Home > Tags > フランス

フランス

仏メディア「カナール・アンシェネ」の笑えない下品なユーモアと差別感覚

フランスの週刊紙カナール・アンシェネは11日付の紙面で、2020年夏季五輪開催地に東京が選ばれたことと、東京電力福島第1原発での汚染水漏れを関連づけ、腕や脚が3本ある力士などを描いた風刺画を掲載しました。
日本政府は大使館を通じて抗議しましたが、カナール・アンシェネ紙のルイマリ・オロ編集長は12日、ラジオ局のインタビューで「謝罪するつもりはない」と述べました。

仏メディア「カナール・アンシェネ」の笑えない下品なユーモアと差別感覚

仏メディア「カナール・アンシェネ」の笑えない下品なユーモアと差別感覚

2012年10月にもフランスの国営放送「フランス2」のバラエティ番組司会者のローラン・リュキエ氏がサッカーのフランス代表と対戦した日本代表のゴールキーパー川島永嗣選手の腕が4本になった合成写真を紹介した上で「私は福島(第1原発の事故)の影響ではないかと思う」と発言し、スタジオの一般参加視聴者から拍手と笑いが起きていました。

川島永嗣選手が腕4本の合成写真で仏テレビ番組司会者「福島(第1原発の事故)の影響ではないか」と発言 | CUTPLAZA DIARY川島永嗣選手が腕4本の合成写真で仏テレビ番組司会者「福島(第1原発の事故)の影響ではないか」と発言 | CUTPLAZA DIARY

川島選手に「福島(原発)の影響」発言でTV局社長と仏外相謝罪も、司会者「ばかげた議論だ」 | CUTPLAZA DIARY川島選手に「福島(原発)の影響」発言でTV局社長と仏外相謝罪も、司会者「ばかげた議論だ」 | CUTPLAZA DIARY

フランス2のジャン・レベイヨン社長は在仏日本大使館と訪仏していた玄葉光一郎外務大臣宛てに文書を発送して謝罪し、日仏外相会談の席でローラン・ファビウス外務大臣もこの発言について謝罪しました。
しかしローラン・リュキエ氏は未だに謝罪をしておらず、フランスが謝罪したことについても「コップの中の嵐」というフレーズをもじって「コップの中の津波のようなもの。フランスのテレビが何をするかを決めるのは日本じゃない」と謝罪を拒否したといいます。
ローラン・リュキエ氏におかれましては、その頃ご結婚されていたそうで、旦那さんになるかお嫁さんなるのか知りませんが、どうぞ勝手にお幸せになられますよう。

今回のカナール・アンシュネ紙による日本に対する差別的な風刺画の問題についても、フランスのジョークがつまらない上に、差別的な前例を昨年にも受けておりますように、今回もカナール・アンシュネ紙は謝罪を拒否しているそうです。

フランスの鴨料理といえばフォアグラが有名です。

どうぞカナール・アンシェネ(Le Canard enchaîné=鎖につながれた鴨)は、食えない毒を吐く鴨に相応しいLe Canard venin deという名前を変えられるとよろしいかと思います。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「福島(原発事故)の影響」発言の司会者に川島永嗣選手「福島には、いまだに家に帰れない人もいるんです。世界中の人々が日本を救って欲しい」

日本代表のGK川島永嗣選手はフランス国営テレビが川島永嗣選手の腕が4本ある合成写真を映し、司会者のローラン・リュキエ氏が「福島(第1原発事故)の影響」と発言した事について、「冗談にもならない」と反発し、「福島には、いまだに家に帰れない人もいるんです。世界中の人々が日本を救って欲しい」と話しました。

私たち日本人にとって、それは冗談では済まされないことです。非常に悪いジョークだ。福島には今でも家に帰れない人がいる。家を失ってしまった人もいる。私だけでなく、日本にとって、重要な問題なのです。世界中の人々に、日本を救って欲しい。

