Home > Tags > 体罰

体罰

上下関係を強いる「裏ルール」撤廃を生徒らで進める学校と、体罰で自殺者出るも元顧問庇う保護者らのいる学校

新潟県胎内市立乙中で生徒の間で受け継がれた学校の「裏ルール」をなくすため、生徒会が1年間アンケート調査や全校討議を行っているといいます。
なんでも新潟県胎内市立乙中では、上級生と下級生の間で理不尽な上下関係を強いる「裏ルール」と呼ばれる悪習があり、約束を守らなければ『靴の中に給食のジャムを入れられる』という嫌がらせを受けるといいます。
こうした「裏ルール」におかしいと思っていた生徒会副会長を務めた3年生の女子生徒は「裏ルールの撤廃」を公約に生徒会役員選挙で当選したといいます。Ⅰ学期に「裏ルールはあっていいのか」と全校生徒にアンケートしたところ、回答のあった120人中99人が「快適に過ごしたい」などを理由に「ない方がいい」としていたのに対し、19人は「あった方がいい」と答え、「自分たちもやってきた」「今までそれで成り立ってきた」などを理由に挙げていたといいます。
生徒会は朝会で「裏ルールのことをみんなで考えよう」と訴える一方、市内の小学6年生と中学1年生全員が参加する集会でも「真剣に取り組んでいる。小学生の皆さんは安心して入学して」と呼び掛けるなどした結果、12月には教職員を交えた全校集会を開き、集会後のアンケートでは「裏ルールがあった方がいい」は6人に減少していたとのことです。

暴力を受けた人が暴力をする人になるのは、その立ち位置で得られる恩恵があるからだ

<いちごミックスジャム 25g×40袋入=1kg> 【ベビージャム】 【業務用】 両角ジャム ( モロズミジャム )
<いちごミックスジャム 25g×40袋入=1kg> 【ベビージャム】 【業務用】 両角ジャム ( モロズミジャム )

生徒のいじめや教師の体罰はこうした上下関係での支配が起こすものですが、それを容認したり受け入れ無くてはいけない上に、過去に自分たちが受けた事を他の人にしてしまうことは間違っていると止めることが出来ない閉鎖された環境が学校では伝統と称して受け継がれることがあります。
逝き過ぎた体罰や罵倒が暴力でありパワハラだという感覚が麻痺した人や、そうした一部の人間が抑圧されることで恩恵を受ける人が、体罰という暴力で生徒を支配して自殺者を出した顧問をかばおうとしている学校もあるようです。
「体罰を受けたときになにくそと頑張った」と昔体罰を受けていた体罰肯定の人は言うことがありますが、そうした昔は良かった論はその人だけのものであり、今の時代には体罰という暴力は犯罪であり根絶しなくてはいけないものだという認識が必要です。
逝き過ぎた指導や体罰は暴力であり、それらは改めなくてはいけないと言わせない状況もあるのでしょう。
そうした学校はすぐには変えられなくても、学校や教師の入れ替えをした上で、体罰根絶を訴え理解者を増やすより他にありません。

大阪市立桜宮高校の場合、元顧問の寛大処分求める1100人嘆願書を出したであろう人々を先導しているのが、反橋下徹派の人間が先導している実態があり、そうした政治や思想のあるものに利用されていることにも気がつかなくてはいけません。
また、特定の指導者が権力を持つことで、部活が強くなったり、後々の進路が有利になるという旨みのために、自殺者を出した指導者を尊ぶ人たちは考えを改めねばなりません。
自殺者を出した原因は改められるべきで、なによりも命の大切さが優先されます。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

橋本聖子氏「『(女子柔道パワハラ告発選手の)氏名を公表すべき』とする発言はいたしておりません」

女子柔道選手15人のパワハラの告発について日本オリンピック委員会(JOC)理事で自民党の橋本聖子参院政審会長が「あまりにも選手のプライバシーを守ろうとする観点から、15人の選手が表に出ていないことをどう判断するか。非常に大きな問題だ」として、女子柔道選手らの名前を公表すべきという報道がありました。
しかし橋本聖子氏は6日、事務所からのFAXを通じ、この日、一部で報道された柔道女子代表での暴力行為などを告発した選手15人の氏名を「公表すべき」との発言について、「『氏名を公表すべき』とする発言はいたしておりません」と否定しました。

