Home > Tags > 小保方晴子

小保方晴子

フジテレビめちゃイケ、小保方晴子氏中傷ネタ「阿呆方さん緊急会見」炎上で告知を削除

フジテレビの「めちゃ×2イケてるッ!」の公式サイトでSTAP細胞の論文問題で取り沙汰されている小保方晴子氏を中傷するネタのパロディを5月3日公開予定の告知し、小保方晴子氏そっくりに装った重盛さと美氏を加藤浩次氏とみられる人物がスリッパで叩く画像を公開していました。

フジテレビめちゃイケ、小保方晴子氏中傷ネタ「阿呆方さん緊急会見」炎上で告知を削除フジテレビめちゃイケ、小保方晴子氏中傷ネタ「阿呆方さん緊急会見」炎上で告知を削除

このめちゃイケのサイトに「阿呆方さんが緊急会見涙目で○○はあります 」と告知されていた件についてネットで「やり過ぎ」「個人攻撃だ」と批判が集まり、「めちゃ×2イケてるッ!」の公式サイトの告知は「渦中の女性が緊急会見涙目で○○はあります」に一旦変更されるも現在は削除されています。

フジテレビめちゃイケ、小保方晴子氏中傷ネタ「阿呆方さん緊急会見」炎上で告知を削除

本日3日に小保方晴子氏中傷ネタを流すのかどうかも気になるところですが、告知した時点で一般人の小保方晴子氏を悪意以外の何物でもない「阿呆方」呼ばわりするなど個人攻撃したことに変わりなく、削除はしても謝罪をしておりません。

出演者の岡村隆史氏は以前「嫌なら見るな」という言葉を残しているそうですが、イジメのような内容で他人を貶める行為で笑わせようというのは、番組に関わる人間の考え方としては最悪です。

「めちゃ×2イケてるッ!」の関係者、並びに出演者は小保方晴子氏中傷ネタではなく、番組内で謝罪会見をしてはいかがかなと思います。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

朝日新聞、小保方氏の架空記事を削除し謝罪も、東スポや産経新聞に批判される痛々しい結果に

朝日新聞は26日、3月24日に掲載した連載「ウソうだん室」第3回『小保方さん、『大人AKB48』で歌手デビュー!(うそ)』の記事について、不適切な内容だったとして24日中に削除したと発表するとともに理化学研究所の小保方晴子さんに謝罪しています。
問題の記事は外部の毒舌コラムニストとして知られる今井舞氏が有名人の架空の悩みを勝手に考えて勝手に回答するもので、『小保方さん、『大人AKB48』で歌手デビュー!(うそ)』とタイトルに嘘の記事であると前置きしながらも、あまりにも度を越した内容にネットで批判の声が多数挙がっていました。

朝日新聞、小保方氏の架空記事を削除し謝罪も、東スポや産経新聞に批判される痛々しい結果に

朝日新聞、小保方氏の架空記事を削除し謝罪も、東スポや産経新聞に批判される痛々しい結果に

今回の記事は毒舌以前に架空の悪口であり、あまりの酷さに虚構新聞と勘違いするほどでしたが、
痛々しいことに嘘ニュースサイトの虚構新聞が、この記事をパクる形でネタにしていることです。

更に朝日新聞にとって痛々しいのは、今回の不適切な内容で削除した記事について、産経新聞や東スポからも批判記事が出されたことです。

産経新聞にしても、系列のZAKZAKが26日発売の週刊文春で『3月中旬に、取材依頼のメールを小保方氏に送ったところ、数時間後に返信があり、その返信メールを分析すると、発信源が北米だった』と事実なのか疑わしい記事を報じているものの、取材は一応した上で報じています。

東京スポーツが取材した井上トシユキ氏によれば「勉強だけができた人が、なにか無理やり面白いことをしようとして、センスのなさや痛々しさが出た。ネット読者を開拓するために朝日の編集者が、週刊誌や東スポ的な切り口を狙っていたのでしょうが、自由形100メートルの専門選手が、個人メドレーに挑むようなもので、同じことをするのは無理。名前も伏せ字やイラストならまだしもフルネームと写真では、小保方さんから名誉毀損で訴えられてもおかしくない」と分析していますが、井上トシユキ氏は東スポは週刊誌並だと言っているようなものだったりします。
東スポは『鬼才漫画家が明かす「小保方氏ヤケ酒騒動」の真相』という記事は、実際にTwitterで漫画家に取材して嘘を発言であったことを事実確認しています。
そういった面では東スポはマスコミとして仕事をしていたわけで、朝日新聞の削除した記事と比べるのは違うのかもしれません。
しかしながら19日の『小保方氏の同級生が明かした「メルヘン妄想&虚言癖」』では10代のころから虚言癖があったなどと批判していますが、第三者の発言で人格攻撃はいかがなものなんでしょうか。

