Home > Tags > 災害

災害

韓国人新聞記者が韓国語で「日本はもう一度天罰を受けよ。どの国も日本を助けない」

ある韓国人新聞記者はニュースサイト「日本はもう一度天罰を受けよ。どの国も日本を助けない」と発言していることが分かりました。
ところが2011年3月に東日本大震災の被害を受けた日本は台湾やアメリカやタイや、その他世界中から支援がありました。
さすが東日本大震災で集めた募金を竹島領有の保護事業に寄付をした韓国ですね。

Korean journalist”Japan has once again come to disaster. Every country does not help” | Mon AmourKorean journalist

なんかもう、憎悪で日本を呪うかのような韓国の日本叩きですが、竹島にしても慰安婦にしても歴史的に韓国の主張はおかしいのです。
戦争の謝罪にしても、日本はこれまで韓国に多くの経済支援や謝罪をしています。
それでもまだ謝罪と賠償をしろと韓国は言い続けています。

もう、一切の経済支援をすべきではないですし、日本は付き合う国を考えるべきです。

Continue reading

産経新聞「自衛隊要請拒否」の問題で産経抄でも謝罪「立ち入りを拒否したわけではなく、通信訓練を認めていた」

16日夜から17日午前中に行なわれた自衛隊の統合防災演習で、産経新聞が報じた自衛隊が東京都23区にした要請を断った区があるとして挙げられていた11区全てが、23日から24日までの間に区役所ホームページに記事の内容の「自衛隊の要請を拒否」を否定し、記事の訂正を求めるとともに「防災演習に協力した」旨の抗議文を掲載していた問題で、産経新聞は25日付け産経朝刊2面で「おわび」と、ネット上でも「記事のおわびと削除」を掲載し謝罪しました。
そして、産経抄の方でも謝罪の話が掲載されています。

産経新聞「自衛隊要請拒否」の問題で産経抄でも謝罪「立ち入りを拒否したわけではなく、通信訓練を認めていた」

産経新聞「自衛隊要請拒否」記事に中野区・豊島区・千代田区・港区・世田谷区・目黒区・新宿区・中央区・渋谷区・杉並区・北区「協力した」と内容否定と抗議 | CUTPLAZA DIARY産経新聞「自衛隊要請拒否」記事に中野区・豊島区・千代田区・港区・世田谷区・目黒区・新宿区・中央区・渋谷区・杉並区・北区「協力した」と内容否定と抗議 | CUTPLAZA DIARY
産経新聞「自衛隊要請拒否」報道に11区全てが「拒否をした事実はない」と否定 訂正と謝罪求める抗議文 | CUTPLAZA DIARY産経新聞「自衛隊要請拒否」報道に11区全てが「拒否をした事実はない」と否定 訂正と謝罪求める抗議文 | CUTPLAZA DIARY
産経新聞、「自衛隊要請拒否」の記事謝罪と削除 「実施されなかったのは宿泊。立ち入りは実施」 | CUTPLAZA DIARY産経新聞、「自衛隊要請拒否」の記事謝罪と削除 「実施されなかったのは宿泊。立ち入りは実施」 | CUTPLAZA DIARY

その中で『東京都の一部の区役所は、自衛隊員の庁舎への立ち入りを拒否したわけではなく、通信訓練を認めていた。』という記述があるのですが、11区はそれぞれ職員が立ちあったり、駐車場を貸すなど協力しており、宿泊に関しても自衛隊側が中止した経緯があることから、また問題になりそうなニュアンスですね。

Continue reading

産経新聞、「自衛隊要請拒否」の記事謝罪と削除 「実施されなかったのは宿泊。立ち入りは実施」

16日夜から17日午前中に行なわれた自衛隊の統合防災演習で、産経新聞が報じた自衛隊が東京都23区にした要請を断った区があるとして挙げられていた11区全てが、23日から24日までの間に区役所ホームページに記事の内容の「自衛隊の要請を拒否」を否定し、記事の訂正を求めるとともに「防災演習に協力した」旨の抗議文を掲載していた問題で、産経新聞は25日付け産経朝刊2面で「おわび」と、ネット上でも「記事のおわびと削除」を掲載し謝罪しました。

