Home > Tags > アメリカ

アメリカ

中国が自国の車メーカーに輸出補助金で米がWTO提訴 中国も米をWTOに提訴

アメリカのアメリカ合衆国通商代表部(Office of the United States Trade Representative, USTR)は17日、中国政府が自国の自動車メーカーと部品メーカーに不当な輸出補助金を与えているとして、世界貿易機関(WTO)に提訴したと発表しました。
USTRによると、中国が輸出拠点を活用して特別な税優遇や利子補給などを提供しており、不当な輸出補助金に当たると主張しており、2009~2011年にかけて少なくとも10億ドル(約780億円)に上ると推計しています。これにより、アメリカの労働者が不当な競争を強いられていると批判しています。
これに対して、約30品目の中国製品に対して米国がとった反ダンピング(不当廉売)税などの対抗措置に関して、WTOに提訴したと発表しました。
中国は2001年にWTOに加盟しています。

誰も書かなかった 世界経済の真実 地球経済は再び斬り刻まれる (2時間でいまがわかる!)
誰も書かなかった 世界経済の真実  地球経済は再び斬り刻まれる (2時間でいまがわかる!)

アメリカの自国の製品の競争力の無さを他国に対して是正を求める姿勢は昔から変わっていないのと、最近は中国に対して行うようになったのですね。

今年8月21日にアルゼンチンに対してアメリカと日本がアルゼンチンに対して、政府の許可制による輸入制限の導入に対して、WTOのルールに反しているとして提訴しています。

しかし昔、アメリカは日本に対してジャパンバッシングというものを行っており、最近でもTPPを巡り、アメリカの自動車メーカーが日本の軽自動車の規格を廃止するよう求めてきたこともあります。

ただ、貿易摩擦というのは起こりうるものであり、日本でも中国の農作物の輸入を制限したりしているのですね。

また、WTOの影響力も近年では低下しており、どの程度今回のような提訴が効力を発揮するかは分かりませんし、ロシアのようにWTOに参加しても独自路線を続ける国も出てきたりしています。

Continue reading

アップルが特許訴訟で全面勝利 米カリフォルニア州連邦地裁陪審団がサムスンに825億円賠償支払い命令

スマートフォンなどの特許をめぐり、韓国サムスン電子が米アップルが争っていた裁判で、米カリフォルニア州の連邦地裁の陪審団はサムスンがアップルのスマートフォンなどの特許を侵害したとして、サムスンに約10億5千万ドル(約825億円)の賠償支払いを命じました。
サムスンの製品開発や販売戦略に影響が打撃を与えるほか、サムスンにOSを提供しているGoogleにも影響を与えることになりそうです。

世界各国で裁判で争っていますが、韓国では「ギャラクシー」はアップルの「iPhone(アイフォーン)」と外観がよく似ているものの、サムスンによるデザインの侵害はなかったとの判断を示し、アップルに対してはサムスンのワイヤレス技術に関する特許2件を侵害したとして賠償命令が出ていました。

ただ、大きさが違うだけで似ているデザインというのは特許侵害だと思いますし、実質「韓国の国営企業」と言われるサムソンが韓国で裁判に勝てても、アメリカではアップルの主張が通ったという見方も出来ます。
今後はヨーロッパとか別の国での行方がどうなるのかが注目されます。

Continue reading

米ヌーランド報道官「日韓両国のこうした論争は我々にとって不愉快だ」(日テレ)→not comfortable

日テレNEWS24によると、国務省・ヌーランド報道官は「日本も韓国もアメリカにとって重要な同盟国。両国のこうした論争は我々にとって不愉快だ」と述べた上で、日韓両国に対して「どうか対話を通じて、平和的に問題を解決してもらいたい」と訴えたと報じています。ちなみに朝日新聞も「米国の重要かつ価値ある同盟国同士の争いが、愉快でないことは明白だ」となっており、この「不愉快」と訳された部分は『not comfortable』で「ちょっと嫌」「~したくない」「眉をひそめる」くらいのもので、「不快感」と表現したり「不愉快」と訳してしまうのはnot comfortableです。
時事通信の場合「日韓とも強固で貴重な米国の同盟国であり、両国間のいさかいが米国にとって心地よくないことは明白だ」となっていますが、これが多分正解でしっくり来ますね。

It’s obviously not comfortable for us when they have a dispute between them.

