Home > 芸能 > アンジェリーナ・ジョリー、がん予防の両乳腺切除手術を告白。子供たちに「あなたたちは乳がんで母親を失うことはない」

アンジェリーナ・ジョリー、がん予防の両乳腺切除手術を告白。子供たちに「あなたたちは乳がんで母親を失うことはない」

アメリカの女優アンジェリーナ・ジョリーさん(37)は14日、ニューヨーク・タイムズに寄せた論説で、乳がんや卵巣がんリスクを高める恐れのある病的変異のある遺伝子が見つかっため、遺伝性のがんを予防する措置として両乳腺切除手術を受けたことを明らかにしました。
医師の診断によるとアンジェリーナ・ジョリーさんはBRCA1として知られるがん抑制遺伝子に変異があり、乳がんリスクが87%、卵巣がんリスクが50%にもなることが分かったといいます。
母親ががんで約10年間、闘病生活を送り、56歳で他界したことも影響したといい、2月に切除し、2カ月後に乳房の再建手術を受けたとのことです。
夫のブラッド・ピットさん(49)さんとの間には、実子3人と養子3人がいますが、子供たちには「あなたたちは乳がんで母親を失うことはないから安心するように」と言うことができると述べています。

アンジェリーナ・ジョリー、がん予防の両乳腺切除手術を告白。子供たちに「あなたたちは乳がんで母親を失うことはない」

日本の多くの報道が昨夜、「両乳房切除」として報じていましたが、詳しくは、「両乳腺切除」であって、乳首を温存する治療から乳腺付近の組織の切除および血管の処理、その9週間後のインプラントを詰める乳房再建手術を行ったということですね。

世界中で有名なアンジェリーナ・ジョリーさんが今回の「乳がんとの戦い」は多くの闘病患者への勇気や希望に繋がることでしょう。

My Medical Choice – NYTimes.comMy Medical Choice - NYTimes.com
My Medical Choice - NYTimes.com

CNN.co.jp : アンジェリーナ・ジョリーさんが両乳腺切除手術 遺伝性がん予防でCNN.co.jp : アンジェリーナ・ジョリーさんが両乳腺切除手術 遺伝性がん予防で
A・ジョリーさん、乳腺切除を告白 乳がん予防措置で 国際ニュース : AFPBB NewsA・ジョリーさん、乳腺切除を告白 乳がん予防措置で 国際ニュース : AFPBB News

乳腺切除を告白したアンジェリーナ・ジョリー「家族の絆はさらに深まった」 | エンタメ | マイナビニュース乳腺切除を告白したアンジェリーナ・ジョリー「家族の絆はさらに深まった」 | エンタメ | マイナビニュース

アンジーの両側乳房切除の手術は、完了まで9週間かかったと言われている。今年2月から乳首を温存するための治療が開始され、乳房再建のためにさらに数週間が費やされた。「2月2日から『乳首温存』と呼ばれるプロセスが始まりましたが、その治療は乳首の後ろにある乳管部分の病気を取り除いて、その組織へのさらなる血流の流れを引き止めるものなのです。痛みを伴い、かなりの傷が残りますが、乳首を温存する可能性が高まるのです」とアンジーは語る。

そこからインプラントを使った乳房再建の手術が始まり、「その9週間後に、インプラントを使った乳房再建のための最後の手術が完了しました。この手術に関しては近年飛躍的な発展が見られることから、結果的に美しい仕上がりとなりました」と経過を報告。そして、亡き母の10年にわたる闘病生活を見てきたアンジーは、やはり子どもたちを存在が大きく、切除の決定は簡単なものではなかったが、今は幸せだと続けている。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

関連タグ投稿

Home > 芸能 > アンジェリーナ・ジョリー、がん予防の両乳腺切除手術を告白。子供たちに「あなたたちは乳がんで母親を失うことはない」

Access
Today Yesterday
スポンサード リンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

Return to page top