産経新聞、「自衛隊要請拒否」の記事謝罪と削除 「実施されなかったのは宿泊。立ち入りは実施」

その「記事のおわびと削除」では『「自衛隊の防災演習、東京の11の区は庁舎立ち入り拒否」の記事について、11区で実施されなかったのは待機(宿泊)訓練でした。通信訓練については自衛隊の立ち入りを認め、実施されていました。関係者におわびして、削除します。』と書かれています。

産経新聞、「自衛隊要請拒否」の記事謝罪と削除 「実施されなかったのは宿泊。立ち入りは実施」

つまり、宿泊はされなかったが、自衛隊の立ち入りは実施されていたと認めていますが、あまりにも短くて色んなことがまだ分かっていません。

産経新聞「自衛隊要請拒否」報道に11区全てが「拒否をした事実はない」と否定 訂正と謝罪求める抗議文 | CUTPLAZA DIARY産経新聞「自衛隊要請拒否」報道に11区全てが「拒否をした事実はない」と否定 訂正と謝罪求める抗議文 | CUTPLAZA DIARY
北区の共産党議員が自衛隊の宿営を断念を申し入れ「法律に違反」「迷彩服は一般市民おびやかす」 | CUTPLAZA DIARY北区の共産党議員が自衛隊の宿営を断念を申し入れ「法律に違反」「迷彩服は一般市民おびやかす」 | CUTPLAZA DIARY

まだ何か進展があればいいですけど、どうしてあの記事に至ったのかの説明とか、自衛隊を拒否する動きはなかったのかとか、色々説明をしてくれるのを待ちましょう。(説明の追加はないかもしれないけれど)

Continue reading

北区の共産党議員が自衛隊の宿営を断念を申し入れ「法律に違反」「迷彩服は一般市民おびやかす」

北区の共産党議員が自衛隊の要請を拒否するよう区長に申し入れしていたことが分かりました。
北区の共産党議員の日誌によると『自衛隊法83条が自衛隊の災害出動は関係自治体からの要請が前提』で『法律に抵触している恐れ』があるとしています。また、『迷彩服の隊員が市街地を闊歩すれば、訓練とは知らない一般市民を無用におびやかす』とし、『第1師団広報は~区側が拒否すれば、駐屯地に帰るだけだ』を理由に、「訓練の中止」と「16日夜の区役所内での宿泊を拒否」するよう申し入れていました。

北区の共産党議員が自衛隊の宿営を断念を申し入れ「法律に違反」「迷彩服は一般市民おびやかす」

産経新聞が自衛隊が東京都23区にした要請を断った区があるとして報じていましたが、11区に指定されていた千代田区・中央区・港区・新宿区・目黒区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区全てが23日から24日までに記事内容を否定し記事の訂正を求めるとともに「防災演習に協力した」旨の抗議文を掲載しています。

これでどうして11区で拒否したという話になったのかは産経新聞の説明を待ちたいところ(あるのか?)ですが、自衛隊を拒否する人間は実在したのですね。

「迷彩服を区民に見せるな」自衛隊の防災演習で東京の11区が庁舎立ち入り拒否 | CUTPLAZA DIARY「迷彩服を区民に見せるな」自衛隊の防災演習で東京の11区が庁舎立ち入り拒否 | CUTPLAZA DIARY
産経新聞「自衛隊要請拒否」記事に中野区・豊島区・千代田区・港区・世田谷区・目黒区・新宿区・中央区・渋谷区・杉並区・北区「協力した」と内容否定と抗議 | CUTPLAZA DIARY産経新聞「自衛隊要請拒否」記事に中野区・豊島区・千代田区・港区・世田谷区・目黒区・新宿区・中央区・渋谷区・杉並区・北区「協力した」と内容否定と抗議 | CUTPLAZA DIARY
産経新聞自衛隊要請拒否」報道に11区全てが「拒否をした事実はない」と否定 訂正と謝罪求める抗議文 | CUTPLAZA DIARY産経新聞自衛隊要請拒否」報道に11区全てが「拒否をした事実はない」と否定 訂正と謝罪求める抗議文 | CUTPLAZA DIARY