このヌーランド報道官は2011年6月16日に就任しており、2012年8月15日の尖閣諸島に中国の民間反日団体が上陸した問題に置いても「当事国が平和的手段で解決することを期待しており、いかなる挑発も有益ではない」という建前的な話をしています。
なににしても、領土問題において、アメリカは干渉しないが平和的な解決を望むという、国務省の報道官らしいコメントだと思います。

Continue reading

コロラド州の銃乱射の容疑者が送った「犯行予告ノート」誰も気づかず・・・。

アメリカのコロラド州オーロラの映画館で起きた銃乱射事件で、逮捕されたコロラド大学デンバー校で神経科学を専攻する大学院生でデンバー近郊オーロラ在住のジェームズ・E・ホームズ容疑者(24)が、コロラド大の精神科医に犯行を予告するような記述のあるノートを送りつけていたと米FOXテレビが25日報じました。
小包で届いたノートには、どのようにして犯行を行うかなど具体的に書かれており、イラストもあったといいます。

コロラド州の銃乱射 「バットマン」上映中に乱入「俺はジョーカーだ」12人死亡58人負傷 | CUTPLAZA DIARYコロラド州の銃乱射 「バットマン」上映中に乱入「俺はジョーカーだ」12人死亡58人負傷 | CUTPLAZA DIARY
コロラド州の銃乱射 「バットマン」上映中に乱入「俺はジョーカーだ」12人死亡58人負傷
コロラド州の銃乱射、容疑者宅に殺傷トラップと多数の仕掛け爆弾 | CUTPLAZA DIARYコロラド州の銃乱射、容疑者宅に殺傷トラップと多数の仕掛け爆弾 | CUTPLAZA DIARY
コロラド州の銃乱射、容疑者宅に殺傷トラップと多数の仕掛け爆弾

23日にコロラド大の郵便室で捜査当局が発見するまで誰も気づいていませんでした。
精神科医は、コロラド大で教授も務めているというが、ホームズ容疑者と接点があったかは不明です。

Continue reading

コロラド州の銃乱射、容疑者宅に殺傷トラップと多数の仕掛け爆弾

アメリカのコロラド州オーロラの映画館で起きた銃乱射事件で、逮捕されたコロラド大学デンバー校で神経科学を専攻する大学院生でデンバー近郊オーロラ在住のジェームズ・E・ホームズ容疑者(24)の自宅を警察が捜索したところ、爆発物などが仕掛けられているのが見つかり全て撤去されました。
この銃乱射により12人が死亡、58人がけがをしました。
警察は容疑者の取り調べを行うとともに自宅のアパートを捜索していましたが、玄関に入ろうとする人を殺傷するためのわなが仕掛けられていたのを発見しました。また、小型ロボットで室内を調べたところ、爆発物が見つかり、近隣住民を避難させた後に撤去されました。室内にはこのほかガソリンなどか会ったといいます。

コロラド州の銃乱射、容疑者宅に殺傷トラップと多数の仕掛け爆弾

コロラド州の銃乱射、容疑者宅に殺傷トラップと多数の仕掛け爆弾

コロラド州の銃乱射、容疑者宅に殺傷トラップと多数の仕掛け爆弾

コロラド州の銃乱射 「バットマン」上映中に乱入「俺はジョーカーだ」12人死亡38人負傷 | CUTPLAZA DIARYコロラド州の銃乱射 「バットマン」上映中に乱入「俺はジョーカーだ」12人死亡38人負傷 | CUTPLAZA DIARY
コロラド州の銃乱射 「バットマン」上映中に乱入「俺はジョーカーだ」12人死亡38人負傷

警察は銃撃事件を起こしたあとに、自宅が調べられることを想定して爆発物などを仕掛けていた可能性があったと推測しているようですが、事件のあった20日に逮捕された際に容疑者は自宅に爆弾があることをほのめかしており、警察はこれに基づき自宅の爆弾をロボットによる遠隔操作で撤去しています。

Continue reading

コロラド州の銃乱射 「バットマン」上映中に乱入「俺はジョーカーだ」12人死亡58人負傷

アメリカのコロラド州オーロラの映画館で、バットマン・シリーズの最新作「ダークナイト ライジング」のレイトショーで上映中に突然武装した男が乱入し銃を乱射した事件で12人死亡58人負傷しました。逮捕された男はコロラド大学デンバー校で神経科学を専攻する大学院生でデンバー近郊オーロラ在住のジェームズ・E・ホームズ容疑者(24)です。
容疑者はチケットが入手できなかった不満から犯行に及んだとか、乱入時に「俺はジョーカー(主人公の宿敵の役名)だ」と供述したとも報道されています。

