たる事実だ。米国には沖縄に関する認識が不足している」と主張。「米国も自分たちがやったことを直視してもらいたい」」「それだけ人権を大切にしているのであれば、沖縄県民の人権がじゅうりんされている現況をもっと直視すべきだ」と重ねて強調しました。

橋下徹市長、発言の内容削って報道した朝日新聞と毎日新聞を痛烈批判「囲み取材は止めます」

橋下徹市長の「慰安婦問題」発言で活発に報じる朝日新聞とアメリカの立場 | CUTPLAZA DIARY橋下徹市長の「慰安婦問題」発言で活発に報じる朝日新聞とアメリカの立場 | CUTPLAZA DIARY
橋下徹市長発言を批判した米国防総省サキ報道官発言における各新聞会社の報道の違い | CUTPLAZA DIARY橋下徹市長発言を批判した米国防総省サキ報道官発言における各新聞会社の報道の違い | CUTPLAZA DIARY

取材陣から「必要」という言葉の解釈を巡り質問があり、朝日新聞の記者から「必要じゃなくても選択の範囲でやることがある」「(必要という言葉の意味を調べるために)辞書をひいていただければ」などと質問が出ると、橋下徹市長は「言葉の問答をしたって意味がない」「日本人の国語力で全体の文脈、文章全体を見れば、(発言の真意は)理解する。メディアは一文だけを取る」と不満を述べました。さらにこの記者が「新聞記者は言葉の定義にこだわる。政党の代表も…」と発言したところ、橋下徹市長は「揚げ足を取るのではなく、文脈でしっかりと判断してほしい。一言一句を全部チェックしろと言うのだったら、(囲み取材を)やめますよ。全体の文脈を捉えて、きちんと報道するのが皆さんの役割でしょう」」とぶら下がり取材を終了したとのことです。

ぶら下がり取材終了の後の橋下徹市長は13日の発言を朝日新聞は「当時」の記述を削除して報道した件を述べると、他の記者が「Twitterで反論が2日間なかった」と庇いましたが、橋下徹市長から一蹴されています。

橋下徹市長は5月下旬に日本外国特派員協会(東京)で海外メディアに対し、慰安婦制度に関する自身の発言の真意を説明する意向を明らかにしています。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

アルジェリア人質事件で毎日新聞論説委員『「○人」では世の中を動かす力が弱い。匿名が当たり前の世の中は、危うい』

毎日新聞の論説委員福本容子さんは、毎日新聞の中でアルジェリア人質事件で日本政府が実名を発表しなかったと「発信箱:日本人だけ「○人」?」というコラムを寄せており、その中で人質事件のあった天然ガス施設スコットランド出身の男性が生還した折に彼の証言がイギリスなど海外では早い段階から報道されたと語っています。また、イギリス人で最初に死亡が確認された被害者についても政府経由で母親の言葉とともに公表され、。アメリカでは、国務省の報道官が犠牲者3人の名前を挙げ、大統領の哀悼メッセージを読み上げたとしています。

「それ、遺族の前でも言えるの?」・・・でも、これだけ感覚がズレていると言いかねないから困る

アルジェリア人質事件で毎日新聞論説委員『「○人」では世の中を動かす力が弱い。匿名が当たり前の世の中は、危うい』
それをふまえて『日本では、「7人」「10人」といった数字ばかり。やっと名前や遺族のことばが報道され始めたけれど、政府も、襲撃に遭った人たちが働いていた日揮も、名前などかたくなに伏せ続けた。』と日本の報道のあり方を語り、『人の顔が見え、肉声が聞こえる報道があって、暴力への怒りとか、政府の対応への疑問とか、とてつもない苦痛を味わった人への思いが具体的に湧く。全容解明につながることもある。信頼されるメディアがあってこその話だし、遺族や本人の気持ちを大切にするのは当然だけど、日本では今回に限らず、「心情を配慮」「個人情報の保護」を理由に、事実や背景が閉じこめられている気がしてならない。』と、実名報道されなかったことについて感想を述べています。