ただ、北区はこの申し入れが共産党議員からあったことを書いていません。
この北区の共産党議員が自衛隊の要請を拒否するよう区長に申し入れしていた問題だけを産経新聞が過大解釈して報じたのか、北区は申し入れをどう処理し自衛隊に協力したのかというのは明らかにされなければなりません。
それによってまた話が変わってきます。

さて、自衛隊は災害の時は重宝がられて、こうした訓練となると過剰反応をする人は実際にいたのですね。
『こういう人たちを救助するのはやめよう』とか『こんなのに限って「どうして救助に来なかった」ってワーワー騒ぐ』という声も出ています。

Continue reading

産経新聞「自衛隊要請拒否」報道に11区全てが「拒否をした事実はない」と否定 訂正と謝罪求める抗議文

16日夜から17日午前中に行なわれた自衛隊の統合防災演習で、産経新聞が報じた自衛隊が東京都23区にした要請を断った区があるとして挙げられていた11区に指定されていた千代田区・中央区・港区・新宿区・目黒区・世田谷区・渋谷区・中野区・杉並区・豊島区・北区全てが、23日から24日までの間に区役所ホームページに記事の内容の「自衛隊の要請を拒否」を否定し、記事の訂正を求めるとともに「防災演習に協力した」旨の抗議文を掲載しています。

平成24年7月24日付産経新聞朝刊「産經抄」記事について(再抗議)│豊島区公式ホームページ

ところが産経新聞は24日の産経抄でも『11区が区役所庁舎内への立ち入りを拒否していた』という話を掲載していたため、23日中に「全くの事実無根」として強く抗議していた豊島区は、24日にも産経抄に対して再度抗議文を掲載しています。その中で豊島区が産経新聞に説明を求めたところ、『担当部署が違っていたため、情報が共有化されていなかった』という回答があったようですが、一体どういう事なのか訳が分かりませんね。

「迷彩服を区民に見せるな」自衛隊の防災演習で東京の11区が庁舎立ち入り拒否 | CUTPLAZA DIARY「迷彩服を区民に見せるな」自衛隊の防災演習で東京の11区が庁舎立ち入り拒否 | CUTPLAZA DIARY
産経新聞「自衛隊要請拒否」記事に中野区・豊島区・千代田区・港区・世田谷区・目黒区・新宿区・中央区・渋谷区・杉並区・北区「協力した」と内容否定と抗議 | CUTPLAZA DIARY産経新聞「自衛隊要請拒否」記事に中野区・豊島区・千代田区・港区・世田谷区・目黒区・新宿区・中央区・渋谷区・杉並区・北区「協力した」と内容否定と抗議 | CUTPLAZA DIARY

そもそも最初に産経新聞が今も訂正も説明もされていない「自衛亭の要請拒否」の記事の中で、『自衛隊の担当者は「区によって要請の中身は変えていない。お願いする立場なので強くは言わなかったし、文書は出さなかったが、確かに要請した」』という、自衛隊の担当者の話は存在しているのかという事になります。
間違った内容であれば、産経新聞は陸上自衛隊に迷惑をかけていることになりますし、自衛隊担当者が本当にそう話しているのなら、要請したのに拒否をしたという認識があるのか、自衛隊担当者が間違った認識をしているのかという事になります。

産経新聞もしくは陸上自衛隊は今件において説明をする必要性がありますし、いろんな意味で間違いがあるなら正さねばなりません。

Continue reading

産経新聞「自衛隊要請拒否」記事に中野区・豊島区・千代田区・港区・世田谷区・目黒区・新宿区・中央区・渋谷区・杉並区・北区「協力した」と内容否定と抗議

産経新聞が「自衛隊の防災演習で東京の11区が庁舎立ち入り拒否」として、自衛隊が東京都23区にした要請を断った区があるとして挙げられていた11区のうち、現在のところ中野区・豊島区・千代田区・港区・世田谷区・目黒区・新宿区・中央区・渋谷区・杉並区・北区が記事の内容の「自衛隊の要請を拒否」を否定し「防災演習に協力した」旨の抗議文を、各区役所ホームページ上に掲載しています。