マスコミ全般で言えば、最初に論文が発表された当時にも「かわいすぎる研究者」「ファッション好き」などと研究者ではなく女性として持ち上げたり、テレビ朝日が「報道ステーションSUNDAY」で卒業アルバムや自作ポエムを報道したように、周辺の人に取材が殺到していました。しかし、いざ内容に問題がある論文だったとわかると一斉に批判し、挙句に個人攻撃をしています。
報道が集団リンチしていい道理はありません。

「STAP細胞」発見の第一人者小保方氏、加熱過ぎる報道に自粛要望。マスコミ「かわいすぎる研究者」「ファッション好き」「ブランド指輪」「リケジョ」「オボちゃん」「かっぽう着」 – CUTPLAZA DIARY「STAP細胞」発見の第一人者小保方氏、加熱過ぎる報道に自粛要望。マスコミ「かわいすぎる研究者」「ファッション好き」「ブランド指輪」「リケジョ」「オボちゃん」「かっぽう着」 - CUTPLAZA DIARY
「STAP細胞」論文疑惑で小保方晴子氏に対してマスコミや一部ネットで誹謗中傷されている件 – CUTPLAZA DIARY「STAP細胞」論文疑惑で小保方晴子氏に対してマスコミや一部ネットで誹謗中傷されている件 - CUTPLAZA DIARY

今回の朝日新聞の不適切な内容で削除した記事は、そういったマスコミに蔓延している取材対象をおもちゃにする体質が起こした問題では無いでしょうか。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「STAP細胞」論文疑惑で小保方晴子氏に対してマスコミや一部ネットで誹謗中傷されている件

生命科学の常識を覆す大発見とされていた「STAP細胞」の研究論文の画像やデータに不自然な点が相次いで指摘されている問題で、理化学研究所のユニットリーダーである小保方晴子氏に対して、マスコミは恒例の手のひら返しの批判報道を開始しています。また、ネットでも論文以前に人格や個人攻撃をしているのを多数見受けるようになっています。
自称科学者の人にしても匿名の掲示板で検証を発表しているのを見受けますが、なぜ科学者であるなら、科学者であり論文を批判するならばこそ、それを論文の形で批判しないのかと首を傾げている今日このごろであったりします。
ネットでも2ちゃんねるなどは言うに及ばず酷い有様ですが、それを元にしたブログやTwitterで中傷が拡散されていたりします。

「STAP細胞」論文疑惑で小保方晴子氏に対してマスコミや一部ネットで誹謗中傷されている件

マスコミにおかれましても、ゴーストライターのいた作曲できない3年前から実は耳が聞こえていた作曲家の案件と同様に、マスコミはろくに検証がされていないのに視聴率目当ての賞賛していた事を棚に上げて疑惑があったら手のひら返しに批判報道を行っておいでですが、そういう報道姿勢はいかがなものでしょうか。
「STAP細胞」の発表当初、マスコミは研究内容ではなく、小保方晴子氏のプライベートな問題を粗捜ししたり、小保方晴子氏の知人などにも押しかけて迷惑をかける報道を繰り返していた事も忘れてはいけませんし、日本のマスコミにも反省すべき事がたくさんあるように思います。

「STAP細胞」発見の第一人者小保方氏、加熱過ぎる報道に自粛要望。マスコミ「かわいすぎる研究者」「ファッション好き」「ブランド指輪」「リケジョ」「オボちゃん」「かっぽう着」 – CUTPLAZA DIARY「STAP細胞」発見の第一人者小保方氏、加熱過ぎる報道に自粛要望。マスコミ「かわいすぎる研究者」「ファッション好き」「ブランド指輪」「リケジョ」「オボちゃん」「かっぽう着」 - CUTPLAZA DIARY
「STAP細胞」発見の第一人者小保方氏、加熱過ぎる報道に自粛要望。マスコミ「かわいすぎる研究者」「ファッション好き」「ブランド指輪」「リケジョ」「オボちゃん」「かっぽう着」