「告発選手名の公表を」橋本聖子氏@hashimoto_seiko JOCは被害者の選手15人のプライバシーも守れないのか | CUTPLAZA DIARY「告発選手名の公表を」橋本聖子氏@hashimoto_seiko JOCは被害者の選手15人のプライバシーも守れないのか | CUTPLAZA DIARY

日刊スポーツやスポニチの報道が間違っているとすれば、時事通信社も間違った報道をしたということになります。

また、橋本聖子氏の発言を間違えて報道したということは、
告発した女子柔道選手の代理人の弁護士が「ずっと匿名でいくのは理屈の上でおかしいのは分かっている。彼女たちと名前を公表するか再協議し、考えないといけない」と名前の公表を検討する考えを示したという日刊スポーツの報道も怪しいということになります。

なので、こちらも再度裏を取る必要があります。

アルジェリアの人質事件の際に、被害者の名前を公表しろという報道機関が多くありましたが、今回も実名報道を執拗に狙うマスゴミが被害者に二次被害を及ぼしているようです。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

女子柔道選手1名が実名で監督の暴力行為を告発→監督が選手を恫喝→選手15名が匿名で告発→橋本聖子氏「告発選手名公表せよ」

日本オリンピック委員会(JOC)理事で自民党の橋本聖子参院政審会長が、女子柔道の前監督を暴力行為で告発した女子選手15名について名前を公表するよう求めているそうです。
しかし、全柔連やJOCは告発を受けても前監督を続投させようとしましたし、前監督は暴行を認めながらそれが暴行とは思っていなかったと発言したり、最初に実名で女子選手1名から告発を受けた際には前監督は「余計なこと言ったな」と恫喝していたことが明らかになっています。

■追記 2013/02/06 22:37
橋本聖子氏「『(女子柔道パワハラ告発選手の)氏名を公表すべき』とする発言はいたしておりません」 | CUTPLAZA DIARY橋本聖子氏「『(女子柔道パワハラ告発選手の)氏名を公表すべき』とする発言はいたしておりません」 | CUTPLAZA DIARY

女子柔道選手1名が実名で監督の暴力行為を告発→監督が選手を恫喝→選手15名が匿名で告発→橋本氏聖子「告発選手名公表せよ」

「告発選手名の公表を」橋本聖子氏@hashimoto_seiko JOCは被害者の選手15人のプライバシーも守れないのか | CUTPLAZA DIARY「告発選手名の公表を」橋本聖子氏@hashimoto_seiko JOCは被害者の選手15人のプライバシーも守れないのか | CUTPLAZA DIARY

全柔連やJOCならびに、日本オリンピック委員会(JOC)理事で自民党の橋本聖子参院政審会長が、被害者ではなく利権やオリンピック招致よりも、
被害者の女子選手たちのプライバシーや安全を守るようにしてもらいたいと思います。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「告発選手名の公表を」橋本聖子氏@hashimoto_seiko JOCは被害者の選手15人のプライバシーも守れないのか

ロンドンオリンピック出場選手含めた女子柔道の選手ら15人が体罰やパワハラを受けていたと告発していた問題で、日本オリンピック委員会(JOC)理事で自民党の橋本聖子参院政審会長は党参院議員総会で「長年のいろいろな問題を訴えることには非常に大きな責任がある。選手一人一人が理解しなければいけない」と述べ、「プライバシーを守ってもらいながらヒアリングをしてもらいたいというのは、決していいことでない」と指摘し、「あまりにも選手のプライバシーを守ろうとする観点から、15人の選手が表に出ていないことをどう判断するか。非常に大きな問題だ」と語りました。