原発の被害は、目に見えるものではない。常におびえている人がいる。子供たちは外で遊ぶこともできず、心おきなく(サッカーの)練習もできない。当たり前のことが、当たり前にできない。復興だけでなく、心の傷は簡単には癒えないのです。

今回の出来事は、日本人がどうあるべきかを示す機会にもなる。僕がどう考えているか、しっかり主張をする。今まではなかったことかも知れませんが、これからの日本人はどうあるべきか。それを伝える責任がある。サッカー以外でも、行動を起こしたい。

常に一緒だということを忘れないでほしい。日本人のメンタリティーは世界に誇れるものですから。

川島永嗣選手が腕4本の合成写真で仏テレビ番組司会者「福島(第1原発の事故)の影響ではないか」と発言 | CUTPLAZA DIARY川島永嗣選手が腕4本の合成写真で仏テレビ番組司会者「福島(第1原発の事故)の影響ではないか」と発言 | CUTPLAZA DIARY
川島選手に「福島(原発)の影響」発言でTV局社長と仏外相謝罪も、司会者「ばかげた議論だ」 | CUTPLAZA DIARY川島選手に「福島(原発)の影響」発言でTV局社長と仏外相謝罪も、司会者「ばかげた議論だ」 | CUTPLAZA DIARY

ところがローラン・リュキエ氏は批判に対して謝罪をするどころか「ばかげた議論だ」と言ってみたり17日にもラジオで「コップの中の津波のようなもの。フランスのテレビが何をするかを決めるのは日本じゃない」と発言したといいます。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

川島選手に「福島(原発)の影響」発言でTV局社長と仏外相謝罪も、司会者「ばかげた議論だ」

フランス国営放送の司会が日本サッカーの川島永嗣選手の腕を四本にした写真を示し「福島(第1原発の事故)の影響ではないか」と発言しました。
この件に関して、フランス2のジャン・レベイヨン社長やファビウス外相が謝罪をしました。

しかしながらフランスの新聞パリジャン紙(Le Parisien)によると、司会者のローラン・リュキエ氏フランス側が謝罪したことについて「ばかげた議論だ」と発言したといいます。
また、「私の冗談の対象は二つ。日本に負けたフランス代表と、原子力災害が引き起こす結果だ」と述べ「私は福島の被災者に敬意を持っており、被災者については何も言っていない」とも語っていますが、笑えないジョークですね。

川島永嗣選手が腕4本の合成写真で仏テレビ番組司会者「福島(第1原発の事故)の影響ではないか」と発言 | CUTPLAZA DIARY川島永嗣選手が腕4本の合成写真で仏テレビ番組司会者「福島(第1原発の事故)の影響ではないか」と発言 | CUTPLAZA DIARY

まず川島選手の腕を四本にした写真に対して「福島(第1原発の事故)の影響ではないか」と発言しています。
被災者について発言しなければ問題ないという感覚がおかしいです。

次に「日本に負けたフランス代表と、原子力災害が引き起こす結果」は全く別物です。
誰かを傷つけて得る笑いは、同時に悲しむ人を作っていることをローラン・リュキエ氏は知るべきだし、
言い訳なんか聞きたくないです。

社長や仏外相が謝罪したのは結構なことですが、問題の発言をした司会者こそが謝罪をすべきです。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

川島永嗣選手が腕4本の合成写真で仏テレビ番組司会者「福島(第1原発の事故)の影響ではないか」と発言

フランスの国営放送「フランス2」のバラエティ番組で、サッカーのフランス代表と対戦した日本代表のゴールキーパー川島永嗣選手の腕が4本になった合成写真を映して司会者のローラン・リュキエ氏が「日本には素晴らしいGKがいた」と述べた後に「私は福島(第1原発の事故)の影響ではないかと思う」と発言していたことが分かりました。スタジオの一般参加視聴者から拍手と笑いが起きていました。
川島永嗣選手の所属するベルギーの有力紙ルソワールは「行き過ぎ発言か?」と報道し、フランスのインターネットメディアも「趣味の悪い冗談」などと批判的に取りあげています。