この中で今回の実名報道が問題な理由で気になるのがあって、
このコラムの中で『信頼されるメディアがあってこその話だし』とありますが、

日本には信頼されるメディアはありません。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

【アルジェリア人質事件】日揮と政府の匿名決定も、テレビ朝日でも被害者らの実名報道

朝日新聞の紙面に遺族との約束を守らずに被害者の実名が載せられ問題になっていますが、テレビ朝日の「報道ステーション」でも被害者・行方不明者の氏名など個人情報が報じられたとして、被害者や遺族の気持ちを蔑ろにしているとして批判の声が挙がっています。
朝日新聞ならびにテレビ朝日は取材の際に実名報道をしないとか、記事にする際には遺族に連絡をするなどという約束を無視しての報道をしたことになります。
【アルジェリア人質事件】日揮と政府の匿名決定も、テレビ朝日でも被害者らの実名報道
マスコミの人間は実名でないと不具合があると信じている人がいるようで、毎日新聞の記者はTwitterで「実名報道には、悲しみをみんなで共有し、悲しみを癒す力があると信じます」と発言して批判を浴びて炎上し、朝日新聞の記者の「犠牲者の氏名を歴史に刻む必要がある」と発言は勝手な価値観でありマスコミの横暴であると批判を受けています。
アルジェリア人質事件被害者の実名を朝日新聞や毎日新聞が執拗に公表迫る問題に親族らから不満の声 | CUTPLAZA DIARYアルジェリア人質事件被害者の実名を朝日新聞や毎日新聞が執拗に公表迫る問題に親族らから不満の声 | CUTPLAZA DIARY

朝日新聞に関係の近い信濃毎日新聞では「被害者の実名 思いを共有するために」という社説が出ています。
一見、被害者の為にとしながら、実名は日本政府が渋っているからだという論調になっている点が気持ち悪いのは何故でしょう。

例えば『「日揮の皆さんと相談して、公表は避けていただきたいとのことだった」。公表しない理由を問われ菅義偉官房長官は述べている。』と日本政府が発表している事を取り上げておきながら、冒頭で『アルジェリアで起きた人質事件で政府は、被害者の氏名の発表を渋っている。』としています。
それから『どんな人が巻き込まれ犠牲になったかの情報は、事件の本当の姿を知る上で欠かせない。』とありますが、事件の情報に実名がないと報じられないという朝日新聞や毎日新聞や信濃毎日新聞の主張が受け入れられるものではありません。それはマスコミが実名報道を演出に利用しようとしているに過ぎません
以下のような被害者や遺族らが大変だと分かっているかのような文章もあります。『亡くなった人、辛くも命を取り留めた人、その家族…。厳しい状況を強いられた人たちだ。取材、報道によってさらなる負担をかけるのは、何とも忍びない。亡くなった人、辛くも命を取り留めた人、その家族…。厳しい状況を強いられた人たちだ。取材、報道によってさらなる負担をかけるのは、何とも忍びない。』『政府や自治体、企業の間で匿名発表の流れが強まっている。一因に報道被害の問題がある。昼も夜も大勢で押しかけ、カメラを向けて質問を突きつける。メディア側にも反省点は多い。』
しかし、『事件や事故の被害者家族の中には名前が報道されることを望む人も少なくない。あの人が生きた証しを記憶にとどめてほしい。そんな思いを口にする人もいる。』というように、実名で報道されることを望む人がいると書かれています。だったら、実名を求める人だけ実名で報じればいいでしょう。

今回の朝日新聞にしろ実名報道の問題が悪質なのは、実名報道や取材を求めていない被害者や遺族を騙して、実名報道をし、取材合戦による二次被害を起こしていることが批判されているのです。

実名で報道するまえに、報道とは誰のためのものかという意義についてご理解をいただくようマスコミのの皆さんにもお願いする。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