■追記 2012/07/24 17:25 世田谷区・目黒区・新宿区・中央区も記事内容の否定と抗議文を区役所ホームページに掲載しました。
■追記 2012/07/25 9:30 渋谷区・杉並区・北も記事内容の否定と抗議文を区役所ホームページに掲載しました。

7月23日産経新聞の自衛隊訓練の記事について « 中野区公式ホームページ

各区の抗議文には産経新聞が各区に行った取材で話した内容が反映されておらず、「自衛隊の要請を拒否」し「庁舎立ち入り拒否」を行った区として書かれていると抗議しています。
「区職員が立ち会う」「駐車スペースを貸した」「宿泊については自衛隊の計画変更により取りやめ」「自衛隊員を庁舎内に受け入れて訓練を行った」として、これらの区は抗議文で自衛隊に協力していたとしています。

「迷彩服を区民に見せるな」自衛隊の防災演習で東京の11区が庁舎立ち入り拒否 | CUTPLAZA DIARY「迷彩服を区民に見せるな」自衛隊の防災演習で東京の11区が庁舎立ち入り拒否 | CUTPLAZA DIARY
「迷彩服を区民に見せるな」自衛隊の防災演習で東京の11区が庁舎立ち入り拒否

今のところ産経新聞は抗議文に対し謝罪や記事の内容の訂正はしていないようですが、経緯を見守りたいところです。

Continue reading

「迷彩服を区民に見せるな」自衛隊の防災演習で東京の11区が庁舎立ち入り拒否

16日夜から17日午前中に行なわれた自衛隊の統合防災演習で、自衛隊が23区に「隊員を区役所庁舎内に立ち入らせてほしい」と要請していたにも関わらず、11区が拒否していたとのことです。
要請を拒否したのは千代田▽中央▽▽新宿▽目黒▽世田谷▽渋谷▽中野▽杉並▽豊島▽北の11区で、大半が「自衛隊から要請がなかった」という理由を説明しているそうですが、自衛隊は口頭で23区に(1)庁舎内に立ち入らせ、通信訓練を行う朝まで待機させてほしい(2)庁舎の駐車場を使わせてほしい(3)防災担当の職員に立ち会ってほしい-の3項目を要請していました。
自衛隊の担当者は「区によって要請の中身は変えていない。お願いする立場なので強くは言わなかったし、文書は出さなかったが、確かに要請した」と話しています。

■追記 2012/07/24 10:12 中野区・豊島区・千代田区・港区は「自衛隊の防災演習に協力した」として産経新聞の記事に抗議文を出しました。
■追記 2012/07/24 17:25 世田谷区・目黒区・新宿区・中央区も記事内容の否定と抗議文を区役所ホームページに掲載しました。
■追記 2012/07/25 9:30 渋谷区・杉並区・北も記事内容の否定と抗議文を区役所ホームページに掲載しました。
産経新聞「自衛隊要請拒否」記事に中野区・豊島区・千代田区・港区・世田谷区・目黒区・新宿区・中央区・渋谷区・杉並区・北区「協力した」と内容否定と抗議 | CUTPLAZA DIARY産経新聞「自衛隊要請拒否」記事に中野区・豊島区・千代田区・港区・世田谷区・目黒区・新宿区・中央区・渋谷区・杉並区・北区「協力した」と内容否定と抗議 | CUTPLAZA DIARY

7月23日産経新聞の自衛隊訓練の記事について « 中野区公式ホームページ

「迷彩服を区民に見せるな」自衛隊の防災演習で東京の11区が庁舎立ち入り拒否

3項目すべての要請を拒否したある区の担当者は「区民との接触を避けてほしい」「迷彩服姿を庁舎内で見せないでほしい」と申し入れたとのことですが、
これは首都直下地震を想定した防災訓練なのですよね?
事前の訓練が行われる通達はあったはずで、本番でも同じ事をするのでしょうか。

自衛隊は災害時に便利に扱われる反面、訓練だとこのような反発の動きが出るのは、ちょっとおかしな感じがします。

Continue reading

【画像】東日本大震災当時と1年後同じ場所の写真まとめ #東日本大震災

東日本大震災当時、地震や津波の被害にあった被災地の写真と同じ場所で撮影された写真が公開されています。
瓦礫などは片付けられていますが、復興が進んでいるように見えても、今も建物が無くなったままの場所も多いように見受けられます。
また、震災当時に「毛布の女性」として海外に配信された女性が、今現在は息子さんと一緒に過ごされているようです。