コロラド州の銃乱射 「バットマン」上映中に乱入「俺はジョーカーだ」12人死亡58人負傷

コロラド州の銃乱射 「バットマン」上映中に乱入「俺はジョーカーだ」12人死亡58人負傷

コロラド州の銃乱射 「バットマン」上映中に乱入「俺はジョーカーだ」12人死亡58人負傷

コロラド州の銃乱射 「バットマン」上映中に乱入「俺はジョーカーだ」12人死亡58人負傷

容疑者はライフル銃1丁、ショットガン1丁、拳銃2丁で武装していたといい、催涙ガスか発煙弾を発射してから銃を乱射したとのことで、本当に人を殺すために準備していたことが伺えます。

Continue reading

ホワイトハウス「日本列島と朝鮮半島の間にある水域は「日本海」と呼ぶのが米国の方針です」

ホワイトハウスのカートM.キャンベル東アジア・太平洋担当国務次官補は「日本海命名問題に関する 人民陳情」に対して「各々の海洋を単一の名称で言及することは、米国の長年にわたる方針です。」「日本列島と朝鮮半島の間にある水域については、「日本海」と呼ぶのが長年にわたる米国の方針です。」と回答しました。
米国の教科書の日本海を東海にしようという韓国の運動に対し、ホワイトハウスに韓国の日本海名称変更運動に反対する署名多数集まったことで、アメリカそしてホワイトハウスとしての「アメリカはずっと日本海と思ってるしそう読んでる」(要約)という回答が実現しました。
韓国は日本大使館前にも似たようなことをしていますが、韓国の間違った主張を海外に認めさせようという動きに対して、日本は粛々と日本としての立場と主張をし続けなければなりません。

「日本海命名問題に関する陳情」の署名をした人に送られたメール

2012/06/29
Response to We the People Petition on the Sea of Japan Naming Issue | The White HouseResponse to We the People Petition on the Sea of Japan Naming Issue | The White House

Thank you for using the “We the People” platform to express your views on the usage of the term “Sea of Japan.”

It is longstanding United States policy to refer to each sea or ocean by a single name. This policy applies to all seas, including those bordered by multiple countries that may each have their own names for such bodies of water. Concerning the body of water between the Japanese archipelago and the Korean peninsula, longstanding U.S. policy is to refer to it as the “Sea of Japan.” We are aware the Republic of Korea refers to the body of water as the “East Sea,” and the United States is not asking the Republic of Korea to change its nomenclature. U.S. usage of the “Sea of Japan” in no way implies an opinion regarding any issue related to sovereignty.

We understand that this naming issue is an important and sensitive one for both the Republic of Korea and Japan. I assure you the United States remains committed to our deep and indispensable alliances with the Republic of Korea and Japan, relationships based on shared values and mutual trust. We will continue to work with the Republic of Korea and Japan to address regional and global challenges together.

Kurt M. Campbell is Assistant Secretary of State for East Asian and Pacific Affairs

日本海命名問題に関する 人民陳情に対する回答

カート・キャンベル執筆

「我ら人民」のプラットフォームを使って、「日本海」という言葉の使用に関する見解を表明していただいて、ありがとうございます。

各々の海洋を単一の名称で言及することは、米国の長年にわたる方針です。この方針は全ての海洋に適用されており、その中にはこうした水域についてそれぞれ独自の名称をつけている複数の国々の国境が接している海域も含まれます。日本列島と朝鮮半島の間にある水域については、「日本海」と呼ぶのが長年にわたる米国の方針です。我々は、韓国が同水域を「東海」と呼んでいることに気付いており、米国は韓国にその命名法を変更するよう求めてはいません。米国が「日本海」という名称を使用することは主権に関連した何らかの問題についての意見を示唆するものではありません。

我々は、この命名問題が韓国と日本両国にとって重要で慎重に扱うべき問題であることを理解しています。米国が韓国と日本との深くかけがえのない同盟関係、共有する価値観と相互信頼に基づく関係に対するコミットメントを維持し続けていくことを、私は保証します。我々は、地域的・世界的な挑戦課題に共に対処するため、韓国および日本と協力し続けます。

カート・M・キャンベルは、東アジア太平洋問題担当の国務次官補である。

アメリカにしてみればいい迷惑ですが、韓国がそのような主張を繰り返す限り、日本は主張をし続けなければ、日本の権利や呼称は無くなってしまうでしょう。

震災以降、影で日本を貶めようとしていた国がありました。また、震災にいち早く駆けつけて、今回も日本の権利と主張を守ってくれる国があります。
日本は、そろそろ付き合う国というのを考えるべきです。

Continue reading

カリフォルニア州、7月からフォアグラ禁止 料理人らは反発

アメリカのカリフォルニア州で7月にフォアグラの製造と製品の販売が禁止されるのを前に、料理人らから抗議の声が上がっています。
無理やりアヒルやガチョウに餌を与えて肝臓を肥大させる製法が動物虐待として、アーノルド・シュワルツェネッガー知事が2004年に、動物保護団体の意見を受けて、法案に署名しており、代替的な給餌方法を見つけるまで法の執行が8年間の猶予が設けられていました。
カリフォルニア州では2010年に鯨肉を出した寿司料理店を訴追したこともある州です。

最高級extraグレード!ハンガリー産フォアグラ・ド・カナール500~600gのビックサイズ!!
最高級extraグレード!ハンガリー産フォアグラ・ド・カナール500~600gのビックサイズ!!