アルジェリア人質事件被害者の実名を朝日新聞や毎日新聞が執拗に公表迫る問題に親族らから不満の声

アルジェリアで起きた人質事件で被害にあった日本人の実名を、朝日新聞や毎日新聞が執拗に公表しようとしている件が悪質であると問題視されています。
毎日新聞の記者は『東日本大震災時の岩手日報が避難所に張り出された被災者の名簿をそのまま記事にした』ことと、今回のアルジェリア人質事件を同列にし「実名報道には、悲しみをみんなで共有し、悲しみを癒す力があると信じます」としていますが、ご遺族の意向は実名の公表を避けて欲しいとして、政府と日揮は死亡が確認された日本人7人の氏名を公表しないとしています。
また、朝日新聞ならびにテレビ朝日は、ご遺族が実名報道を避けて欲しいとしているのに新聞記事やFacebookに掲載したり、その上、朝日新聞社などが加盟する内閣記者会は22日、政府が公表していない被害者の氏名と年齢のうち少なくとも死亡が確認された7人分の公表を安倍晋三首相と菅義偉官房長官に申し入れ、申入書では「事件に対する国民の関心は非常に高く、日本政府が公的に安否確認を行うとともに、情報収集、救出、帰国支援に全面的に関与している」と指摘。「最も基礎的な情報」である氏名と年齢の公表を求めています。
朝日新聞ならびにテレビ朝日は約束を破り実名報道をし、実名報道を望まない被害者家族の家に取材に押しかけるなどしたため、親族の方から不満の声が上がっています。

朝日新聞デジタル:死亡した7人の氏名公表を要請 人質事件で内閣記者会 - 社会

被害者家族のご心中から、このような無残な事件に巻き込まれてすぐに、日本国内で晒し者にされたくないご遺族の事を考えれば、辛い時期にご心労を増やすような報道のやり方はされるべきではないと思います。
「国民の関心」とか「知る権利」を盾に被害者を追い詰める報道は日本の国民も求めていません。
また、『僕は「Aさん」では死にたくない』という記事で『匿名に社会を動かす力はない』と書かれていますが、この筆者がどう思おうが、今回の事件で実名報道されないこととは関係ないのですね。
実名の件を含め報道は被害者当人の意思や了解が反映されるべきです。
人生の重さとプライバシーを履き違えているのはマスコミです。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「日本の右傾化」や「その空気を体現する安倍晋三氏」と言ってる毎日新聞記者をGoogleで検索した結果ww

『日本の右傾化が内外で話題になっているとなる中、その空気を体現するように党内右派の安倍晋三氏率いる自民党が総選挙で圧勝した』という報道をしている毎日新聞の記者はどんな人かなとGoogleで検索してみた。

西川恵 – Google 検索西川恵 - Google 検索

西川恵 - Wikipedia

ああ、そうなのかw

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

毎日新聞、現存しない切り株の桜「見頃」の記事 テレビ朝日、花見ニュースに津波画像使用

毎日新聞は10日の茨城県版の記事で県指定天然記念物の桜の見頃を伝えましたが、現在は昨年9月の台風で根元から折れており、現存していない桜の見頃を迎えたという虚偽の記事を掲載した事が分かりました。
また、テレビ朝日は山下公園の花見のニュースを伝える際に、昨年の東日本大震災の際の津波の映像を流していました。
茨城県は毎日新聞に訂正記事を求めており、毎日新聞はおわび記事を掲載するとしています。
また、テレビ朝日広報部によると、特番用に準備していた津波の静止画像が機器内に残っており、これを流してしまった。同部は「視聴者に申し訳ない。細心の注意を払うべきだった」と話しているそうですが、そのようなことがありうるのでしょうか。

毎日新聞、現存しない切り株の桜「見頃」の記事
毎日新聞、現存しない切り株の桜「見頃」の記事

テレビ朝日、花見ニュースに津波画像使用
テレビ朝日、花見ニュースに津波画像使用

昨年、東海テレビは番組中に「怪しいお米セシウムさん」という不謹慎な表示を放送し批判が集中し、スポンサーが降りたり番組が謝罪後に無くなったことがあります。

どちらにしても笑えない虚偽ネタや不謹慎ネタなので、それなりの批判が集まることになるのでしょうね。

Continue reading

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Home > Tags > 毎日新聞

Profile

愛媛の真面目な美容師

最近はMinecraftなどのゲーム界隈に出没する花の妖怪

Amazon | ほしいものリスト

Access
Today Yesterday
スポンサーリンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)






Return to page top