関連:【【動画】3.11 衝撃的だった後世に残すべき東日本大震災関連の動画 | CUTPLAZA DIARY【動画】3.11 衝撃的だった後世に残すべき東日本大震災関連の動画 | CUTPLAZA DIARY

今なお被災地では被災瓦礫が処理されず残っていたり、2012年3月11日当時で死者15,854人・行方不明者3,155人の被害者の方々がいらっしゃいます。
しかしながら、東日本大震災から1年しか経っていませんが、当時ほど人々の関心が薄れているように思われます。
災害の恐ろしさや防災を訴えていく為にも、当時の資料は受け継がれていって欲しいと思います。

また、被災地が一日も早く復興されますよう祈っております。

日本の津波の写真:前と後
Japan tsunami pictures: before and after – The Big Picture – Boston.comJapan tsunami pictures: before and after - The Big Picture - Boston.com


2011年3月13日に宮城県石巻市の津波の被害を受けた町で、残骸の前に立って息子の姿を探している女性と、
2012年1月27日に同じ場所で5歳の息子と並んでいる杉本優子さん。
2012年3月11日には19,000以上の命を奪大規模な津波から1周年を迎えます。(読売新聞/ AFP)(TORU YAMANAKA / AFP /ゲッティイメージズ) #

2
2011年3月11日と2012年2月17日の岩手県宮古市の同じ場所の写真です。
(宮古市役所 Miyako City Office/Handout/Reuters) and (Toru Hanai/Reuters) #

Continue reading

「福島産の食べ物がSAで大量に捨てられてる」記事のデマの疑惑

NEWSポストセブンという週刊ポストや女性セブン系のネットニュースメディアが「福島近郊のSAで福島の銘菓、野菜、米など大量に捨てられる」という記事を報じていますが、福島県の安達太良サービスエリアに勤務している人が反論記事が出ており、その内容からNEWSポストセブンの記事の内容はデマではないかという疑いが持ち上がっています。
そもそもNEWSポストセブンは「匿名の登場人物」からの話を元に記事を作っていることが多々あり、今回も「被災地選出の国会議員」や「栃木県に入った黒磯PA(パーキングエリア)の清掃担当職員」の証言から記事が作られています。
記事の中で『真の復興のためには、目を背けたくなる醜悪な人間の性にも目を向けなければならない』『「福島近郊にある高速道路のサービスエリアで、地元の銘菓や食品類が大量に捨てられている。おそらく、県外の住民が福島で地元の人からもらったお土産を捨てているのだろう。訪ねてくれた御礼に被災者たちが用意したものだったはず。風評被害というには、あまりにも悲しすぎる」』としていますが、この記事の出元が不確かだとすれば、この記事こそが火のないところに風評被害状態を作っていることになります。

「福島産の食べ物がSAで大量に捨てられてる」記事のデマの疑惑

この記事を最初読んだ時に、タブロイドの記事に登場する人物の話の信憑性が疑わしいと信じていませんでした。


しかし、この記事を鵜呑みにしてありもしない問題を攻撃する人が出ないとも限りません。

先の反論記事を書いているSAの従業員の人が記事を書いた理由は「『福島県内およびその近くでの出来事』と書かれている記事の出来事に全く心当たりがなかったからです。」とのことで、状況が生まれていないのだから何もなかったというのは当然のように思えます。
NEWSポストセブンは匿名の登場人物の話以外には、写真などの証拠が一切ありませんが、逆に言えば「なかったという証拠もない」のが実情です。

つまり、風評し被害の実態があるなら尚更のこと、デマの疑いがかけられている以上、地元自治体か福島県の安達太良サービスエリアの監督部署が公式に、今件は存在するのかを明らかにすべき事態かと思います。