川島永嗣選手はベルギー1部リーグ、スタンダール所属ですが、リールスでプレーしていた昨年8月にも同国リーグの試合で相手チームのサポーターから「カワシマ、フクシマ」などとやじを飛ばされ、相手チームはベルギー・サッカー協会から3万スイスフラン(約254万円)の罰金を科されました。

東日本大震災の直後の2011年3月14日にもにもフランスのケーブルテレビ局「カナル・プリュス」(CANAL+)の風刺番組「レ・ギニョル・ド・ランフォ」(Les Guignols de l’info)が人形劇で、災地の支援に入ったという設定の外国人兵士の人形が二枚の写真を示し「日本がこんな国とは知らなかった」とか被災地の写真と第二次大戦の原爆で破壊された広島の写真を比べて「日本は五十年以上、復興の努力をしていない」と揶揄をしたり、日本の日の丸に放射能標識をあしらって表示するなど放送したため、在仏日本大使館が抗議しました。
カナル・プリュスは「レ・ギニョル・ド・ランフォは風刺番組。ニュースでは震災をきちんと報じている」と釈明しました。

フレンチジョークはブラックな内容で大抵面白くないのですが、放射能を持ち出す発言は差別的であり看過出来るものではありませんね。

今回の在仏日本大使館は「フランス2」に対して「(東日本大震災や原発事故の)被災者の心情を傷つけるもので遺憾。強く抗議する」と抗議文を送りました。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

仏核廃棄物処理施設の爆発にるヨーロッパでの議論に日本のこれからを見る。

12日、フランスの核廃棄物処理施設が爆発する事故が起き、施設を保有する仏電力公社(EDF)によると5人の死傷者を出しました。
当局は爆発による放射能漏れは起きていないとし、仏原子力安全局(ASN)も事態は収束したと主張しています。その一方で国際原子力機関(IAEA)は緊急事態対応センターを設置し、仏原子力当局に情報提供を求めています。

パワー・ハングリー――現実を直視してエネルギー問題を考える
パワー・ハングリー――現実を直視してエネルギー問題を考える

爆発の起きたのは低レベルの放射性廃棄物を溶かすための溶融施設で、原発などで使う道具類や作業服など比較的低レベルの廃棄物を処理していました。爆発が起きる直前には6万7000ベクレルの放射能を含む金属(バルブなど金属製の廃棄物)を溶解する炉にてを燃やしていたとされています。
EDFによると、爆発は収まりましたが、これまでのところ詳しい爆発の原因は分かっていません。
フランス紙リベラシオン(電子版)の報道では、同センターの溶融炉そのものではなく、炉の外部で起きた爆発であり、溶融炉は建屋内にある遮蔽(しゃへい)された空間に設置されており、爆発で遮蔽壁が吹き飛んだものの建物などにも損壊はないと伝えました。

ドイツが早速批判しているようなのですが、2011/03/11に日本で起きた東日本大地震により福島の原発事故を受けて、ドイツは2011年7月に脱原発法の成立により国内の原発の運転停止をしていますが、以前はヨーロッパでも電力の輸出国であったことと、これからしばらくはフランスなどから電力の輸入に頼らないといけない現状があります。

日本でもゆくゆくは原発から別の電力発電方式に移行していかないといけない状況でしょうけど、その後始末とか途中の原発の問題で日本が国の中でその責任の押し付け合いをしているように、ヨーロッパでも似たような状況が数十年続くのでしょうね。

Continue reading

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Home > Tags > フランス

Profile

愛媛の真面目な美容師

最近はMinecraftなどのゲーム界隈に出没する花の妖怪

Amazon | ほしいものリスト

Access
Today Yesterday
スポンサーリンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)






Return to page top