■追記 2013/02/06 22:37
橋本聖子氏「『(女子柔道パワハラ告発選手の)氏名を公表すべき』とする発言はいたしておりません」 | CUTPLAZA DIARY橋本聖子氏「『(女子柔道パワハラ告発選手の)氏名を公表すべき』とする発言はいたしておりません」 | CUTPLAZA DIARY

「告発選手名の公表を」橋本聖子氏@hashimoto_seiko JOCは被害者の選手15人のプライバシーも守れないのか

何か橋本聖子氏は勘違いされているのかもしれませんが、暴行やパワハラは刑事事件になってもおかしくない問題です。
そして、彼女たちは被害者です。

暴行を認めた監督の続投をさせようとしたJOCの対応を反省するならいざしらず、被害者の選手らの名前を公表するのは間違っています。

どうして全柔連やJOCに選手らが代理人の弁護士を立てて告発しなくてはいけなかったのか、告発してもなかなか彼女らは助けられなかったのか。
JOC、ならびに橋本聖子氏は考えていただくとともに、彼女たちを救うのに彼女たちの名前は必要なく、名前の公表はパワハラと同義であると認識して欲しいと思います。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

柔道女子パワハラ問題、国際柔道連盟「断固非難する」 谷亮子「私は暴力受けた経験ない」「全柔連は賢明な判断」

ロンドンオリンピック代表含む柔道女子選手15人が、女子代表の監督を暴力およびパワーハラスメントを受けていたと文書で告発した問題で、国際柔道連盟(IJF)のビゼール会長は「(暴力は)われわれのスポーツの礎を築いた嘉納治五郎師範が説いた精神と理念では決してない」と批判しました。
全日本柔道連盟(全柔連)は1月30日、暴力やパワーハラスメントがあったと告発を受けた監督らを戒告処分にしたものの、同監督を交代させませんでした。
しかし、柔道女子の監督は「私の行動や言動で選手や皆様にご迷惑をかけたことを深く反省している。これ以上、強化に携わるのは難しい」として、辞意を表明しました。
今後、全日本柔道連盟に進退伺を出し、正式に辞任する見通しとなっています。

柔道女子パワハラ問題、国際柔道連盟「断固非難する」 谷亮子「私は暴力受けた経験ない」「全柔連は賢明な判断」

海外でも今回の体罰というパワハラの件は問題視されたことで、JOCの市原則之専務理事は「(招致への)影響はないと思う」としたものの、東京オリンピック招致にも影響を懸念する声があがっています。
日本オリンピック委員会(JOC)の橋本聖子理事は「スポーツ界で早急に対応し、五輪招致にマイナスにならないようにしないといけない」と危機感をあらわにしています。

ちなみに、監督は記者会見で謝罪しながら「私自身は、暴力という観点で選手に手を上げたっていう認識は全くありません」と話していたり、代表監督の経験を持つある競技団体の指導者は選手らの告発を「わがまま」と言ったりしているようですが、こうした認識がスポーツ指導における体罰の根深い状況となっています。

女子柔道で2度の金メダルをとった谷亮子議員には記者から質問されることが多いようですが、政策で谷亮子議員が答えているのを見たことがありませんが、誰の生活を守ろうとしているのでしょうか。
それはともかく、当初谷亮子議員は暴行を受けたことがないと話したところ、女子柔道の監督が暴行をしたと認めてしまいました。
柔道界では別件で女子選手に対する暴力があったとして懲役が言い渡され控訴している係争中の事件がありますが、しばらくの間、柔道界並びに体罰問題は色々と話題が尽きないのでしょうね。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