Continue reading

追悼式典 台湾代表の献花外しで藤村官房長官「対応に問題なし」と野田首相謝罪覆す

12日の参院予算委員会において、11日の政府主催の東日本大震災追悼式で台湾代表に献花の機会がなかったことが分かり、野田首相が陳謝しましたが、13日の記者会見で藤村修官房長官は「対応に問題なし」と前日の首相謝罪を覆しました。
台湾は昨年起きた東日本大震災に際し、200億円の義援金を贈ってくれた国ですが、そうした好意を踏みにじる行為が繰り返されていることになります。
また、天皇、皇后両陛下がご退席になる際、場内が着席しているという議事進行があったとされます。

追悼式典 台湾代表の献花外しで藤村官房長官「対応に問題なし」と野田首相謝罪覆す

ちなみに藤村修官房長官は昨年9月にも、野田佳彦首相の資金管理団体が在日韓国人から政治献金を受けていたことに関し、「寄付をいただくときに国籍を調べるわけではない。指摘されないと分からないのが正直なところではないか。個人的見解では、(政治資金規正法の)何らかの法改正は必要だと思う」と述べていたことがあります。

ただただ、情けなくて恥ずかしくて申し訳ない限りですね。

Continue reading

【動画】3.11 衝撃的だった後世に残すべき東日本大震災関連の動画

昨年3月11日に起きた東日本大震災(平成23年東北地方太平洋沖地震)から今日で1年経ちました。
地震や津波の被害と原発事故による放射能汚染により、東北の被災地では未だに瓦礫の処理が進んでいません。
ともすれば復興するにも元の場所に帰れず、今も仮設住宅に入居していたり、元の地区に帰ると避難したという精神被害の保障が受けられなくなるという理由も含め、避難した地区から離れられなくなった人が多くいらっしゃいます。そもそも帰る人が少なければ、病院や介護など様々なインフラや仕事もない為、帰りたくても帰れないという人もいらっしゃいます。

あの震災直後は絆とか団結があったはずなのですが、いつの間にか利権やしがらみや感情が入り交じり、誰かがやってくれるという思いも相まって、東北の復興に協力する気持ちが離れる人もいるのではないでしょうか。

2011/03/20
「みんなで分け合えば、できること」他、東日本地震関連の画像・動画・ニュース集 #jishin | CUTPLAZA DIARY

2011/05/12
「unite for japan」渡辺謙呼びかけで米の俳優らが日本への支援メッセージ | CUTPLAZA DIARY

後世に残すべき東日本大震災関連の動画をまとめてみました。
3月11日は、あの時の思いを最確認する一日とし、今一度、東北のために何が出来るのかを考えてみませんか。

Continue reading

震災瓦礫受け入れ 60%以上前向き 青年会議所調べ

日本青年会議所が独自の廃棄物処理施設を持っている全国の市町村の首長590人から東日本大震災で発生したがれきの受け入れについて調査を実施しアンケート結果を公表しました。
全体の60%以上に当たる360人の首長が60%以上が前向きに検討しているとのことです。
回答率は59.1%で、内訳は「受け入れてもよい」が19.7%、「検討中」が41.4%、「受け入れたくない」が27.1%でした。(被災3県と沖縄県、既に広域処理を受け入れている東京都は除く。)
受け入れの条件としては「がれきの安全性の保証」「住民や議会の理解」「国による予算措置」などを挙げています。

震災瓦礫受け入れ 60%以上前向き 青年会議所調べ

もうすぐ東日本大震災から1年が経ちますが、震災直後は震災瓦礫受け入れの自治体はなかなか現れませんでした。

当時、環境庁が自治体に震災瓦礫受け入れを求めた際にも、「安全に処理できない」とか「苦情のメールがあった」という理由で、多くの自治体は震災瓦礫受け入れを断っていました。

今後は安全に処理をすることは大前提ですが、もう少し建設的な自治体の取り組みを求められます。
その為には自治体が住民に対して、丁寧な説明が必要になりますね。

Continue reading

津波時に浮上 世界初の「可動式防波堤」着工へ 和歌山

和歌山県沖の紀伊水道の津波対策として、国土交通省近畿地方整備局港湾空港部(神戸市中央区)が、世界初の可動式防波堤の整備を進めています。
平時は航路を確保し、津波発生時に海底の杭(くい)を浮力で浮き上がらせる「直立浮上式」を採用としており、懸念されている南海地震への備えとして2012年度に着工するそうです。