論文のずさんさが真実であれば大変問題であり、「STAP細胞」の研究成果の信憑性に泥を塗る結果となったことは残念に思いますが、だからといって小保方晴子氏の人格や個人攻撃をしてもいい理由にはなりません。

中には産経新聞系列のZAKZAKの記事を引用コピペした上で小保方晴子氏の中学2年生の時の読書感想文の一部が「銀河鉄道999」の盗用だとして批判しているブログもありました。

小保方晴子「中2のときに読書感想文コンクールで最優秀賞を受賞した」→銀河鉄道999からの盗用でした | 面白ニュース!netgeek
http://netgeek.biz/archives/6655 小保方晴子「中2のときに読書感想文コンクールで最優秀賞を受賞した」→銀河鉄道999からの盗用でした | 面白ニュース!netgeek

ちなみに小保方晴子氏の中学2年生の時の読書感想文には『本当の永遠の命とは、自分の血が子供へ、またその子供へと受けつがれていく』と書かれていたそうですが、これが銀河鉄道999に出てくるキャプテンハーロックの『鉄郎。 例え、父と志は違っても、それを乗り越えて、若者が未来を作るのだ。親から子へ。子からまたその子へ血は流れ、永遠に続いていく。それが本当の永遠の命だと、俺は信じる』という「セリフに酷似している」として「銀河鉄道999のセリフの盗用」だと批判しています。
しかしながら、いくらなんでもこれが盗用だとするのは無理すぎやしませんか。このサイトの記事についてはネットでも批判が多数集まっています。
はてなブックマーク – 小保方晴子「中2のときに読書感想文コンクールで最優秀賞を受賞した」→銀河鉄道999からの盗用でしたはてなブックマーク - 小保方晴子「中2のときに読書感想文コンクールで最優秀賞を受賞した」→銀河鉄道999からの盗用でした

Twitter / 検索 – http://netgeek.biz/archives/6655
https://twitter.com/search?q=http%3A%2F%2Fnetgeek.biz%2Farchives%2F6655&f=realtime http://archive.is/VQYtK

「STAP細胞」については当初から生命科学の常識を覆すほどの大発見として注目された一方で、世界中の科学者の関心を集めるとともに、厳しい検証や批判に晒されることは予想されていました。
しかしながら、研究内容を批判するのではなく、科学者や研究機関自体への誹謗中傷しているマスコミやネットの一部の人々がいることは異常ですし、そうした行為もまた批判されるべきでしょう。

先日、読売テレビの辛坊治郎氏が「STAP細胞」の研究論文の疑惑問題について「iPS細胞の臨床捏造事件」のようなことは起きないのか不安視していたような発言をしていました。
「iPS細胞を使った世界初の心筋移植手術」としてまっさきに報じたのは読売新聞であるわけですが、検証能力のなさを反省せず批判の対象を叩くだけの存在になったマスコミの信頼性も失っていくことにほかなりません。

森口尚史 – Wikipedia森口尚史 - Wikipedia

2012年(平成24年)10月、読売新聞により「ハーバード大学客員講師」の肩書きで「iPS細胞を使った世界初の心筋移植手術を実施した」と大々的に報じられたが、多方面から数々の疑義が提起され、その2日後に同新聞は「同氏の説明は虚偽」とし、それに基づいた一連の記事は誤報であったことを認めた。

最近では情報バラエティで何の知識もない人や専門外の知識人が言いたい放題で報道するのが当たり前になっていますが、「アッコにおまかせ!」はお笑い芸人が内容が全く分からないというネタで取り上げていたり、「記者会見も一般人に分かりやすく伝えて欲しい」と和田アキ子さんが発言しておられました。
しかしながら、そうした一般人に分かりやすく伝えるのは、伝える側のメディアの仕事なのであって、そのような要求を科学的な検証が求められる場に求めること自体恥ずかしいことではないのでしょうかね。

Continue reading

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Tags > 小保方晴子

Profile

愛媛の真面目な美容師

最近はMinecraftなどのゲーム界隈に出没する花の妖怪

Amazon | ほしいものリスト

Access
Today Yesterday
スポンサーリンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)






Return to page top