女子柔道監督が女子選手らにパワハラで告発 体罰容認派の小倉智昭も批判報道開始 #フジテレビ #とくダネ

女子柔道の園田隆二・日本代表監督(39)ら指導陣が強化合宿などで選手に暴力などのパワーハラスメント行為をしていたとして、女子選手15人が昨年12月、日本オリンピック委員会(JOC)に告発文を提出していたことが分かりました。
提出された文書は、日本代表の強化合宿で園田隆二監督やコーチが、複数の選手に対して平手でたたくなどの暴力行為やパワーハラスメントととられる行為をしたと告発し、指導体制の改善を求める内容でした。
JOCは事実関係を確認し、全日本柔道連盟に対し、選手の指導方法を改善するよう指導したということです。
女子柔道監督が女子選手らにパワハラで告発 体罰容認派の小倉智昭も批判報道開始 #フジテレビ #とくダネ
さて、フジテレビの朝の情報番組とくダネでも女子柔道の監督の暴力問題を取り上げ小倉智昭さん他が口をそろえて批判報道をしていました。
暴力によるパワハラがあったなら問題なのは当然ですが、
フジテレビのとくダネでは前日に大阪の橋本徹市長と小倉智昭さんの桜宮高校の入試問題の件で討論(?)があり、
小倉智昭さんや笠井さん菊川怜さんは体罰を容認するような発言をした上で、問題のある教師だけ辞めさせればいいとか、桜宮高校の関係者(反橋下市長)の声だけを取り上げていました。

桜宮体罰自殺事件でとくダネで橋本徹市長と小倉智昭さんが討論

桜宮体罰自殺事件でとくダネで橋本徹市長と小倉智昭さんが討論

小倉智昭さん笠井さん菊川怜さん、体罰容認しつつ橋下市長を批判

小倉智昭さん笠井さん菊川怜さん、体罰容認しつつ橋下市長を批判

「沢山FAXが来た」としながら桜宮関係者の声しか取り上げないフジテレビ

「沢山FAXが来た」としながら桜宮関係者の声しか取り上げないフジテレビ
フジテレビのとくダネ、並びに、小倉智昭さん他のキャスターやコメンテーターの方々は、体罰問題を公平な立場で報道してください。
また、体罰という暴力による支配によって自殺者が出た事件であることを認識した上で発言してください。
橋本徹市長の批判だけが目的で体罰問題において主張を変えるのは、報道のするべきことではありません。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

【桜宮高2自殺】橋下市長の入試中止説明に在校生「具体的な理由ない」「礼儀が一番大切」「傷を癒せるのは先生」我関せず

大阪市立桜宮高校で体罰を受けていた体育科の男子生徒が自殺した問題で、大阪市教育委員会が体育科などの募集を停止して普通科に変更したうえで、来月入学試験を実施することを決めました。
市立桜宮高校の体育系2科の中止を受けて同校3年の男子生徒2人と女子生徒6人が記者会見に臨みました。市役所5階の記者クラブで午後7時半から1時間余の会見で、8人はいずれも運動部の元キャプテンとのことで、以下のように発言しています。

女子生徒「体育科に魅力を感じて受験したいと思う生徒がほとんど。普通科に回されるのは、私たちは納得がいかない」
(橋下市長が同日朝、全校生徒を前に説明したが)女子生徒「具体的な理由がなく、私たちの声も十分に聞いてくれなかった。思いは1時間で話せるわけがない。『生徒、受験生のことを考えて』と何度も繰り返したが、在校生と受験生のことを考えたらもっと違う結果があったんじゃないか」
(橋下市長が体罰の背景に)女子生徒「容認していないし、勝つことだけが目標ではなく、礼儀など人として一番大切なことを教えてもらっている」
(自殺問題について)「心の傷は深く、重く受け止めている。傷を癒せるのは先生」
(教諭の総入れ替えに)「多くの生徒が学校を守りたいと思っている」
男子生徒「今回の結果が覆せるんじゃないかと、強い思いを持ってきた」と会見の動機を語った。別の女子生徒も「今まで続いている伝統は今でも正しいと思っている」

【桜宮高2自殺】橋下市長の入試中止説明に在校生「具体的な理由ない」「礼儀が一番大切」「傷を癒せるのは先生」我関せず

誰かに言わされているようにも見えるけれど、この学生らが記者会見まで開いて口にしているのは、この学校では伝統や礼儀と称した暴力で生徒らを支配した結果なんですね。カルト団体の洗脳に近い。
人が死んでいるのに、「具体的な理由がなく」とか、「礼儀が大切」とか、「傷を癒せるのは先生」なんて我関せずな発言をよくも言えたものだと、背筋が凍る思いです。
それを自殺生徒のご遺族が聞いたら、どれだけ悲しまれるでしょう。
在校生や卒業生が反対している理由が、学校や先生の擁護でしか無いのは、どうにも気持ち悪い。