世界三大珍味のフォアグラはヨーロッパ圏でもドイツから批判を受けており、フランスはこれに真っ向から反論する形で議論が過熱していました。

アヒルやガチョウに強制的に餌を与えることで脂肪肝を起こさせ、肝臓を10倍もの大きさに肥大させて作る方法が常軌を逸しているとの動物愛護団体による圧力があるわけですが、家畜を食べることで虐待かそうでないかの区別とはなんだろうかとも思ってしまいます。

また、給餌を強制的に行うから虐待だという事ですが、カモなどは渡りを行う前に肝臓に脂肪を貯めて脂肪肝になる性質があり、これを人工的に行うことが虐待なのかは疑問ですね。
これが問題なら、牛を肥大させて脂肪をつけることや、牛骨粉を牛に与えて共食いさせているアメリカという国が、フォアグラの製法にケチを付けるのは意味が分かりません。
まぁ、日本の鯨や魚の踊り食いの食文化を批判するように、自国の文化を棚にあげて他国の食や文化を批判する国というのは多いものです。

何かしらの一方的な意見が通ることで、何かが食べられなくなったり料理する権利がなくなるというのは、ちょっとおかしな話ですね。

Continue reading

米フロリダの空港で一歳半の赤ちゃんがテロリストと間違えられ搭乗機から降ろされる。

アメリカのフロリダ州の空港でJetBlue Airways(ジェットブルー航空)の飛行機に乗っていた一歳半の娘が「あなたの娘が搭乗禁止名簿に載っている」と告げられ、飛行機から降ろされたことが分かりました。航空会社のJetBlue Airwaysはすぐに間違いを認め再搭乗を許可しましたが、両親らは激怒し搭乗を拒否しました。

米フロリダの空港で一歳半の赤ちゃんがテロリストと間違えられ搭乗機から降ろされる。

米フロリダの空港で一歳半の赤ちゃんがテロリストと間違えられ搭乗機から降ろされる。

米フロリダの空港で一歳半の赤ちゃんがテロリストと間違えられ搭乗機から降ろされる。

テロリストと間違えられ飛行機から降ろされた生後18ヶ月のリヤナちゃんとその両親3人はアラブ系アメリカ人とのことですが、9.11(アメリカ同時多発テロ事件)以降アメリカでは飛行機に搭乗の前に様々な検査が必要になったそうで、国民の怒りの感情がアラブ系の人やイスラム教への人種差別に繋がっている事も問題になっています。

テロリストによる事件が起きないための検査は必要でしょうが、搭乗禁止名簿に乗っていた名前と同姓同名であっても、
一歳半の赤ちゃんがテロリストじゃないことくらい分からないシステムはあってはならないことです。

Continue reading

アメリカで4例目のBSE(牛海綿状脳症)に感染した乳牛 輸入規制緩和に影響必至

アメリカ政府は24日、アメリカ国内で4例目のBSE(牛海綿状脳症)に感染した乳牛が確認されたと発表しました。
全米肉牛生産者協会は声明を発表し「感染した牛は、当局による抜き打ち検査で見つかったもので、肉は一切流通しておらず、アメリカ産牛肉は安全だという事実に変わりはない」としています。
アメリカ農務省のクリフォード主任獣医師は、「人々の健康に害を及ぼすようなことはない。今後、徹底した調査を行うが、消費者に懸念を与えたり、牛肉の取り引きに影響が出るような性質の話ではない」と深刻な事態にはならないとしています。また、クリフォード主任獣医師は「(非定型のため)広範な感染が疑われる汚染飼料が原因ではないと考えられる」と説明しています。

アメリカで4例目のBSE(牛海綿状脳症)に感染した乳牛 輸入規制緩和に影響必至

通常、BSEは感染牛の臓器で作る「肉骨粉飼料」を牛に与えることで感染が広がることが定説とされていましたが、日本で新型の非定型BSEが発見されており、こうした定説に疑問が生じました。