津波時に浮上 世界初の「可動式防波堤」着工へ 和歌山津波時に浮上 世界初の「可動式防波堤」着工へ 和歌山

昨年の東日本大震災では想定外の大きな津波がありましたが、7メートルの防波堤では足りないとか、230メートルの堤防が250億円というのはコストがかかりすぎるという声もあるようですが、あまりに津波のことだけを考えた防波堤を作った場合、船を接岸したり荷を下ろす港としては扱いにくくなるケースも過去に起きています。

ちなみに話に出てきそうな例として「スーパー堤防」がありますが、あれは河川の氾濫時の土壌安定化に優位性がある堤防ということを踏まえておく必要があります。
ただ、 事業仕分け第3弾でスーパー堤防事業は廃止と評価されましたが、東日本大震災以降一部区間を整備継続するとしています。

また、東日本大震災の際に倒壊した海底からの高さがおよそ60メートルの「世界最大防波堤」が釜石にありましたが、同規模の堤防をおよそ490億円をかけて再建することも決まっています。
こちらにも似たような批判が出そうな気がしますが、これに関しても津波の被害から避難する時間を稼ぐ事は可能なのですから、全く対策をしないというのは考えられないのですね。

今後、大きな地震が東海や西日本でも起きることが懸念されていますが、東日本大震災の災害の教訓を今後に生かせるようにして欲しいと思います。

Continue reading

被災小中学生、防災公園など復興への要望 平野復興相「胸にグサッ」

東日本大震災で被災した宮城、岩手両県の小中学生6人が25日、東京・赤坂の復興庁を訪れ、震災の記憶を風化させないためi防災機能を備えた公園を整備するよう要望など3項目からなる復興への意見書を平野復興相に手渡しました。小中学生ら6人は公益社団法人「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」が組織した「子どもまちづくりクラブ」のメンバーで、意見書は高校生も交えてまとめたとのことです。
小中学生は「学校に仮設住宅が建ち、授業で校庭を広く使えなくなった。しかたがないが、大人だけで決めず子どもにも説明してほしい」「がれき処理が進んでいない。国は本当に復興するつもりがあるのですか」と訴え、平野復興相は「胸にぐさっと来た」「がれきの受け入れに慎重な自治体が多く、なかなか進んでいないのが現状だ。しかし政治家は結果を出さないとダメなので、お叱りを受けたと思って頑張っていきたい」と述べ提言の検討を約束しました。

被災小中学生、防災公園など復興への要望 平野復興相「胸にグサッ」

2011年3月11日に起きた東日本大震災の被害に見舞われた3県では、未だ震災がれきが処理できない状況にあり、他の県でもこの震災がれきの処理を受け入れることを求めていましたが、今のところ東北以外では東京や静岡県島田市くらいしか受け入れた自治体はありませんね。
多くの原因となっているのが3.11に起きた福島原発の放射性物質の影響を心配する声が出ていることで、これに受け入れ自治体が過剰に反応して取りやめてしまう事態がありました。
しかしながら放射性物質の汚染がなかったり少ない地域がありますし、放射性物質は放射線の測定が即時に行えるのですから、
適切にチェックを行い安全に処理すれば問題はないはずなのですね。

今後は他の県などの自治体が協力しあってこれの処理を手伝えるような状況になることと、一刻も早く被災地の復興が進むことを願うばかりです。

Continue reading

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Home > Tags > 災害

Access
Today Yesterday
スポンサード リンク
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック
バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック
PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)
ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 2 (特装限定版)
ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 2 (特装限定版)
はたらく魔王さま! Blu-ray コンパクト・コレクション
はたらく魔王さま! Blu-ray コンパクト・コレクション
涼宮ハルヒの大成ーSuper Blu-ray BOXー 初回生産限定版
涼宮ハルヒの大成ーSuper Blu-ray BOXー 初回生産限定版
ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)
ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部 特別リハーサル版 (ハリー・ポッターシリーズ)
君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)
君の名は。 Another Side:Earthbound (角川スニーカー文庫)
小説 君の名は。 (角川文庫)
小説 君の名は。 (角川文庫)

Return to page top