「結論覆す」、決意の反論=高校生8人、入試中止で会見―大阪市 (時事通信) – Yahoo!ニュース「結論覆す」、決意の反論=高校生8人、入試中止で会見―大阪市 (時事通信) - Yahoo!ニュース
はてなブックマーク – 「結論覆す」、決意の反論=高校生8人、入試中止で会見―大阪市 (時事通信) – Yahoo!ニュースはてなブックマーク - 「結論覆す」、決意の反論=高校生8人、入試中止で会見―大阪市 (時事通信) - Yahoo!ニュース

東京新聞は今回の桜宮高校での体罰が生徒を追い詰め自殺に至った事件について『体罰を情熱や熱血とすり替え、教育を放棄してはならない。男子生徒の死を無駄にできない』としています。

大阪市の橋下徹市長は21日、バスケットボール部の男子生徒が自殺した市立桜宮高を訪問し、全校生徒や教職員を前に「スポーツの中で手を上げることは、ものすごく遅れた指導法。そんなことで技術力は上がらない。世界最先端の指導でないと、体育科の意味がない」「生徒に責任はないが、クラブ活動よりもっと大切なことがある。今後の方向を出す前に新入生を迎えてはならない」と自らが打ち出した同校体育系学科の入試中止方針などを在校生に説明しました。
「生きているだけで丸もうけ」との自身の発言については「生きていれば、少し回り道をしてでも自分のやりたいことに向けて進むことができるという意味だった」と釈明しました。
これに対し、生徒2人が手を挙げて発言し、1人は、「(自殺は)忘れてはいけない出来事。桜宮のことを真剣に考えている。(ただ)体育科を続けた状態で考えていきたい」との内容で、もう1人は、「市長は人生は長いというが、今しかない時間を大切にしたい。普通科であればいいという問題でない。入ってくる子にとって受験は一度だけで、その機会を奪ってほしくない」と訴えました。
これに対し、橋下市長は「皆さんに責任はないが、世の中には越えてはいけない一線がある」としました。
生徒への説明は非公開で行われ、橋下市長は午前8時45分頃に同高に到着。体育館での全校集会で、午前10時頃まで話しました。

桜宮高校 普通科に変更して入試実施へ NHKニュース桜宮高校 普通科に変更して入試実施へ NHKニュース

橋下市長が入試中止に理解求める 桜宮高の生徒や教職員に – 47NEWS(よんななニュース)橋下市長が入試中止に理解求める 桜宮高の生徒や教職員に - 47NEWS(よんななニュース)

橋下氏「入試やめさせます」…生徒発言受けても : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)橋下氏「入試やめさせます」…生徒発言受けても : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


什の掟―じゅうのおきて(ならぬことはならぬものです) | 會津藩校 日新館―会津藩・白虎隊の学び舎什の掟―じゅうのおきて(ならぬことはならぬものです) | 會津藩校 日新館―会津藩・白虎隊の学び舎
什 (会津藩) – Wikipedia什 (会津藩) - Wikipedia

【桜宮高2自殺】「私が死ねば救われる?」入試中止抗議の〝自殺予告〟…市教委は丸1日放置した(1/2ページ) – MSN産経west【桜宮高2自殺】「私が死ねば救われる?」入試中止抗議の〝自殺予告〟…市教委は丸1日放置した(1/2ページ) - MSN産経west

 市教委によると、18日午後4時すぎ、市のコールセンターに同校在校生を名乗る若い女性から、入試中止などをめぐる橋下市長の発言の真意を確認する電話があった。女性は「『生きていたらチャンスはある』と言っていたがどういう意味か」と憤った様子で問いかけ、泣きながら「私が死ねば在校生はみんな救われるんでしょうか」と尋ねたという。橋下市長は17日の会見で「(受験生は)生きているだけで丸もうけ。またチャンスはある」と述べていた。