BSEはヒトのクロイツフェルト・ヤコブ病に関係があるとされており、畜産業や外食産業など一般生活に影響を与える世界的な社会現象となりました。

アメリカは日本側に米国産牛肉の輸入制限緩和を求めていましたが、新たなBSE感染牛の問題は逆風となりそうです。また、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)にも影響を与えるのではとも示唆されています。

Continue reading

米国防長官「中国が北朝鮮のミサイル開発を支援」 ‎国連安保理の決議に違反する可能性

アメリカのパネッタ国防長官は、北朝鮮が15日の軍事パレードで披露した移動式の大型ミサイルについて、ミサイルが載せられていた発射台を兼ねた車両が中国の特殊車両と形が極めて似ていたことから、中国の技術が使われているとの見方を示しました。
アメリカ国務省のヌーランド報道官は、「中国政府との間で続けている北朝鮮を巡る協議の中で、こうした支援の疑いが出ていることについても取り上げた」と20日の記者会見で述べ、中国側とも直接懸念を伝えたと明らかにしました。

米国防長官「中国が北朝鮮のミサイル開発を支援」 ‎国連安保理の決議に違反する可能性
米国防長官「中国が北朝鮮のミサイル開発を支援」 ‎国連安保理の決議に違反する可能性

中国は関与を否定していますが、軍上層部の許可なしには軍事技術が中国国外に流出はありえないため、、武器に転用が可能な物資を北朝鮮に提供することなどを禁じた国連安全保障理事会の決議に違反する可能性があります。

Continue reading

米大学の教室で銃乱射の韓国籍の男を拘束 死傷者10名

アメリカのカルフォルニア州オークランドの私立オイコス大学の教室で男が銃を乱射し7人が死亡3人が負傷しました。警察は犯人とみられる同大の元学生で韓国籍の男を拘束しました。乱射の動機や被害者らとの詳しい関係は不明とのことです。

米大学の教室で銃乱射の韓国籍の男を拘束 死傷者10名

オイコス大学は韓国系の生徒数100人以下の小規模な私立大学で、神学や音楽や東洋医学を教えているようです。

アメリカでは過去に何度も学校で銃乱射が起きていますが、2007年に起きたバージニア工科大学の銃乱射事件も韓国籍の男による犯行でした。

Continue reading

米メリーランド大学、全顔面移植手術を36時間の手術で成功

アメリカのメリーランド大学メディカルセンターは先週行われた全顔面移植手術について会見を行いました。
患者となったリチャード・ノリスさんは15年前に顔面を銃で撃たれ鼻や唇を失っていましたが、今回の顔面移植手術により、上下両あご、歯、舌及び下層の筋肉を含む頭皮から首までの顔面全ての軟組織を移植し、さらに感覚と機能回復のために知覚および運動神経を移植されました。
術後6日で舌を動かしたり、目を開閉したりするなど、回復が予想よりも早い事を明かしています。

米メリーランド大学、全顔面移植手術を36時間の手術で成功
米メリーランド大学、全顔面移植手術を36時間の手術で成功

ドナーの顔組織を使っていますが、患者の顔の骨格に合わせるため、ドナーには似ていないとのことです。

昨年3月に全米初の全顔面移植手術が高圧電線で顔を無くした男性に行われましたが、アメリカでは以前から顔の部分移植も行われており、顔の全移植についてもこれから技術がさらに向上していくことでしょう。

Continue reading

ゴリラが脱走で機動隊出動する騒ぎ SWAT隊員「私のキャリアの中で最も恐ろしい任務だった」

アメリカのニューヨーク州にあるバッファロー動物園で19日、ゴリラは鍵のかかってなかったおりを抜け出し、職員の利用するエリアまで出てきていたそうで、SWATという特別機動隊が出動する騒ぎがありました。

ゴリラが脱走で機動隊出動する騒ぎ SWAT隊員「私のキャリアの中で最も恐ろしい任務だった」

逃走から45分後に獣医が麻酔薬の付いた吹き矢を放ち、ゴリラは無事捕獲されました。
担当の女性飼育員は手とふくらはぎを噛まれましたが軽症とのことです。

ゴリラが脱走で機動隊出動する騒ぎ SWAT隊員「私のキャリアの中で最も恐ろしい任務だった」

任務にあたったSWAT隊員は「その気になれば、このゴリラは人間の腕を引きちぎることもできる。私のキャリアの中で最も恐ろしい任務だった」と話しているそうですが、麻酔かけていたのねw

Continue reading

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Home > Tags > アメリカ

Access
Today Yesterday
スポンサード リンク
けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (1)

Return to page top