2013/01/11
東京新聞:バスケ部主将の自殺 学校に体罰はいらない:社説・コラム(TOKYO Web)東京新聞:バスケ部主将の自殺 学校に体罰はいらない:社説・コラム(TOKYO Web) (魚拓)

 自殺の前日、練習試合に負けて帰った男子生徒は「今日もいっぱい殴られた。三十発から四十発かな」と母親に打ち明けた。顧問は発奮させようと平手打ちしたというが、遺体の頬は腫れ、唇が切れていたというから尋常ではない。
 自殺後のバスケ部員五十人へのアンケートでは、二十一人が体罰を受け、四十八人が主将を除くほかの部員への体罰を見ていた。殴る、蹴るといった暴力が常態化していたのは間違いなく、自殺の引き金になった可能性が高い。
 橋下徹大阪市長が「事実なら犯罪だ。完全な暴行、傷害だ」と憤慨したのも当然だろう。
 桜宮高では、かつて男子バレーボール部でも顧問の男性教諭が体罰を加え、停職処分を受けていた。全校的な体罰の全容を調べ、再発を防がねばならない。

(cache) 東京新聞:バスケ部主将の自殺 学校に体罰はいらない:社説・コラム(TOKYO Web)(cache) 東京新聞:バスケ部主将の自殺 学校に体罰はいらない:社説・コラム(TOKYO Web)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

善悪のつかない子供や大人がいじめや暴力をふるい、体罰を肯定する親を増やす

大阪市立桜宮高校のバスケット部の顧問の教師に体罰を受けていた男子生徒が自殺した問題につけ、ここ最近のいじめ問題を目にするにつけ、学校において「暴力」が常態化しても誰も止められない状況が起きていたり、ともすれば大津市のいじめ自殺事件では教師がいじめを認識していながら責任逃れに「いじめは起きていなかった」と事件を隠したりすることがままあるようです。

善悪のつかない子供や大人がいじめや暴力をふるい、体罰を肯定する親を増やす

昔のほうが体罰や暴力が多かったという大人の方の意見もあるのですが、それは時代性であり、少子化の現代では通用しない認識です。

また、小学生が暴力をした問題でニュースになった話において「3歳でも分かること」という意見が寄せられたことがありますが、3歳で善悪が分からない子はいますし、
少なくとも、そのいじめていた子達は暴力の善悪を認識していないからいじめをしているのです。
現代は少子化で他の子どもと関わりを持たない真っ白な状態で学校に行くケースも少なくなかったりするのではないでしょうか。

性善説にせよ性悪説にせよ、大人が子供に人を叩いてはいけないとか「叩かれたら痛い」「あなたが嫌なことを他人にしてはいけない」という基本的な事を教える必要があるわけです。

Continue reading

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

女性講師が女子中学生27人を炎天下のプールサイドに正座させ火傷負わせる

東京都江東区の区立中学校の女性非常勤講師(60)が、遅刻の罰としてプールの授業に遅れてきた2年生の女子生徒27人を炎天下のプールサイドに約30分に渡って正座させ、ほぼ全員の足に火傷を負わせていたことが分かりました。当日は晴天でプールサイドは高温になっていたとのことです。
授業後に女子生徒の母親から学校に連絡があり分かったもので、女性講師は事実を認めているといいます。
区教委では都教委に今後処分を求める方針で、「体罰は言い逃れできない非違行為であり、あってはならない不適切な指導にあたる」とコメントしています。

利根川 焼き土下座香炉

普通に傷害っぽいのですが、今後の処分とかどうなるのでしょうね。

Continue reading

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Home > Tags > 体罰

Profile

愛媛の真面目な美容師

最近はMinecraftなどのゲーム界隈に出没する花の妖怪

Amazon | ほしいものリスト

Access
Today Yesterday
スポンサーリンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)






Return to page top